2020年12月2日

続「幸福の科学にノルマがあるか」論争~植福の実態の証言

アンチHS勢の「幸福の科学にノルマはあった」との証言に、信者KENTO氏が反論。 KENTO氏は「ノルマではなく健全な目標」「目標をノルマと誤解した活動は全体の一部分である」と主張した。 アンチはそれに反論、ノルマの生々しい実態の証言が多数集まった。
0

(ここまでのノルマ論争の流れは、以下のまとめをご参照ください)

まとめ 「幸福の科学にノルマがあるか」論争 幸福の科学熱烈信者である田中満氏とアンチHS勢との間でやり取りされた「幸福の科学にノルマがあるか」論争について。 田中氏は「献本等は任意で自己申告制、強制はない」として、元信者であるアンチHS勢の「ノルマがある」「同調圧力による事実上の強制がある」という証言を「嘘」「捏造」と否定した。 かくして真実は? 幸福の科学元信者の方々の生々しい証言を中心にまとめました。 3044 pv 11

幸福の科学熱烈信者・田中満氏とアンチHS勢との「幸福の科学にノルマはあったか」論争は、田中氏が論争から降りてからも続いた。

内部資料にもノルマの証拠が!

カタコルネさんが、ノルマがあった証拠となる内部資料・証言を提示。
(出典は両者とも「やや日刊カルト新聞」)

カタコルネ@だって、ドメスティックだろう? @korettedounano

すみません、アンチとは極力関わらないとのことでしたが、その前に一つ聞いてくれませんか。実は田中さんの主張に、疑問が生じたのです😯 @JustBeBeliver こちらの記事に、幸福の科学の内部資料が載っています。 つづく→ dailycult.blogspot.com/2012/08/blog-p… twitter.com/JustBeBeliver/… pic.twitter.com/FKzcq5Oxbb

2020-11-26 20:48:34
拡大
カタコルネ@だって、ドメスティックだろう? @korettedounano

これは幸福の科学出版局が、各支部に対して経典を購入するよう、具体的な数値を示して強く依頼する内容です。 ここには明確に「目標を達成されていない支部の皆様に」とか「目標残数」とか書いてあります。 それに加えて、当時の現役信者の証言として、信者各人に「ノルマ」があると書かれています。 pic.twitter.com/TBlF0ISyIz

2020-11-26 20:48:35
拡大

「幸福の科学の諸活動には、すべからくノルマが提示される」証言が後を絶たない状況に、信者のKENTO氏が反論に出た。

KENTO氏の主張

KENTO @KENTO00687971

支部活動に「ノルマがあったのか、なかったのか」について記しておく 結論的に言えば 私の主張は田中氏と同じだ つまり 現在のHSは 目標達成の積み重ねからできている その目標はノルマや強制ではない ・どのような未来を創りたいのか ・仏国土ユートピア建設に何が必要か →

2020-11-28 09:47:02
KENTO @KENTO00687971

→ ・救世活動として何をすべきか という 理想建設に向けた健全な目標だ 但し 『不信仰者等が主張するノルマ』が存在し 不幸な出来事があったのは事実だ    注)強制(=無理に従わせる行為)はない。あったと主張する方がいるなら特殊で稀な事例だと思う。尚、様々なプレッシャーを強制と

2020-11-28 09:48:11
KENTO @KENTO00687971

表現する人はいるかもしれない。  注)マインドコントロールはない。HSは教学以外の広範な学習を推奨する。これはマインドコントロールを解く行為だ。  注)同調圧力はあると思うが常識の範囲と思う。 つまり 私は過去に 複数の支部で 多数の役職を務めた経験があり 平日は婦人部の中に→

2020-11-28 09:50:25
KENTO @KENTO00687971

→ 入って活動した期間も長かった 首都圏の支部にも何年かいた 90年代の状況もよく知っている 宗教の悟りは簡単には上らない 信者さんも職員さんも修行中の身であり 特に90年代(~2010年頃まで)という古い過渡期は 情熱はあっても中身は未熟な人が多かった だから 様々な葛藤が生じて支部を→

