みんなのオブザイヤーオブザイヤーを募集中!今年のツイート今年のうちにまとめよう!

FOXYUN さんによる現在のはんだやレイブに至るまで

FOXYUN さんとはんだやレイブクルーによる、現在のはんだやレイブに至るまでをまとめました。
音楽 レイブ
8248view 0コメント
18
FOXYUN REC. @Foxyuun
仙台のレイブについてつづっていくか。
FOXYUN REC. @Foxyuun
1998年仙台。中央通りアーケード街でのゲリラレイブが端緒。来仙していたsk1とhubmasterがTB-303とリズムマシンで即興を開始。1時間くらいして「お巡りさんあいつらです!」で終了となった笑
FOXYUN REC. @Foxyuun
よく考えるとゲリラレイブは97年、下手したら96年かもしれん。
FOXYUN REC. @Foxyuun
近くにあったホテルから110番で騒音の苦情があったと2人組の警察官。「特に主催とかは」「単なる友人の集合です」と事情を説明して注意・解散となった。年配の警官は「俺こういうの嫌いなんだ」、若手の警官は「テクノとか好きだけどー」と会話しつつ平和的に解決した。
ミトス@宮城 @mitos7
@kanchaso 中央通りのゲリラライブ思いだして盛大に吹いた。「責任者は?」「いません」「どういうつながり?名前は?」「草の根BBSで…お互いに本名は知りません…」
FOXYUN REC. @Foxyuun
その後1~2回ほど流行していたストリートミュージシャンの列に交じり、苦情が来なさそうな所でゲリラDJを個人でやった。DJといっても電池で動くポータブルCDとラジカセ、車用バッテリをつないだDJmixerというチープな装備。目の前でブレイクダンスを踊りだす兄ちゃんとかもいたなぁ。
FOXYUN REC. @Foxyuun
同年。勾当台公園野外音楽堂で初めてのレイブ。これもチープな装備で音響はラジカセとミニスピーカー。アンプに接続したミニスピーカーが焼き切れたのは良い思いで。結局非力なラジカセを鳴らして終わった。
FOXYUN REC. @Foxyuun
想像の斜め上を行く画像で吹き出したw RT: @mitos7: @kanchaso 過去のデジカメ画像探したら1998年の5月に既に勾当台公園でレイブやってますね。真っ暗になるまでやってた時でしょうか。 http://t.co/TJDpcyxU
 拡大
FOXYUN REC. @Foxyuun
1999年。かな。PAをレンタルしまともなレイブ。アンプと定番BOSE802を組で借りるものの、微妙に納得できない感じの音しか出ずにhubmasterが「ちゃんとしたの買おう!」と切り出す。そこから徐々に現在の機材を自前で揃える方向性になる。
FOXYUN REC. @Foxyuun
時を同じくしてXROGER LABELが解散し八卦商会へ。XROGERは勝手にゲラゲラ笑いながら曲を作り、たまったらイベント合わせで手焼きCDリリースという流れだったが、八卦商会からは初版はCD-Rでイベント販売し、後にプレスをかけて手売り+同人ショップへ委託という流れになった。
FOXYUN REC. @Foxyuun
ちなみに初期XROGERは通販オンリー。初期の情報源はテクノヘッヅメーリングリスト→QuickJapanで、後にWebでの情報発信を行った。1997年にはWebを使ってた思う。その頃はまだインターネット黎明期で、企業や学校のメールアドレスのまま実名でのやりとりが多い時代でした。
FOXYUN REC. @Foxyuun
八卦商会となりプレスしたCDを初めて委託したのは「あきばお~」さん。当時はまだ同人ショップとしてそれほど有名でなく、同人CDも何点か取り扱いを開始したばかりという状況だった模様(伝聞)。交渉したら担当者が内容を気に入ってくれたらしく、あれよあれよとプッシュしてくれるようになった。
FOXYUN REC. @Foxyuun
XROGER初期の頃は手焼きCDを送料込で1枚2000円で売っていた気がします。メディアもライター(ドライブ)もまだまだ高価な時代でした。ドライブなんて10万以上したような時代です。処女作「偽・水色時代」でも100枚出たか出ないかくらいらしいです。持ってたらイケメン!
