孫泰蔵さんの「セルジュ・ゲンスブールの回想録」

まとめました。
6
孫泰蔵 @TaizoSon

Newsweekでジェーン・バーキンによるセルジュ・ゲンスブールの回想録を読んだ。

2011-09-28 09:25:34
孫泰蔵 @TaizoSon

ジェーン「セルジュに初めて会ったのは、彼の主演映画「スローガン」のオーディションがパリで行われたとき。監督のピエール・グランブラがディナーに招いてくれたが、セルジュと私を残して先に帰った。」

2011-09-28 09:25:48
孫泰蔵 @TaizoSon

ジェーン「セルジュのことは傲慢な人だと思っていたが、ダンスに誘ったら「俺、踊れないんだ」と言うので驚いた。確かに彼は私の足を踏んづけた。それが素敵だった。」

2011-09-28 09:25:57
孫泰蔵 @TaizoSon

ジェーン「セルジュは私をロシア風ナイトクラブに連れていき、ミュージシャンを全員連れ出して、通りで私のために演奏させた。別のクラブでは、ブルース歌手のビッグ・ジョー・ターナーと一緒に演奏した。」

2011-09-28 09:26:06
孫泰蔵 @TaizoSon

ジェーン「その後は、ヒルトンホテルの最上階の部屋。私がバスルームから戻ると、彼はもう熟睡していた。私は外に出てその晩一緒に踊った曲のレコードを買ってきた。それを彼の足の指の間に挟んで、そっと自分のホテルに戻った。あんなにロマンチックな夜はなかった。」

2011-09-28 09:26:15
孫泰蔵 @TaizoSon

ジェーン「あれほど特徴のある顔つきの人は見たことがない。とても悲しげな眼、美しい口元。彼は自作の詩を私に読んでくれた。どれも言葉遊びになっていた。あんなにロマンチックで、あんなにおかしな人はいなかった。」

2011-09-28 09:26:24
孫泰蔵 @TaizoSon

ジェーン「彼は幽霊になって私のところに戻ってくる。あのコーデュロイのコートを着て。私は彼を抱きしめて、『もう少しここにいて』と言う。彼は 『いや、もう行かなきゃ』と言う。彼に会いたい。フランス中の人がそう思っている。最後まで誠実で優しい人だった。」

2011-09-28 09:26:32
孫泰蔵 @TaizoSon

セルジュの代表作といえば「ジュ・テーム・モワ・ノン・プリュ(Je t'aime… moi non plus)」。「ジュ・テーム(愛してるわ)」と言う女に、「モワ・ノン・プリュ(俺もそうではないよ)」と男が答える。「も」というのは、女の「愛してる」が既にウソだから。

2011-09-28 09:26:42
孫泰蔵 @TaizoSon

セルジュ・ゲンスブールには若い頃影響を受けた。ジェーン・バーキンも本当に素敵。映画「ゲンズブールと女たち」、観に行きたいなあ。 Jane Birkin Recalls Her Life as Serge Gainsbourg's Muse http://t.co/kVR54Gar

2011-09-28 09:26:53

コメント

コメントがまだありません。感想を最初に伝えてみませんか?