茂木健一郎氏 @kenichiromogi 【アインシュタインの伝記で将来科学者になると決めた】まとめ

2011年12月12日の連続ツイート 【本が人生を変える】 ……小学校5年の頃に読んだアインシュタインの伝記で、ぼくは将来科学者になると決めてしまった。相対性理論のような革命的な理論をつくるということが、この世でもっとも深遠で、かっこいいことだと確信してしまったのだ……
5
茂木健一郎 @kenichiromogi

「連続ツイート」をお届けします。文章は、その場で組み立てながら即興的に書いています! 本日は、さっきトイレで「あっ!」と思ったことについて。

2011-12-12 07:39:41
茂木健一郎 @kenichiromogi

ほじ(1)今朝、トイレに入っているときに、「そういえば、イギリスに留学しているときにLevyのInsanely Greatを読んで、ITとか、コンピュータに関する考え方が一変したんだったなあ」と思った。それから、人生を変えるきっかけになったのは、実際に本が多かったなと思いだした。

2011-12-12 07:41:43
りゅうかつや @riverland_c

Insanely Great: The Life and Times of Macintosh, the Computer that Changed Eve... http://t.co/lItInDpF

2011-12-12 16:26:05
拡大
茂木健一郎 @kenichiromogi

ほじ(2)小学校5年生の時にたまたま図書館で読んだ「赤毛のアン」が、「もう一つの生き方」に眼を開かせた。初めて、日本の文化や生活を相対化する視点を与えてくれたのだろう。外国の文化に対するあこがれ。英語に対する興味。その後のいろいろなことが始まった。

2011-12-12 07:42:56
茂木健一郎 @kenichiromogi

ほじ(3)これも、小学校5年の頃に読んだアインシュタインの伝記で、ぼくは将来科学者になると決めてしまった。相対性理論のような革命的な理論をつくるということが、この世でもっとも深遠で、かっこいいことだと確信してしまったのだ。

2011-12-12 07:43:51
茂木健一郎 @kenichiromogi

ほじ(4)これも小学校の時に読んだ夏目漱石の『吾輩は猫である』や『坊っちゃん』などなどで、ぼくの中に小説というものの絶対基準が出来てしまった。言葉で一つの架空世界を綴る面白さと難しさは、漱石に教えてもらったといってもよい。

2011-12-12 07:45:10
茂木健一郎 @kenichiromogi

ほじ(5)中学生の時に読んだ小林秀雄、高校の時に読んだニーチェ、カント、ミルトン・フリードマン、マルクスやエンゲルス。いろいろな著者の本が、自分の人生観を変えてくれた。一過性ではない、深いところにおける変化を、これらの本はもたらしたのである。

2011-12-12 07:47:03
茂木健一郎 @kenichiromogi

ほじ(7)なぜ、一冊の本が人生を変えるきっかけとなるのか。本は言葉の森であり、脳の意味や志向性のネットワークに近しい。そして、断片的な時間ではなく、じっくりとつきあうことで、主体性の一番コアの部分が、ゆっくりと影響を受け、書きかえられていく。

2011-12-12 07:49:28
茂木健一郎 @kenichiromogi

ほじ(8)だから、ぼくは思うのだ。人は、自分が読んだ本を積み重ねて、その上に立った高さから、世界を見るのだと。たくさんの本を読めば読むほど、それだけ高いところから、広く遠い世界をながめることができる。変化の触媒として、本ほどの体系性と持続性を持つものはない。

2011-12-12 07:50:41
茂木健一郎 @kenichiromogi

ほじ(9)今、人生で何度目かの濫読期を迎えているのは、変化への胎動を感じているからだろう。もっとも、専らiPad上のKindleで英語の本を。日本の本の世界が電子書籍化に遅れをとる中で、日本の出版業界はすっかり周回遅れになってしまった。

2011-12-12 07:51:54
茂木健一郎 @kenichiromogi

以上、「本が人生を変える」ことの連続ツイートでした。

2011-12-12 07:52:11

コメント

コメントがまだありません。感想を最初に伝えてみませんか?