2011年12月19日

茂木健一郎(@kenichiromogi)さんの「本人に自覚のない変人が、面白い」の連続ツイート

脳科学者・茂木健一郎さんの12月19日の連続ツイート。 本日は、私の友人(田森佳秀)について、考察してみたいと思います。
3
茂木健一郎 @kenichiromogi

しゅりんくっ! ぷれいりーどっぐくん、おはよう!

2011-12-19 06:41:29
茂木健一郎 @kenichiromogi

「連続ツイート」をお届けします。文章は、その場で組み立てながら即興的に書いています! 本日は、私の友人について、考察してみたいと思います。

2011-12-19 07:32:52
茂木健一郎 @kenichiromogi

ほお(1)田森佳秀(@Poyo_F )の話は、いつも面白い。実話なのだが、何度聞いても笑ってしまう。それで、本人は、「面白くないよ」というが、やっぱり面白いと思う。「私は変人」という人が変人ではないように、「私は面白い」という人は面白くないのだろう。

2011-12-19 07:34:18
茂木健一郎 @kenichiromogi

ほお(2)田森が、子どもの頃北海道豊頃町商工会の福引きの準備をさせられた話。ある年は一等商品が鮭のつかみ取り。「佳秀、鮭は一度に何匹つかめるものか、やってみろ」と言われた。まず殴って気絶させる。そのあと、両脇に二匹ずつ、股に二匹、最後にアゴの下に一匹「つかめる」ことがわかった。

2011-12-19 07:37:13
茂木健一郎 @kenichiromogi

ほお(2)別の年は、一等商品が100円玉のつかみ取りだった。「佳秀、100円玉というのは一度に何枚つかめるものか、やってみろ。」まず、指の間に100円玉をつめて、グローブのようにする。それからすくうと掴めることがわかった。ただし、あまり掴みすぎると手がふくれて穴から出なくなる。

2011-12-19 07:38:45
茂木健一郎 @kenichiromogi

ほお(4)田森の育った豊頃町では、毎年仮想行列をやっていた。ある年、田森はシンデレラをやった。長い棒の上にシンデレラの張りぼてをつくった、自信作。ところが、あまりにも重くて、張りぼてを持ったまま歩いていると、腕が死ぬほど疲れる。時々道の上に置いて休んだが、地獄の時間だった。

2011-12-19 07:40:26
茂木健一郎 @kenichiromogi

ほお(5)田森が落とし穴を掘った「山本鶴」さんの話は最高傑作の一つ。近所の悪ガキを落とそうと、練りに練った落とし穴をつくった。穴のふちを少し下げて、そこに新聞紙を敷いて、上から土をかけ、そこに草を植えて水をまき、数日おいて、周囲とまったく区別がつかない素晴らしい落とし穴。

2011-12-19 07:41:52
茂木健一郎 @kenichiromogi

ほお(6)ところが、悪ガキを呼ぼうとしたら、町役場の山本鶴さんがやってきてしまった。「あーっ」と思う間もなく、鶴さんが落ちていく。「時間がスローモーションで流れていくんだよ」。ずどどどどーん。不思議なことに、山本鶴さんは何ごともなかったように立ち上がり、歩いていきましたとさ。

2011-12-19 07:44:20
茂木健一郎 @kenichiromogi

ほお(7)田森佳秀には、変人の自覚がない。ある時薔薇の折り紙に凝ってたから、山手線の中で、「田森さ、あれって何回くらい折るんだ?」と聞いたら黙っている。窓の外の風景を見ているのかな、と思っていたら、二駅過ぎたところでぽつりと「84回。ただし、そのうちの2回は折り目をつけるため」。

2011-12-19 07:45:40
茂木健一郎 @kenichiromogi

ほお(8)今でも、その時のことを持ち出すと、「誰だって頭の中で数えるよ」という。「そんなことはないだろう、お前は普通じゃない」というと、田森は「だって、数えるしか答える方法はないじゃないか」と田森はいう。こういう、変人の自覚がない変人こそが、本当の変人なのだろう。

2011-12-19 07:46:46
茂木健一郎 @kenichiromogi

ほお(9)結論。田森佳秀(@Poyo_F)の言動が面白いのは、本人が身体を張っていろいろ工夫しているからである。薔薇の折り紙にしろ、落とし穴にしろ、鮭のつかみ取りにせよ、工夫を積み重ねていく、その詰め方が尋常ではない。だから、面白い。変人の自覚がない変人が、この世で一番面白い。

2011-12-19 07:48:18
茂木健一郎 @kenichiromogi

以上、「本人に自覚のない変人が、面白い」の連続ツイートでした。田森佳秀とエルミタージュ美術館で撮った写真。 http://t.co/bW8t1vNU

2011-12-19 07:49:39

コメント

コメントがまだありません。感想を最初に伝えてみませんか?