2010年4月16日

振飛車戦隊○○ジャー

悪じゃないけど秘密結社居飛シャーと日夜闘ってるらしいヨ。
2
itumon @itumon

夜中なので、考えたのはおおざっぱにこんな感じです。四間ジャー、三間ジャー、中飛シャーの3兄弟が、盤上の平和を守るため、悪じゃないけど秘密結社「居飛車党」との戦いを繰り広げていました。

2010-04-16 01:46:01
itumon @itumon

襲い来る数々の急戦という名の刺客達を追い払っていましたが、「居飛車党」が最終兵器「居飛車穴熊」を持ちだします。これには流石の四間ジャーたちも大苦戦、初めに中飛シャーが、次に三間ビシャーもやられ、一人藤井博士が考えた「藤井システム」でがんばっていた四間ジャーもやられます。

2010-04-16 01:47:29
itumon @itumon

しかし、命からがら向かいビシャー(実は家出していた兄弟)に助けられたものの、みんなは居飛車穴熊に勝てず「飛車を振る場所がない」と酒におぼれる毎日。そんな中立ち上がったのが、久保博士や鈴木博士、近藤、戸辺博士。

2010-04-16 01:49:38
itumon @itumon

彼らに改造を施され、四間ジャーたちはパワーアップ。石田流三間ジャー・ゴキゲン中ビシャー、そして四間ビシャーは、何故か重傷を負った向かいビシャーの魂を受け継ぎ合体、角交換四間ビシャー。の三人に生まれ変わり、「居飛車穴熊」に対抗。盤上の振り飛車党達を救い。今日も戦い続ける。

2010-04-16 01:52:56
itumon @itumon

というのが、あながち間違っていない振り飛車の歴史です^^今日もそんな感じで盤上では、四間ジャー達はがんばっています。あまり詳しくないのですが、ポケモンの進化と近いのかも知れません。ですがやっぱりちょっと違う気もして、戦隊物に。

2010-04-16 01:55:56
itumon @itumon

【ちょっとだけ真面目な話】しかし最近は角道を止める振り飛車たちも頑張っています。例えば、久保流三間飛車システムや小倉七段の下町流三間。矢倉流中飛車。そして「鈴木システム」で名を馳せられた鈴木八段は最近、ゴキゲンではなく四間飛車(△5四銀型)を指されています。要注目ですね^^

2010-04-16 02:09:34
itumon @itumon

というわけで、本当に振り飛車対居飛車の歴史を概観するには、渡辺竜王がNHK出版さんからだされた「居飛車対振り飛車1・2」がお勧めです。一冊1050円と安く、棋力問わず竜王の解説で読みやすく、所々小ネタもはさまれていておもしろいです^^本当に評判の高いのが納得できる一冊です。

2010-04-16 02:21:29

コメント

コメントがまだありません。感想を最初に伝えてみませんか?