春田さんは博識16

ドルフロ妄想怪文書
1
アグラ @hrkragr
春田さん「鉄血に復讐するためグリフィンに入った指揮官というのは存在するのでしょうか」 指揮官「いないとは言えないだろうな」 春田さん「ちなみに復讐のため戦う人形はどう思います?」 指揮官「怖いし、扱いにくそうだ。そういう人形は少ないほうがいい」
アグラ @hrkragr
春田さん「例えば指揮官の仇討ちでも?」 指揮官「勝手に殺さんでくれ。まあ私が指揮しないなら別にどっちでもいい」 春田さん「薄情ですね」 指揮官「ロボットに情を説かれるとは……いつだったか倫理も説かれた気がするな」 春田さん「あとは愛でも説けばよろしいですか?」
アグラ @hrkragr
指揮官「説けるもんならやってみろ、だな」 春田さん「私が本気で愛をささやいたら、指揮官は溶けてしまうでしょうね」 指揮官「硫酸でもかけられるのか?」 春田さん「そういう罠も作れますよ、かけてさしあげましょうか」 指揮官「かかるなら人形ハニートラップのがマシだ」
アグラ @hrkragr
指揮官「まさか本当に戦車と戦うことになるなんてなあ……ハハハ」 春田さん「笑ってる暇があったら早く仕事してくださいね、うふふ」 指揮官「誰だよ完成しないセンチュリオンより手元のシャーマンとか言ったの」 春田さん「うふふ……私が笑っている間に仕事にかかってくださいね?」 指揮官「はい」
アグラ @hrkragr
春田さん「指揮官、申し上げにくのですが……ここ数日の激戦で多くの人形の士気が急激に低下しています」 指揮官「いきなりテロリスト認定されて、よく分からん奴に軍の装甲部隊の足止めしろとか言われて、なんの相談もなしにヤバい爆弾を目の前で起爆されて下がらんほうがおかしいよな」
アグラ @hrkragr
指揮官「騎士鉄十字勲章でも労働英雄でも銀星章でも望むものをやりたいよ」 春田さん「指揮官の給料すら怪しいですね」 指揮官「とりあえず、手元にある甘味を放出だな」 春田さん「それでも足りないときは?」 指揮官「切り取り次第」 春田さん「指揮官の生体部品を?」 指揮官「欲しいなら持ってけ」
アグラ @hrkragr
指揮官「ただし、今は混乱している軍と鉄血から使えるもの剥ぎ取って流したほうが儲かるだろうとは言っておこうか」 春田さん「世も末ですね」 指揮官「そういう台詞は私たちが棍棒と投石で戦うようになるまでとっておけ」
アグラ @hrkragr
指揮官「刀1本で5億か……」 春田さん「想像のつかない世界ですね」 指揮官「いや、将来そのスプリングフィールドに高値が着くかもしれんぞ」 春田さん「どのように?」 指揮官「稼働する200年前の小銃という触れ込みで」 春田さん「きちんと高値が着くよう大事にしてくださいね」
アグラ @hrkragr
指揮官「それが出来ればこんな状況はないんだよな」 春田さん「なんなら戦車殺しの小銃として売り出しましょうか。多少の傷みは勲章ということで」 指揮官「苦労をかけるなあ……」 春田さん「それは言わない約束ですよ指揮官、うふふ」
アグラ @hrkragr
指揮官「しかしあの戦車も俯角とれないのはいいとして、なんで副砲やら機関銃を積まなかったんだろうな」 春田さん「不要……あるいは邪魔になるからではないでしょうか」 指揮官「戦車に副武装が不要ときたか」 春田さん「無人戦車には、と言うべきかもしれませんね」
アグラ @hrkragr
指揮官「主砲では過剰な相手を攻撃したり、歩兵から身を守ったりで副武装が必要な場面は多いと思うが」 春田さん「そもそも戦車の仕事とは何かという話ですね」 指揮官「それは敵戦車の撃破と歩兵が壊せないものの破壊だろうな」 春田さん「それは戦車砲さえあればおおむねできることです」
アグラ @hrkragr
指揮官「機関銃も大事だろう」 春田さん「それはその通りですが、例えばその機関銃で歩兵と自分どちらかしか守れない状況ではどうすべきですか?」 指揮官「高価な戦車を守るべきだろう」 春田さん「では歩兵が生身のときは」 指揮官「人間優先だ……で、士官と兵卒、衛生兵と将軍の息子と続くわけか」
アグラ @hrkragr
春田さん「そういうことです。AIに複数の武器と仕事を与えるとコンフリクトを起こして機能しなくなる危険性があるわけですね」 指揮官「それで単一の武装と仕事か、巡り巡って菱形戦車に回帰したような感じを受けるなあ」 春田さん「歩兵と連携がとれている前提の設計思想ですけども……」
アグラ @hrkragr
指揮官「それを崩されて対処されてれば元も子もないわな」 春田さん「さらに次の世代の戦車はどんな姿をしているんでしょうね」 指揮官「知らんが、女子供の姿をしてなければなんでもいいよ」

コメント

コメントがまだありません。感想を最初に伝えてみませんか?