FOXYUN REC. @Foxyuun
ちなみに「処女作」と言いたかっただけじゃないです。
FOXYUN REC. @Foxyuun
XROGER後期には毎回初版でも50枚くらいは作らないといけない感じになってたのもプレスを決断するキッカケだったような。ドライブの性能も今ほど良く無く、1枚焼くのに4倍とか8倍で10分くらいはかかる時代。10万くらいでTEACのデュプリケーターを買ってた気がする。2倍速!
FOXYUN REC. @Foxyuun
そのデュプリケーターも最近になってようやくハードオフあたりに引き取られたそうです。3000円とか?笑
FOXYUN REC. @Foxyuun
八卦商会になってプレスをするようになり、機材購入という余裕ができた。初版を手焼きで売ってプレス資金にし、プレス分で得た資金で徐々にレイブ機材が増えていきました。
FOXYUN REC. @Foxyuun
八卦商会で一番勢いがあったのは02年「サンポーノレ」。500枚が数ヶ月で売り切れた時は何事なのかと目を丸くした。同時にリリースしたアナログ盤「ファック!マルチね☆彡」の効果もあったのか。アナログ200枚もM3で100枚、その年のうちには残りも無くなった気がします。
𝐀‌𝐊‌𝐇‌𝐔‌𝐀😈Aqours4th両日 @akhua
@kanchaso 2003年辺りのM3で「サンポーノレありますか!?」と突撃したら目を丸くして「…もうありません」と残念そうに言われたことを覚えています。この業界を知って間もなかったので、機を逃すと手に入らないという現実に初めて打ちひしがれました(;^^
FOXYUN REC. @Foxyuun
@akhua 2004~2010年くらいまで同人音楽はカオス期だった気がします。「同人ショップで買えるだろ」という感じをと、いわゆる「勝手に放流」されるような事が多々あったような。ここ2年くらいはまた昔に戻りつつで、M3やコミケで直接手にとってくれる方が多くなってきてます。
FOXYUN REC. @Foxyuun
ちなみにアナログは完全にファンサービス。2000円200枚で40万円(-委託経費)。レコードプレスに20万円、ジャケット+レーベルシール+封シール印刷で20万円。トントン+諸経費赤字という潔いタイトルだった。
FOXYUN REC. @Foxyuun
プレス合わせでレーベル印刷とボール紙ジャケットにするとさらに高くついたので、印刷物は別注して我が家でtackqとホワイト盤にシールをペタペタ貼ったのは良い思い出です。それが未開通の真相です。ちなみにこの世には未だ未通女のファック!マルチね☆彡が多数存在するようです。
FOXYUN REC. @Foxyuun
八卦商会時代の不正蓄財により、次々とレイブ機材が増えてゆき我が家の物置部屋がいっぱいになっていきました。一時期ボロ家に大きな荷物がポンポン届くので佐川のおっちゃんにすっかり覚えられてました。連絡してないのに職場に転送してくれたりとか笑
FOXYUN REC. @Foxyuun
初めてスピーカーが届いた時に、お隣さんに断って室内で音出しをした時に、天井からホコリが降ってきたのは笑いました。ホコリどころか天井がボワンボワンと踊ってました。お隣さんもまさかそんな大音量とは思わなかったと驚いてた。ちょうど10年くらい前ですね。
FOXYUN REC. @Foxyuun
その頃には、勾当台公園の利用手続き、運搬用バンのレンタカー手配、テーブル類の手配と、手順が確立されたのでレイブもやろうと思ったら即開催という感じになってました。はんだやレイブツーリスト、、、については誰かフォローしてくれるでしょう笑
残りを読む(43)
ログインして広告を非表示にする