6
第三舞台bot @third_stage_bot
とにかくみんな、本当のことが知りたくて本当のことがあるんだと信じたくて、こんなちっぽけなものに熱中しているんだなと気付くと、それは決してそんなこと、誰もそんな振りさえ見せなかっただけに驚きでもありました。 (朝日のような夕日をつれて)
早乙女 @room_my_room
ラーメンズコント「後藤を待ちながら」が「ゴドーを待ちながら」の捩りなことに最近やっとこさ気が付いた。ので、本家を観るか読むかしたい。wikiのあらすじでは理解しきれん。
フルートのつぶやき @hyouryu_neko
「ゴドーを待ちながら」不条理劇の傑作らしいけど、はっきりしたストーリーもないようだし、私には難しすぎる。実際に観てもいないし。
ダフトパン子 @Kukumi_Devil
『桐島、部活やめ‥一枚』 @ ワーナー・マイカル・シネマズ 板橋 http://t.co/0H83cUPg
拡大
藤堂考山 @ko_zan
以前もツイートしたことあったけど、鴻上尚史氏の「朝日のような夕陽をつれて」という演劇にラストに全員で詠唱される「みよこの遺書」の一節を思い出すたびに、色々ネット上にいるモンスター達に思いを馳せるのですよ。人間らしいとは、ああいう人達のことなのかと。
sidewindersv @sidewindersv
TLでゴドーを待ちながらを知ってる人どれぐらいいるかな。
けんちん・F @kenchin_f
邦画94『桐島、部活やめるってよ』、現代高校生版『ゴドーを待ちながら』。もっとも最後まで姿を見せない桐島は決して神ではない。だから彼を中心とした学生たちの絆は、所詮擬似的なものにしかならない。その欺瞞をぶち壊すのが、桐島と直接関係のない「映画部」なのが小気味よい。G.ロメロ万歳!
木下真之 @ksitam
取材終わり、映画「桐島、部活やめるってよ」見た。映像にすると原作のクラスのヒエラルキー感より、不在の桐島が際立つ「ゴドーを待ちながら」の趣きに。小説の主人公が映画でも主人公になってた。大後寿々花上手い。新宿、客入ってるよ。
田辺 秋守 @akimoritanabe
吉田大八監督『桐島、部活やめるってよ』見た。傑作。シネフィルのシネフィルによるシネフィルのための映画。しかしシネフィルならずとも楽しめると思う。21世紀の『台風クラブ』あるいは『バタアシ金魚』以来の部活映画の傑作。『エレファント』+『ゴドーを待ちながら』+『アナザー・カントリー』
中森明夫 @a_i_jp
『桐島、部活やめるってよ』を観た。とてもいい映画だった。が、終了後、若い観客らが「何これ?」「さっぱりわけわかんねーし」とか言ってて…あ〜と思った。少々ヤボだけど、この映画について説明…いや、批評したくなった。ちなみに原作は読んでませんが。以下、ネタバレを含みます(続く
中森明夫 @a_i_jp
桐島2)なぜ批評するのがヤボなのか? それはこの映画が批評だからだ。批評を批評するヤボさ、ためらいを感じる。何の批評か? つまり青春映画や学園ドラマに対する批評だ。青春映画を観に行ったのに、その批評を見せられたら、そりゃ「わけわかんねー」でしょう(続く
中森明夫 @a_i_jp
桐島3)この映画は今や学園ドラマが成立しないと言っている。なぜなら教室の生徒がバラバラだから。体育会系、リア充女子、文化部系…みんなバラバラ。関係が交わらず、統一的な主題が成り立たない。同じ場面の反復がバラバラなそれぞれの視点から描かれる)続く
中森明夫 @a_i_jp
桐島4)映画館で遭遇した涼也(神木隆之介)がかすみ(橋本愛)にタランティーノの名前を出す。同一場面の多視点の反復はタランティーノ監督の『レザボア・ドッグス』…と観客にウィンクしてる。涼也が「今、僕らが出てるこの映画もタランティーノの反復でしょ?」とか言いそうw)続く
