10周年のSPコンテンツ!
5
隠居みやびん @miyabean
坂本龍一さんの「スコラ」は相変わらずとても面白い。今月のテーマ「ジャズ」を見終わって学んだこと。フリージャズの肝は「できる限り速く弾く」、そして「如何に終わるか」。「ああ終わってよかった。」とその場にいる全員で味わうことこそがフリージャズの快感なのだ。(ホントか?)
Takimoto @tkmttkmt
坂本教授「スコラ」フリージャズ特集。「マイ・フーリッシュ・ハート」、山下さんの即興はフリージャズ的だったが、教授の即興はクラシカルで印象派風。フリージャズでは「何をやってもいい」のだから、あえてクラシックをやるというのもOKなのか(笑)。 #schola #nhk_schola
憂夏と日本の仲間たち @udx
フリージャズ。「演奏が終わると音楽はどこかへ消え去ってしまう。そして二度と捕まえることは出来ない」スコラ 坂本龍一 音楽の学校。
Koko Tanikawa @kokotanikawa
ギタクマさんと遅い晩ご飯中、録画していた坂本龍一さんの音楽講座『スコラ』を観た。モダンジャズの回。チャーリー・パーカーの実演映像を見てゾクッとした。呼吸法が普通じゃない。西洋人特有の腹式呼吸でもあんな風に脱力した外観は保てないだろう。っとすると虚無僧尺八に通じる『密息』だろうか?
永吉克之 @nagayoshy
坂本龍一の「スコラ」ってな勉強になるねぇ。対位法はそれぞれの楽器がてめえ勝手に弾いてんじゃなくて、ところどころで協和するようなカラクリになってるたぁこの年まで知らなかった。いやなに、小中学校の音楽教師がみんなひでえ意地悪婆ァでね。ついでに音楽まででえ嫌えになっちまったんでさ。
kd @kdutkhr
ハンク・ジョーンズって先週亡くなってたんだ……。全然知らなかった。今月の坂本龍一のスコラはJAZZ特集だったけど、その全ての歴史に立ち会った偉大なピアニスト、享年91歳。
nave @nave4000
一昨日のNHK教育「スコラ 坂本龍一」フリージャズ編。O.コールマンをサンプルとして取り上げるなら、ずばり「Free Jazz」って曲があるからそれを流せばいいのに、って思った。まさしく集団即興の典型なのに。予備知識のない人向けの番組だからいきなりは、という配慮なのか。
土曜日 @doyoubi
スコラ坂本龍一。和声からも音階からも解放されてリズムも各奏者が自由に即興するフリージャズ、ジャズの本質は即興にあり即興は対話(コール&レスポンスを俺は想起)であるとの主張でジャズ編終了。フリージャズは言うならば自由律俳句か、韻律(和声・音階)ある故の短詩型文学(音楽)と考える俺。
竹内 一 @hajime0411
NHK番組坂本龍一スコラの録画を見る。今回はフリージャズ。なのに締めの曲はマイ・フーリッシュ・ハートという構成が泣かせる。次回はベース・ドラム編。ゲストは細野、高橋だという。受信料OK。下手な授業より、この番組を子供たちに見せるほうが良いのではないか。
@higuccitwi
坂本龍一「スコラ」の最後のmy foolish heartのビル・エヴァンスっぷりは半端なかった
@atatesyu
教育テレビのまわしものみたいだけど、録画しておいたスコラ(坂本龍一の音楽の学校)を観る。フリージャズに興奮してメチャクチャにミニキーボードを叩きまくっている小さい人が約一名。面白いのでどんどんやらせる。坂本龍一と山下洋輔がピアノ叩きまくってるんだからそりゃ真似したくなるわ!
