#IVS でスタンディングオベーションが起こった、ミャンマーで16年間戦う小児外科医による講演まとめ

Infinity Venture Summit 最終セッション ジャパンハート代表、吉岡秀人による講演 ”アジアで15年、1万人以上の命を救った小児外科医の魂の記録” のまとめです。 ジャパンハートFacebookページ https://www.facebook.com/pages/Japan-Heart/156611381051191
経営 起業 ベンチャー japanheart 小児外科医 吉岡秀人 IVS 医療 情熱大陸 ミャンマー
35
国際協力学生団体 HEART's @heart_student
これからInfinity Venture Summit #IVS にて、ジャパンハート代表の吉岡秀人が講演を行います。 ”アジアで15年、1万人以上の命を救った小児外科医の魂の記録” このアカウントにて実況を行います。 http://t.co/cRDPYSjx
mocchicc @mocchicc
#IVS がイベントとして素晴らしい理由の1つは、ラストに医師や登山家など多様なスピーカーを招いて「起業家・経営者に対して、生きることの覚悟を問いかける」セッションが組まれているということ。経営者同士の単なる業界トークでは終わらないことに大きな価値があると思う。最後に余韻が残る。
Nobi Hayashi 林信行 @nobi
#IVS での最後のセッションは登山家の栗木さんが登壇して以来、ガー レイノルズ、将棋の羽生さんと人生に対してさまざまな教訓をくれる人の話になっている。今回は「アジアで15年、1万人以上の命を救った小児外科医の魂の記録」ジャパンハートの吉岡秀人氏。
FukuokaHirotaka/福岡裕高 @fukkyfukkyfukky
#ivs 最後はアジアで1万人以上を救った吉岡小児外科医。数回前から、ラストに起業家に事業に向き合う覚悟を問うようなセッションを入れるようになった。大事な時間な気がする
Kei Shibata @keishibata
Last session at IVS is underway. Listening to Doc. Hideto Yoshioka who saved the life of 10,000 children in Asia for the last 15 years. #ivs
shinsuke usami 宇佐美進典 @usapon
#IVS 以前書いた吉岡先生の講演メモ。これを書いたことが今回の講演に繋がったというのは本当に嬉しい。 http://t.co/9SKqrD17
国際協力学生団体 HEART's @heart_student
#IVS 小林雅さん ”IVSでは最後に経営者以外が登壇している。 一昨年は登山家の栗城さんで、知らない人は多かったが最後にスタンディングオベーションが起きた。去年は将棋の羽生さん。そして、今年はジャパンハートの吉岡秀人。
国際協力学生団体 HEART's @heart_student
#IVS 吉岡 1995年からミャンマーで医療活動を始めた。当時は、ミャンマーがどこにあるかなんて誰も知らなかった。なぜ私がミャンマーで医療活動を始めたのか? それは、そこは医療を受けられない人が多かったから。先進国とは違う現状を目の当たりにした。
国際協力学生団体 HEART's @heart_student
#IVS 1995年にミャンマーに行った時、ここで医療をしてほしいといってきた人がいた。当時、ミャンマーの市民病院には3人の医者しかいなかった。街の半分が焼けた火災の後でも、15時に閉まる病院。患者は病院の外で次の日まで待っている。そんな現状を見た。
Nobi Hayashi 林信行 @nobi
#IVS 吉岡:10代の終わりの頃に、受けたくても医療が受けられない人がいることを知り、そういう人たちに医療を施そうと思った。ミャンマーへ。どんどん経済悪くなり医療事情もひどかった。最初に働いた町は人口40万人でそこに市民病院1つで医師3人。診療時間後、火事あると翌日まで待ってた
Nobi Hayashi 林信行 @nobi
