10周年のSPコンテンツ!

@7rriが2011年に行った海外美術館ランキング

2011年は海外だけで25箇所以上の美術館に行きました。パリ・バルセロナ・マドリードの3都市を中心に、ワシントン・台北を少しだけ加えたランキングです。東京・横浜アート展ランキングは、「展示」の一定程度「網羅的な」ランキングですが、海外美術館ランキングは、あくまで「美術館」の「網羅的でない」ランキングです。とはいえ、バルセロナとマドリードはかなり網羅的かなと思います。 東京編はこちら! http://togetter.com/li/234836
ランキング 7rri アート 美術館 2011年 海外
0
なり @7rri
2011年は海外だけで25箇所以上の美術館に行きました。パリ・バルセロナ・マドリードの3都市を中心に、ワシントン・台北を少しだけ加えた、超個人的「美術館」ランキングをまとめました。旅行の参考にしてくださいね! http://t.co/E3tJLa8t #7rriart11
なり @7rri
東京・横浜アート展ランキングは、「展示」の一定程度「網羅的な」ランキングを目指しましたが、海外美術館ランキングは、あくまで「美術館」の「網羅的でない」ランキングですので注意!とはいえ、バルセロナとマドリードはかなり網羅的かなー。 #tokyoart11 #7rriart11
----------今年訪れた25の海外美術館----------
なり @7rri
海外編ノミネート完成版1:(ルーブル・オルセー・ポンピドゥー、プラド・ソフィア王妃、ワシントン・ナショナル・ギャラリー、故宮美は殿堂入り) パリ: オランジュリー、パレ・ド・トーキョー、市立近代、プチ・パレ、カルティエ現美、(番外:モネの家@ジヴェルニー) #7rriart11
なり @7rri
海外編ノミネート完成版2: 台北:現美 ワシントンDC: アメリカン・アート・ミュージアム バルセロナ:ミロ、ピカソ、現美、CCCB、アントニタピエス、カタルーニャ、ダリ@フィゲラス マドリード: 、ティッセン=ボルネミッサ、ソローリャ、ロマン派 #7rriart11
--------いきなり1位から10位まで発表!--------
なり @7rri
海外編1位 オランジュリー美術館 行かなかったら、何しにパリ行ったの?的美術館。モネの部屋の完成度は、地中美術館を凌駕。(地中が先なので、所詮後追いだが、持ってる絵が違う)印象派~ポスト印象派コレクションもコンパクトだが珠玉。最高の美術体験が約束されている。 #7rriart11
なり @7rri
海外編2位 アメリカン・アート・ミュージアム スミソニアン。DCには大量に美術館があるので、普通足を運ばないが、時間的制約で行ったところ、大当たり。アメリカの近代から現代までが詰まっている。ぶち抜き空間で光を使った大作品群は必見。しかも空いてる。土産も充実。 #7rriart11
なり @7rri
海外編3位 ミロ美術館 バルセロナではここが最も気に入った。地中海のまばゆい光にミロはよく似合う。その相性をふんだんに生かした空間設計は素晴らしい。そしてもちろん、独自の境地を切り開いたミロの作品群も…。立地も穏やかな丘にあって素敵です。 #7rriart11
なり @7rri
海外編4位 ティッセン=ボルミネッサ ここは鉄板。絶対的存在であるプラドにほど近いので、インパクトが薄れがちだが(だから4位)、質量ともにとんでもないコレクション。ピカソのゲルニカ等を有するソフィアと並び、マドリードに行って、ここに行かないのはありえない。 #7rriart11
なり @7rri
海外編5位 カタルーニャ美術館 バルセロナはミロとセットでこの美術館をプッシュしたい。様々な文化の混じり合った、カタルーニャならではの独特のアートが詰まっている。建物自体もみるべき点が多い。立地もスーパー。 #7rriart11
なり @7rri
海外編6位 ソローリャ美術館 マドリード、先述した3つの次には、ゴヤを持つサン・フェルナンド美術アカデミーが有名だが、いい加減食傷すると思うのでw、ソローリャをプッシュしたい。邸宅風の温かみのある空間で、光に溢れるソローリャを楽しめる。誰もが好きな作風だろう #7rriart11
なり @7rri
海外編7位 ダリ美術館 ノミネート抜け思い出した…バルセロナから電車で2時間かかるダリの故郷フィゲラスのダリ美術館。西語がわからない身としてはやや苦労していったが、その価値のある超アミューズメント空間。美術館全身がダリを表現している。現地学生ツアーで激混みw #7rriart11
なり @7rri
海外編8位 ピカソ美術館(バルセロナ) パリのピカソ美術館は超絶素晴らしいのだが、改装中で今回は訪問できず。こちらで紹介するのは故郷の方。前期の作品が充実している。青の時代のものも少ないが、それでもピカソ。なぜどの時期のどの絵も魅力的なのか…(激混み) #7rriart11
なり @7rri
海外編9位 アントニタピエス バルセロナは、いくら美術好きでも(美術好きだからこそ?)ガウディと建築中心になるのは間違いない。限られた時間で回るべき3つ目の美術館がここ。(僕は3日で8個の美術館回ったけど…)。これほどのタピエスのコレクションは他では拝めない #7rriart11
なり @7rri
海外編10位: パリ市立近代美術館 パリはいい美術館が多すぎて、なかなかここまでフォローできないと思うが、モダンアートの美術館として、市立近代は非常にクォリティが高い。特にアンリ・マティスのコレクションは必見。 #7rriart11
なり @7rri
トップ10は逃したものの、バルセロナの現代美術館は完全に現代に寄っていて企画展も興味深い(ただし言語の壁が…)。建築も面白い。CCCBも同じく現代美術。こちらは企画展のみだが、日本にはないタイプの臨場感溢れる企画展で非常に楽しめた。現代アート好きはぜひ。 #7rriart11
なり @7rri
海外編番外1: モネ好きはジヴェルニーに絶対行くべき。パリから電車とバスで1時間。絵の中の庭の本物が…! 番外2:建築好きの聖地?バルセロナだが、ミース・ファン・デル・ローエ記念館も必見。石の直線で構成された建築に息を呑む。写真を凝って撮りたくなる。 #7rriart11

コメント

コメントがまだありません。感想を最初に伝えてみませんか?

ログインして広告を非表示にする
ログインして広告を非表示にする