Togetter/min.tを安心してお使い頂くためのガイドラインを公開しました。
編集可能

著者の主義主張が絡んだ論文を読むときは、内容をよく検証したほうがいい。(副題:人はいかにして学者をエア御用と誤認せしか)

 現在ツイッター上では、おもに放射線関係で、様々な情報が飛び交っています。しかし、それらの情報の源となる研究(論文)の内容にまで踏み込んで検証する人は少数ではないでしょうか。  世界には数多の論文がありますが、その中には著者の主義主張ありきで研究を進めてしまったせいで、怪しい内容になってしまったものが結構あります。  昔、著者の主義主張ありきで実験を組み立ててしまったが故に『信頼性がだいぶ怪しく』なった遺伝子組換え作物の論文を見たことがあります。よく読めば、この研究はおかしいとわかるのですが、それでも論文の中身を検証する目をもたず、著者の主張だけ丸呑みにして『遺伝子組換え作物は危険!』となってしまう人が結構いました。 続きを読む
6
がくじゅつてきあかげ@『かくして、絹の女王は即位した』完結! @zingibercolor

昔ゼミで遺伝子組換え作物の論文を見た時のことを思い出した。その論文で取り上げてたのは、遺伝子組換え作物で最も成功したとされている遺伝子組換えコーン。これにはBTというタンパク質の遺伝子が組み込まれている。BTを含む餌を食べた昆虫はだいたい死んでしまうので、このコーンは農薬いらず。

2011-10-02 17:21:22
がくじゅつてきあかげ@『かくして、絹の女王は即位した』完結! @zingibercolor

その論文は、BTコーンの花粉がついた植物の葉を虫に食べさせたら大半が死んだから、遺伝子組換え作物は自然の生態系を撹乱する可能性がある、危険だと主張していた。けれど、論文の実験方法をよく読むと、虫が食べた葉っぱについた花粉の量は自然界ではあり得ないくらい大量だということがわかった。

2011-10-02 17:30:55
がくじゅつてきあかげ@『かくして、絹の女王は即位した』完結! @zingibercolor

自然ではあり得ないくらい大量の花粉をこってりべったり葉っぱに塗って、それを虫に食わせて、死んだら『BTコーンの花粉は生態系を撹乱する可能性がある』っておかしくないか? もっとあり得る条件でやらなきゃ、そんなこと言えないんじゃないか?とそのときは不思議に思ったんだけど。

2011-10-02 17:42:11
がくじゅつてきあかげ@『かくして、絹の女王は即位した』完結! @zingibercolor

でも著者の所属見てやっとピンときた。遺伝子組換え作物に猛反対する団体に所属してる人だったの。つまり、この著者及びグループは、どんな形でもいいから『遺伝子組換え作物は危険だ』という論文を作りたかったんだなって。『遺伝子組換え作物の危険性はどれくらいか』を調べたんじゃなかったんだ。

2011-10-02 17:47:15
がくじゅつてきあかげ@『かくして、絹の女王は即位した』完結! @zingibercolor

この論文は、今後この団体の印籠として扱われるんだろう。『遺伝子組換え作物は危険です!理由はこの論文!』みたいに。そして遺伝子組換え作物に少しでも不安を持っている人はあっというまにそれに釣られてしまうだろう。

2011-10-02 17:52:39
がくじゅつてきあかげ@『かくして、絹の女王は即位した』完結! @zingibercolor

でもこの論文は『遺伝子組換え作物の危険生はどれくらいなんだ?』と疑問を持ち、細かく検証する人には効力を持たない。むしろ逆効果ですらある。よく読めば、すぐ自然界であり得ない条件だとわかるから。結論のために無理矢理作られたデータだとわかるから。

2011-10-02 17:59:52
がくじゅつてきあかげ@『かくして、絹の女王は即位した』完結! @zingibercolor

学者さんの大半が『疑問を持ち、検証する』タイプなので、この論文は大半の学者に価値のないものと見なされる。価値があると叫ぶのは、遺伝子組換え作物に反対する団体と、それに付随する人たち。

2011-10-02 18:05:38
がくじゅつてきあかげ@『かくして、絹の女王は即位した』完結! @zingibercolor

なので、遺伝子組換え作物反対団体にくっついた人たちが、いくらこの論文を学者たちにふりかざしても相手にされない。付随する人たちは『学者はこの研究を無視する!なぜだ!』と吠え続ける。検証する目を持たないから、学者たちとの齟齬に気づかない。

2011-10-02 18:09:56
がくじゅつてきあかげ@『かくして、絹の女王は即位した』完結! @zingibercolor

どんなに声をあらげて叫んでも、誰も賛同してくれない。誰も相手にしてくれない。国の基準も変わらない。それがずっと続いて、どこもかしこも敵だらけだと思い込んだ人たちはこう思い込む。『あいつらは遺伝子組換えの企業から金もらってるんだ!みんな買収されてるんだ!御用学者どもめ!』

2011-10-02 18:25:05
がくじゅつてきあかげ@『かくして、絹の女王は即位した』完結! @zingibercolor

遺伝子組換え作物しか出さなかったけど、結論ありきで中身がアレな研究って分野を問わずあるのな。著者が特定の主張を持つか、そういう団体に所属してる場合はそういう研究になる可能性が高い。だから、論文のタイトルだけで鵜呑みにせずに、ざっと目を通してみないといけない

2011-10-02 18:42:13

コメント

3号(本業きっこbot) @kikko_not_bot_R 2011年10月2日
1980年代の地球物理学者と地質学者のプレートテクトニクスを巡る論争もすごかったですよ。詳しくはhttp://goo.gl/MCSo6にある本の書評を読んでください。
0
3号(本業きっこbot) @kikko_not_bot_R 2011年10月3日
後、生物やってるなら、ルイセンコの事も知っておいた方が良いですぜ。彼の「ヤロビ農法」は一時期は日本でも広まりましたし(当然失敗)、毛沢東下の中共ではルイセンコのおかげで大躍進政策が失敗。1990年代に至ってすら、北の将軍様が導入して国を飢饉に陥れたと言う。まあ、ルイセンコこそキング・オブ・御用学者ですので、wikiでいいから検索をお勧めします。
1
がくじゅつてきあかげ@『かくして、絹の女王は即位した』完結! @zingibercolor 2011年10月4日
どうもありがとうございます。両方とも読んでみました。PT論争もびっくりしましたけど、ルイセンコのヤロビ農法が広まった過程がとても恐ろしかったです。似非科学に権力握らせると恐ろしいことになりますね…
0
愛・蔵太(素人) @kuratan 2012年5月22日
放射能業界におけるバンダジェフスキー氏…みたいなものかな。「著者の主義主張が絡んだ論文を読むときは、内容をよく検証したほうがいい。(副題:人はいかにして学者をエア御用と誤認せしか) 」
0
sakai @SkiMario 2012年5月23日
ざっと目を通しても専門知識が無いとおかしさには気付けないこともあるので難しいです。例えば「花粉の量は自然界ではあり得ないくらい大量」っていうのは予備知識とかが無いと分かりづらい。どうすれば良いでしょうか。
0
がくじゅつてきあかげ@『かくして、絹の女王は即位した』完結! @zingibercolor 2012年5月24日
たしかに予備知識ないと気づきにくい部分もありますね……そういう時は、やはり信用できる専門家の解説があると一番なのですが…どうしても独学でやらなければいけない場合は、にたようなテーマでまったく別の結論に達している論文と見比べてみて、どちらがより妥当な方法でより論理的に結論を導き出しているか見るのも手ではないかと思います。
0