Don @microjackson
フリージャズの面白さを子供達に伝えるのは難しいのではないかと思っていたが、昨日のスコラに出てた子供達はみんな楽しそうだった。
あんの @mikanno
NHK教育「スコラ 音楽の学校」ジャズ編第4回録画視聴。フリージャズ。音楽は、今この瞬間に生まれ、その場で消えてなくなってしまうものだと言う考えを一番強く継承しているのがジャズだというのになるほどと。
Takimoto @tkmttkmt
坂本教授「スコラ」。フリージャズはカタルシスに満ちていて、単純に楽しいのだけど…もともと被分析性/理論性の低い領域だから、「授業」としてはそれほど刺激的ではない。そういう意味では、同時期の新主流派の分析の方が理論的で面白いのだろうな。 #schola #nhk_schola
良平 @Ryouhei_ak
NHK教育 音楽番組 坂本龍一によるスコラが面白く、昨日はフリージャズ特集。ジャズを語ると大概フリーで終わってしまい、そこが過去に音楽って感じ。まだまだ新しいジャズの形って模索出来ると思う。
iori matsumoto 松本伊織 @impactdisc
正直に言えば、NHKスコラ ジャズ編は食い足りなかった。マルサリスがジャズを殺し、それ以後どうなってるかまで触れてほしかったのだけども。そういう趣旨の番組ではないことは分かっている。それでも面白かった。音楽の入り口を見せる意味は大きい。
はだこ @hadaco
スコラおもしろいなぁ- 次回はドラムス&ベース編! これも楽しみ!
kUra @sa104k
「スコラ ジャズ編」見終わった。毎回歴史から学生たちとのセッションから最後に演奏まで、本当に贅沢な30分弱、ヤバいっす。
toshio @toshio
あ、教育TVの番組ですよ。土曜、夜11:45放送です。RT @omi819: それってなんすかRT @toshio スコラ Jazz編 第4回フリージャズも面白かった! そして、次週はDrums&Bass編、高橋幸宏と細野晴臣 登場!
@hakase1
NHK「坂本龍一のスコラ」。この番組が1年早く放送されていたら、スイングジャーナル誌の休刊もなかたったかも知れない@hakase1
土曜日 @doyoubi
スコラ龍一/モダンジャズの成立。ビーバップ(チャーリー・パーカー):多様に変化するコード進行(転調)の上の即興演奏。これに対するアンチテーゼがモードジャズ(マイルス・デイヴィス):中世音階(コード進行なし)を参考にその上での即興演奏、例)白鍵だけで生徒にアドリブさせる。
@michys
スコラ 坂本龍一 音楽の学校、ジャズ編3回目。相変わらずジャズの良さは理解出来ず、4回目が思いやられるけど、番組は面白い。学校の音楽鑑賞でジャズがあった覚えがないのなんだか不思議。楽典でも音階はやった覚えがあるけどコードはゼロだし。今日音階とコードが違うの理解した。
junka @junka
時間は短いけど、内容がすごいよね。 RT @woodpine スコラためになる番組だね。bebopとモードの違い改めて知った。RT @kockatoo @junka ふたりの神のピアノセッションもすごい!中身が濃いですね。
かか @tetetete1234568
昨日のスコラめちゃ良かった! JAZZの歴史やら子供集めてアンサンブルしたりするコーナーも面白いけど、最後の山下洋輔と坂本龍一のJAZZセッションが面白い!
につしよし @aluxsc
きょうのスコラもよかった!ベニ-グッドマンのホ-ンヴォイスアレンジの妙 すんげ-のな◎ 来週はモダンジャズだぜ マイルスだぜ 音楽の革命だぜ!!!
残りを読む(24)

コメント

土曜日 @doyoubi 2010年5月9日
山下洋輔は「ベニーグッドマン物語」を12回も見たって。とりわけコンボの演奏に感動、スイングジャズよりも更に進んで複雑な音が出せるモダンジャズにのめりこんでいったのでした。スコラ坂本龍一(ジャズ編)より。
土曜日 @doyoubi 2010年5月16日
スコラ龍一:ビーバップはマキシマリズムのアドリブ、モードジャズはミニマリズムのアドリブ。クラシックでいうと後期ロマン派マキシマリズムvs中世教会音楽ミニマリズムということか。そういえばミニマルミュージックというのもあるなあ。
土曜日 @doyoubi 2010年5月23日
スコラ坂本龍一ジャズ編はフリージャズで終了。ジャズマニアには食い足りなくレトロ(フリージャズ以前)趣味の俺にはちょうどいい湯加減。即興(対話)こそジャズなり。
土曜日 @doyoubi 2010年5月30日
スコラ坂本龍一(ジャズ編)の感想を追加。ドラム&ベース編を新規作成所存。
ログインして広告を非表示にする
ログインして広告を非表示にする