中森明夫 @a_i_jp
桐島5)この映画をスクールカーストの語で評するのは間違っている。体育会系男子やリア充女子はイケていて映画部のオタ男子はサエない。が、上位下位のカーストの視点で統一的に把握することは不可能だ。同作品をスクールカーストもの、オタ男子を下位と笑う観客を、この映画は笑い返す)続く
中森明夫 @a_i_jp
桐島6)題名の桐島はバレー部のキャプテンでモテ男、青春映画の頂点のような男子。が、彼は姿を現さない。恋人の女子は桐島を待ち続ける。ゴドー待ち、ベケットの『ゴドーを待ちながら』だ。ゴドーとはゴッド=神のこと。人々が待ち続ける神=絶対者は現れない、それが現代演劇だ)続く
中森明夫 @a_i_jp
桐島7)桐島とは何者か? キリシマとはキリストではないか? キリストは人間の姿で現れた神で、一度は死に、復活して昇天する。『桐島、部活やめるってよ』とは聖書における『キリスト、人間やめるってよ』に等しく、この主題設定だけで原作者は相当のタマだとわかる)続き
中森明夫 @a_i_jp
桐島8)青春映画の神、桐島は姿を現さない。桐島が現れたらこの作品は青春映画として成立する。体育会系男子やリア充女子は桐島が現れるのを待望する。桐島が現れなくては自分たちは青春映画の登場人物たりえない。その存在を否定されるからだ)続く
中森明夫 @a_i_jp
桐島9)映画部のオタ男子らは桐島を待っていない。青春映画の脚本を拒否してゾンビ映画を撮っている。彼らはもはや青春映画は成立不可能であり、自分たちがゾンビであることを知っているのだ。体育会系男子やリア充女子らに「おまえらは無自覚なゾンビじゃないか!」と)続き
中森明夫 @a_i_jp
桐島10)モテ男・宏樹とオタ男・涼也、交わらない二人が8ミリカメラを向け合う。互いが別々の映画に出ている。「それでも俺たちは生きていかなければならない」涼也はゾンビ映画のセリフを言う。不覚にも私は涙を流した。そう、たしかにもう青春映画は死滅した。それでも俺たちは…)続く
中森明夫 @a_i_jp
桐島11)この映画がヒットしないこと、若い観客に理解されないことは青春映画にとっていいことだ。今後も相変わらずベタな青春映画が作り続けられるだろう。青春映画の死などなかったような顔をして。青春映画の主人公たちは笑う。もはや自分たちがゾンビであることも気づかないままに)続く
中森明夫 @a_i_jp
桐島12)オタ男子の涼也は映画『桐島』を観ないだろう。彼は『アナザー』を観る。彼のふられた橋本愛が学園ゾンビ映画に主演している。『桐島』はいるはずの男子が現れない話だが、『アナザー』は現れてる女子がいないことになってる物語だ。どちらの映画でも橋本愛は美しい!)終わり
Maaaa! @w4696b
ベケットの「ゴドーを待ちながら」と『桐島』の類似を指摘してる人がいて、なるほどと思った。 http://t.co/jZtJMiKv
拡大
@C_wiii
全国の桐島君は部活やめづらくなってそうで可哀想だな
ぼのぼの @masato009
『桐島、部活やめるってよ』映画紹介等でも書かれているので言っていいと思うが、タイトルロールの「桐島」は終始 不在の人物である。そう言えば誰もが『ゴドーを待ちながら』を思い出すだろう。桐島=ゴドー=ゴッドと考えてみるのも面白いし、そうであれば何故ゾンビ映画なのかもよく理解できる。
残りを読む(130)

コメント

藤堂考山 @ko_zan 2012年8月24日
これ、ちょっと興味出て来た。見たいなぁ。
ログインして広告を非表示にする
ログインして広告を非表示にする