#IVS 吉岡:'95年30代でミャンマーに入る。物凄い数の患者。朝5時開始で夜中12時まで診療。手術頼まれても衛生的にできず断ってたが、他に受けられるところもない。「これも運命」と思い、きれいな家を建てそこに手術できる部屋つくり96年から手術開始。今はそこで毎年2000件手術。
国際協力学生団体 HEART's @heart_student
ミャンマーの中心から離れたところに拠点を構え、週に一度ずつ色んな村をめぐった。ものすごい数の人が診察に訪れてきた。朝の5時から真夜中まで診察を続けた。私が30歳の時であった。 #IVS
国際協力学生団体 HEART's @heart_student
様々な障がいを持った子供が来た。私は手術をしてあげたかった。けれど、コンクリートの手術室、機材もろくにない。日本で医療を学んだ私は、その環境を見ると手術をすることは出来なかった。 #IVS
国際協力学生団体 HEART's @heart_student
けれどある日ミャンマー人のスタッフに質問した。私はいま手術を断っているのだが、彼らはいつか手術を受けることが出来るのであろうか? スタッフの答えは、NOだった。お金もない、医者もいない。その子供たちには吉岡以外に希望はなかった。 #IVS
国際協力学生団体 HEART's @heart_student
私は決心した。神様が、吉岡なんとかろ、そう言ってるかのようだった。私はましな家を借り、1996年から手術を始めた。今では毎年2000人以上の人を手術している。 #IVS
国際協力学生団体 HEART's @heart_student
最初、私のことなんて誰も知らなかった。けれど、韓国人、カナダ人、台湾人、そして現地人・・・様々な人の支援があってここまできた。ミャンマーだけではなく、カンボジア、そしてラオスでもこれから医療活動をはじめることができる。 #IVS
国際協力学生団体 HEART's @heart_student
私は情熱大陸に3回出演した、その動画を短くまとめたものを放送しようと思う。その後に、私が思う理想の医療、医療を受けられることが一体どういうことなのか、話したいと思う。 #IVS
国際協力学生団体 HEART's @heart_student
#IVS 吉岡が目指す医療とは たとえ死んでも、生まれてよかったと思えるようにすること。例え、治せても治せなくても、貧しくても貧しくなくても、決して関係ないんだ 
国際協力学生団体 HEART's @heart_student
なぜ止むにやまれす、こんなところで手術に踏み切ったのか? 口唇裂の子供の写真を流しています。 #IVS
国際協力学生団体 HEART's @heart_student
私のところに来る、口唇裂の子供は全員暗い。顔を気にして生きて行かなければならないからだ。 #IVS
国際協力学生団体 HEART's @heart_student
私は医療というのは、人の命を救うことだと思っていた。けれど、こうやって口唇裂の子供を治して明るく変わっていくのを見て、この考えは違うのではないか?と思うようになった。人の人生を治すことが、明るいものにすることが、医師の役割なのではないのだろうか? #IVS
京都ラボ @kyoto_labs
ジャパンハート吉岡さん「日本では医者は人の命を救ってなんぼだと思っていたが、海外に来て医療の役割は患者の人生の質を変えることかもしれないと思うようになった」 #IVS
Nobi Hayashi 林信行 @nobi
#IVS 情熱大陸の吉岡さんの映像…壮絶。凄過ぎ。手術中の停電は日常茶飯事。いい医療機器いれられない。足で空気送って43-4度の暑い部屋で手術やってた。口唇裂の患者とか最初は暗いが治療の後、ガラっと運命変わる。できなかった結婚もでき、人の人生の質を変えられるかもと思うようになった
mocchicc @mocchicc
吉岡医師「命を救う、という事こそが医師の役割だと思っていました。でも、外科手術を終えた子供たちが明るく笑顔になっていく姿を何度も見ていると、人生の質を高めていくということが、本当の医療なのかもしれないと思うようになりました。」#IVS
残りを読む(70)

コメント

samon @samon90997098 2012年6月20日
もう拍手と感動しかない。 >人の人生を治すことが、明るいものにすることが、医師の役割なのではないのだろうか?
ログインして広告を非表示にする
ログインして広告を非表示にする