2020-11-28 09:51:24
KENTO @KENTO00687971

→離れる人や 親や伴侶を支部に取られ 家庭や夫婦関係が荒れる事があった 例えば、引きこもり、パニック障害、夫婦不和、離婚、家庭内暴力などだ 家庭ユートピアを築く信者さんは多いが それが上手く行かない信者さんも一部にはいて 信仰でそれを乗り越えた人もいたが 乗り越えられなかった人もいた →

2020-11-28 09:52:19
KENTO @KENTO00687971

→ 私は支部活動のかたわら ・活動で傷付いた人 ・支部を追われた人 ・信仰を捨てた人 ・そうした人達の家族 の心のケアーや問題解決の手助けを長く行ってきた なので 不信仰者等らが 何を訴えているのか その無念や苦しさはよく知っている 上記の体験から ・目標をノルマと理解した人がいたのか

2020-11-28 09:53:18
KENTO @KENTO00687971

と問われれば「存在した」と言える 但し それは主に過渡的な時期の 活動全体の中の一部分にすぎず 改善点として認識されてもいる つまり 現在のHSが ノルマの積み重ねからできているという実態はない HSは理想建設に向けた健全な目標の積み重ねからできている

2020-11-28 09:56:19
KENTO @KENTO00687971

不信仰者等の方々は 元リーダーとは言っても HSに一定期間しか在籍していず その時期も比較的古い時期(過渡的な時期)である人が多い 当人は全体の中の一部分を体験しただけである しかし それを体験談として延々と繰り返すと 今の信者さんからすれば違和感があり(と言うか 私が読んでも→

2020-11-28 09:57:34
KENTO @KENTO00687971

→違和感がある) 「あなたの言う事はちょっと変だ」 という誤解を招く つまり 田中氏とひなこ氏は誤解し合っており ひなこ氏が出鱈目というわけではなく 田中氏が「教団批判=悪」「不信仰者等=悪」と思想しているわけでもないと思う →

2020-11-28 10:01:31
KENTO @KENTO00687971

以上、私の経験知から言えば以下が要点だ ・目標はノルマではない ・目標をノルマと誤解した活動は全体の中の一部分である ・その一部分は主に古い過渡期の出来事である ・問題のある活動は改善点として認識されている ・HSは健全な目標の積み重ねからできている

2020-11-28 10:02:16
KENTO @KENTO00687971

→ つまり私の経験知と田中氏の主張は概ね一致する

2020-11-28 10:02:27

KENTO氏の主張を、さらに大雑把にまとめると

・幸福の科学でノルマとされているものは「健全な目標」である
・苛烈なノルマ指示はごく一部にとどまる
 また、そのような事例は主に過去のものである

つまり、ノルマの存在こそ認めるものの、それは強制力を以て達成する性質のものではなく、皆が同じ志を持って達成を目指す性質のものである――ということであるようだ。

一方で、KENTO氏はこうも言っている。

・様々なプレッシャーを強制と表現する人はいるかもしれない
・マインドコントロールはない
・同調圧力はあると思うが常識の範囲内

はたして事実はいかに?

KENTO氏への反論・新たな証言

KENTO氏の一連の主張は、元信者のアンチHSの面々にとって、到底納得のできるものではなかった。

信者時代に、心身を削り身銭を切って大川隆法や幸福の科学本部の要求に応えてきたアンチにしてみれば、それは健全な目標どころか「苛酷なノルマ」以外の何物でもなく、大いに憤慨したアンチ達はさらなるノルマの実態を次々と証言していった。

1.ぴあにしもさんの証言

ノルマ達成に向けて、職員からの恫喝があった…という証言。

残りを読む(136)

コメント

コメントがまだありません。感想を最初に伝えてみませんか?