奇刊クリルタイ増刊『dorj』内容紹介

「文化的多重人格者のためのハイエンド・マガジン(High-end Magazine for Multi Cultural Personality)」、奇刊クリルタイでは来る6月12日、「第12回文学フリマ」にて「奇刊クリルタイ増刊『dorj(ドルジ)』Vol.2」を刊行いたします。今回もマンガに小説、座談会、レビューに論考とあらゆる角度からスポーツを取り上げます!「絶対に買うべきミニコミがそこにはある・・・」 クリルタイ公式サイト:http://khuriltai.readymade.jp/top/ 【詳細】 続きを読む
書籍 文学 スポーツ 同人 文学フリマ
2
古田ラジオ @republic1963
(0)さてこれから、「第12回文学フリマ」にて頒布する『dorj Vol.2』の内容を紹介していきます。連続ツイートになりますので、しばらくご迷惑をおかけいたします。なお、文中は敬称略です。お目汚し大変申し訳ありません。#bunfree #khuriltai
古田ラジオ @republic1963
(1)まずはマンガ。めがろまにあっく「出張版ゆるねば!~地域リーグ観戦記~」 4コマになります。サッカー地域リーグ(4部リーグに相当)を題材にしていますが、サッカーに限らず、生観戦する楽しさがよく伝わってきます。スタジアムから遠ざかっている人に是非読んでほしい。
古田ラジオ @republic1963
(2) 吉川にちの「ひもひもひもこちゃん出張版」 こちらも4コマ。メルマガクリルタイでも好評連載の「ひもこちゃん( @himoko_chan )」が『dorj』を強襲!30代前後の読者には思わずニヤっとするネタが満載の原稿です。
古田ラジオ @republic1963
(3) 続いて座談会。 スポーツ×ボンクラ座談会 はクリルタイメンバーがスポーツについてまじめに語ります。見どころは@terasuy さんによる部活トーク。部活してた人もしてない人も必見です。 terasuy 無双が見れるのはクリルタイだけ! #terasuy
古田ラジオ @republic1963
(4)座談会2本目は @yuriikaramo をお招きして「スポーツマンガ」を語りました。スポーツマンガの進化と分類、意外な他ジャンルとの共通点もわかって非常に面白い内容となっております。これぞ文系スポーツ論といった形でマンガ好きにもお勧めです。
古田ラジオ @republic1963
(5)ここからは論考。今回は論考がかなり分厚くなっております!まずは、nakayossy「スポーツとしてダーツを楽しむ~ボクがダーツバカになったわけ~」。「ダーツ」の知られざるスポーツとしての側面、その歴史を取り上げます。@nakayossy 氏の熱量が伝わってくる良論考!
古田ラジオ @republic1963
(6)続いて かつとんたろう「ダイヤモンド考」。「野球場」主催のかつ とんたろう(@katsu_tontaro)氏に「公認野球規則はなぜ「本塁一二塁線は、東北東に向かっていることを理想とする」という記述があるか」について語っていただいております。野球ファン必見です!
古田ラジオ @republic1963
(7)ryoQ10「KO-KO-Uのスポーツ」。TBSラジオ「ウィークエンドシャッフル」の人気コーナーだった「KO-KO-U(孤高)」にインスパイアされた原稿が『dorj』に襲来!そのクオリティと孤高ぶりは本家に勝るとも劣りません。面白うてやがて悲しき孤高道を括目せよ!
古田ラジオ @republic1963
(8)続いては、近藤正高「幻の名古屋オリンピック」。ライター近藤正高( @donkou )氏に名古屋市へのオリンピック招致活動を題材に「1981年名古屋元年」説を検証していただいております。現在とはかなり雰囲気が違うオリンピック招致の舞台裏など、必見の内容です。
古田ラジオ @republic1963
(9)松永英明「なみだの陸上部」。ブロガー、ライターの松永英明氏( @kotono8 )に小、中、高校時代のスポーツの思い出を綴っていただきました。スポーツ音痴な私にとってもひじょーに共感できる内容!タイトルは高橋由佳利のマンガ『なみだの陸上部』より拝借されたとのことです。
古田ラジオ @republic1963
(10)長尾メモ8( @nagao_memo8 )「格闘技村と御用マスコミ」。東日本大震災以後にわかに脚光を浴びている「御用マスコミ」。格闘技業界を舞台に御用マスコミと業界との関係を考察していただいております。御用マスコミを非難するだけではすまない複雑な問題が提示されております。
古田ラジオ @republic1963
(11)pal9999「サッカーにおける夢と現実のはざまで」はエル・クラシコ(レアル対バルサ)を舞台にサッカーにおける「美しいサッカー」と「結果至上主義」との対立について。真正面からサッカーを取り上げた内容ですが、これは面白すぎる!
古田ラジオ @republic1963
(12)続いて弊誌副編集長( @parsleymood )が登場。parsley「競馬の物語の喪失と復権」競馬における物語性とそれを担った競馬ライターについての論考ですが、これは素晴らしい内容。90年代後半の競馬界に思い入れのある人は涙なしには読めないでしょう・・・。
古田ラジオ @republic1963
(13)論考ラストは私の原稿。republic1963「「星野本」研究」 「プロ野球監督・星野仙一」とは何者なのか? こちらは星野仙一のマネジメント論とそこに潜む「人間力」「道徳」論について語りました。これは中日ファンとしての私の懺悔でもあります・・・。
古田ラジオ @republic1963
(14)続いてはレビュー。dorj review「All About Sports」編。前回は100本でしたが、今回はさすがに難しかろう…ということで33本の作品を取り上げております。ややジャンルに偏りはありますが、面白いものになっています!ご期待ください!
古田ラジオ @republic1963
(15)続いて小説。数は少ないがいずれも力作です。若葉幹人「第二の人生」。元甲子園優勝投手のプロ野球人生について。きめ細かい心情描写が読みどころ。今回のテーマ「スポーツ」を真正面から取り上げた力作です!
古田ラジオ @republic1963
(16)近江舞子( @OUMI_MAICO )「肢体は浮かぶ、望まねど」。スイミングスクールを舞台に少女たちの微妙な心理の動きが描かれます。読まれる際は是非最後まで読んでみてください。随分読後感も違ってくると思います。
古田ラジオ @republic1963
(17)続いて、小山内豊「Craftsman 715」。舞台は715年の日本(!)これがどう「スポーツ」と関係あるのかは読んでみてのお楽しみですが、私は「こう来たか」と唸りました。非常に不思議な読後感です。
古田ラジオ @republic1963
(18)ラスト!republic1963「He is inside, she is outside(Sports MIX)」「りはめ編集長」こと @inachou 氏主催の『bnkrR』で以前書いた小説のリライトです。『bnkrR Vol.2』に寄稿した内容とも一部リンクが!?
古田ラジオ @republic1963
(19)以上、クリルタイ増刊『dorj』の内容紹介でした!『dorj Vol.2 all about sports』は6月12日の第12回文学フリマ 小展示ホール(エ-02)にて一部1,000円で頒布します!是非よろしくお願いします。告知失礼いたしました。

コメント

コメントがまだありません。感想を最初に伝えてみませんか?