Togetter/min.tを安心してお使い頂くためのガイドラインを公開しました。

森の中の永久機関の物語

なぜなら彼もまた特別な存在だからです
5
ゆは❄️ @juha_pf

@yotsuyu ヨツユさんすごいですね5桁とか

2012-05-25 21:31:01
とき @time_kg

つゆちゃは永久機関だから

2012-05-25 21:32:30
とき @time_kg

@yotsuyu 彼女は時を無視して動き続ける

2012-05-25 21:33:28
とき @time_kg

@yotsuyu 彼女の朝は早い。今日も彼女は自分の仕事をこなしていく

2012-05-25 21:34:25
洗濯機の横みて首のやつを縫えヨツユ🌸 @yotsuyu

@time_kg きりきりと音を立てる歯車にみみを傾ける。ここでは彼女の他にはなにもない

2012-05-25 21:35:38
とき @time_kg

@yotsuyu まるでその空間は別世界のようで、神秘的な空間を創り出す。歯車の音以外に聞こえるのは鳥のさえずりの声だけだ

2012-05-25 21:36:48
洗濯機の横みて首のやつを縫えヨツユ🌸 @yotsuyu

@time_kg 歯車の海の一角に、透明なガラスの壁の場所がある。ゆらりと歩を進めて、彼女はその壁に手をおいた

2012-05-25 21:37:46
とき @time_kg

@yotsuyu 手を触れた途端ガラス一面に光が走り模様が描かれる。その模様はまるで世界を模してるかのようであった。やがてカチャリと音を立て扉が現れる

2012-05-25 21:39:57
洗濯機の横みて首のやつを縫えヨツユ🌸 @yotsuyu

@time_kg 彼女はまっている。扉の外から、誰かがやってくるのを。その足音を、ひたすら。

2012-05-25 21:41:14
とき @time_kg

@yotsuyu こうして彼女の朝の日課は終わる。外界とをつなぐ唯一の扉。そうして再び彼女は元の場所へと戻り眠りへとつくのだ

2012-05-25 21:42:33
洗濯機の横みて首のやつを縫えヨツユ🌸 @yotsuyu

@time_kg いつかはこの時間がおわると、彼女は願っている。彼女をかつてなでてくれたその優しい手を、彼女は待って、眠るのだ。

2012-05-25 21:46:04
とき @time_kg

@yotsuyu そう、彼女には父とも呼べる製作者が居た。だがもうそれも何百年と昔の話であった。彼が生きているのか、死んでいるのか、彼女は知らない。けれど信じて待つしかできないのだった

2012-05-25 21:48:15
洗濯機の横みて首のやつを縫えヨツユ🌸 @yotsuyu

@time_kg 彼女は時がめぐることをしらない。毎日ただ同じ行動を繰り返すだけの、生きているのかいないのか、それすらもわからない。いわば、永久機関そのものであった。

2012-05-25 21:50:00
とき @time_kg

@yotsuyu だが彼女はまるで生きてるかのようだった。何百年もの間変わらないその姿と歯車の音だけが彼女が生きていない存在だということを物語っていた

2012-05-25 21:53:52
洗濯機の横みて首のやつを縫えヨツユ🌸 @yotsuyu

@time_kg 何のためにそこにいるのか、それすらも彼女はしらない。外を舞う小鳥たちもそれを教えてはくれない。否、答えを知る者はただ一人だ

2012-05-25 21:56:21
とき @time_kg

@yotsuyu 静かな森の一角にたたずむ小さな研究所。今日もそこからカタカタと歯車の音が聞こえてくる。1人の少女が1人の研究員の帰りを静かに待ち続けるのだった

2012-05-25 21:59:18
洗濯機の横みて首のやつを縫えヨツユ🌸 @yotsuyu

@time_kg 終わりがないように、光が浮かぶ水面のように。薙いだ空気の中、そこはゆるやかな円環を描き続けている。――この物語については、いつかまた、話そう。そう口にして、私は本を閉じた。

2012-05-25 22:06:55
とき @time_kg

@yotsuyu もう終わりなの?もっと続きを話してと子供がせがむ。今日はここまで、代わりにこれをあげよう。と子供に差し出したのはヴェルダースオリジナル。なぜならまた、彼も特別な存在だからです

2012-05-25 22:08:56
洗濯機の横みて首のやつを縫えヨツユ🌸 @yotsuyu

@time_kg どうしても、とヴェルダースオリジナルをガリガリかじりながら子供がいいます。仕方がないなあ、と次の本を手に取りました。――むかしむかしの、お話です。焼き肉星の王女であり、規制の戦士、天空の覇者トキエリオンと、それを追いかける化け物の、物語。

2012-05-25 22:13:12
残りを読む(11)

コメント

コメントがまだありません。感想を最初に伝えてみませんか?