2013年1月17日

エルヴィン殿による名将物語#3 「ジョージ・パットン」

エルヴィン殿による各国名将のお話第三弾であります。 今回はアメリカのジョージ・パットンです。 映画の名前になるわ戦車の名前になるわの言わずと知れた名将であります。 名前ばかりが先行しがちで案外詳しいことを知らない人も多いのでは? この際学んじゃいましょうっ!
2
エルヴィン @erwin_fake

WoTのアップデート後のプレーで皆さんが忙しい中気にせず名将についての呟き始めちゃいます #エルヴィン名将物語3

2013-01-17 21:10:06
エルヴィン @erwin_fake

今回はアメリカの将であるパットン将軍について呟いていこうかと思います。WoTやら得てない方で暇な方は適当に絡んでもらってかまわないぞ! #エルヴィン名将物語3

2013-01-17 21:12:39
エルヴィン @erwin_fake

パットン大将は1885年にアメリカのカリフォルニア州で生まれている。パットン大将の家系はアメリカ合衆国設立の時から続いている軍人の家系でパットン自身もかなり意識していたらしいな。前回までの2名の将以上にエリート家系かもしれない。 #エルヴィン名将物語3

2013-01-17 21:13:39
エルヴィン @erwin_fake

軍人の家系が影響してか子供の頃から軍人になるのが夢だったようだな。その子供の頃のエピソードとして『パットン中将』と名乗っていたというものが残っている。学生時代は古典文学と戦史が好きだったようでその他の勉強はダメだったようだ。 #エルヴィン名将物語3

2013-01-17 21:14:58
エルヴィン @erwin_fake

その後バージニア州立軍事学校を経てウェストポイント陸軍士官学校で学んでいる。1909年に士官学校を卒業し、騎兵少尉に任官している。この頃愛用のコルトを購入したようだ。またオリンピックにも出ていたようだ。 #エルヴィン名将物語3

2013-01-17 21:16:01
エルヴィン @erwin_fake

パットンのデビュー戦となる戦いは1916年のメキシコ国境戦役だ。この頃は中尉に昇進しており、テキサス第13騎兵連隊に配属されて戦役中には敵の高官を殺害しており、戦役後評価を受けている。 #エルヴィン名将物語3

2013-01-17 21:16:52
エルヴィン @erwin_fake

大尉になっていたパットンは第一次世界大戦にも従軍しており、新規編制された戦車部隊の指揮をとっている。フランスのミューズ・アルゴンヌ方面では負傷している。パットンは戦時昇進ということで大佐に昇進している。 #エルヴィン名将物語3

2013-01-17 21:17:59
エルヴィン @erwin_fake

パットンは戦車部隊を率いた経験から戦車の重要性に気づき、塹壕戦と言うのはもう無意味であるというのを悟った人物だったようだな。第一次世界大戦後戦時昇進だったため、少佐に降格になっている。1919年のワシントン勤務時代にアイゼンハワーとも交流を持っている。 #エルヴィン名将物語3

2013-01-17 21:19:21
エルヴィン @erwin_fake

第一次世界大戦と第二次世界大戦の戦間期はパットンにとってはどん底の時代であったようだ。戦車や機甲部隊の重要性を説いていたが時代は軍縮の時代であり、当然パットンの主張は無視され昇進にも影響したようだ。 #エルヴィン名将物語3

2013-01-17 21:20:12
エルヴィン @erwin_fake

またプライベートでも娘の親友と不倫したり酒におぼれたりなど離婚寸前にまでなったが日本などとの対立がおこり、戦争の空気を感じ取ったのか再び元のパットンに戻っていった。1938年には正式に大佐に昇進している。 #エルヴィン名将物語3

2013-01-17 21:22:19
エルヴィン @erwin_fake

ドイツが戦車を中心とした機甲部隊による電撃戦を成功させたことにより、アメリカ軍でも機甲師団の重要性をここで認識し、パットンは准将に昇進後機甲旅団長に抜擢されて少将にまで昇進している。 #エルヴィン名将物語3

2013-01-17 21:23:47
エルヴィン @erwin_fake

さてパットンが戦場に帰ってきたのは1942年の11月北アフリカのトーチ作戦である。この際第1機甲軍団を指揮しモロッコに上陸している。1943年には中将に昇進後、第2軍の司令官に就任している。 #エルヴィン名将物語3

2013-01-17 21:25:15
エルヴィン @erwin_fake

この第2軍はカセリーヌ峠の戦いでドイツ・アフリカ軍団に大敗しており、司令官が更迭された直後であった。『カセリーヌ峠の戦い』についてはグデーリアンがまとめたものの中にあったと思うからそれを見てみると良いかもしれないなw #エルヴィン名将物語3

2013-01-17 21:26:32
エルヴィン @erwin_fake

当時北アフリカにいた米英軍の将兵によると米軍は『我々(連合軍)のイタリア軍』と揶揄されていたようだ。しかし、パットンが着任後は米軍は見違えるようになったそうだ。 #エルヴィン名将物語3

2013-01-17 21:28:11
エルヴィン @erwin_fake

パットンは万人受けするような指揮官ではなかったが将兵から敬意は払われていたらしい。軍規に厳しかった反面、勇敢に戦い勇気を持った行動をした将兵をこれでもか!ってぐらいに褒め上げていたそうだ。 #エルヴィン名将物語3

2013-01-17 21:29:05
エルヴィン @erwin_fake

アメとムチの使い分けというやつだな。パットンも最前線で指揮をとるのを好んでいたようで後方から指揮をとるような将軍などは問答無用でクビにしている。 #エルヴィン名将物語3

2013-01-17 21:30:43
エルヴィン @erwin_fake

北アフリカでドイツ軍を駆逐した戦功によって第7軍の司令官に任命されたパットンは1943年にシチリア島に上陸している。ここで皆も知っていると思うがパットンは有名な事件をおこすなw #エルヴィン名将物語3

2013-01-17 21:32:41
エルヴィン @erwin_fake

事件とは野戦病院にて砲弾神経症によって精神状態が不安定になっていた兵士を殴打した事件だなw精神が不安定になっていなだけなので一見すると健康な兵士が重傷を負った兵士の中にいたので臆病な兵士と思ったのだろうな。 #エルヴィン名将物語3

2013-01-17 21:34:01
エルヴィン @erwin_fake

始め現場にいた従軍記者は報じなかったが、現場にいた軍医がこの事件を総司令部に報告したことにより、大事件へと発展してしまう。当初本国へ送還されるはずだったが前線指揮官の地位剥奪のみで処罰が終わっている。 #エルヴィン名将物語3

2013-01-17 21:34:51
エルヴィン @erwin_fake

パットンは自主的に殴ってしまった兵士とその場にいた兵士に謝罪しており、殴られた兵士もパットンのことを弁護している。しかし、第7軍の指揮官を解任され、カイロで10ヶ月近く待機を命じられている。 #エルヴィン名将物語3

2013-01-17 21:35:49
エルヴィン @erwin_fake

続いてパットンが活躍する場はノルマンディーの地だな。当初パットンはドイツ軍を欺くため実体のない軍集団の司令官に任命されていたがノルマンディー上陸作戦決行直前に前線指揮官に復帰している。パットンは第3軍を率い上陸後前線を突破し一気に進出している。 #エルヴィン名将物語3

2013-01-17 21:38:12
エルヴィン @erwin_fake

パットンはこの際電撃戦本家のドイツ軍顔負けの進軍をしており、2週間で約1000キロ近い距離を移動している。この時も発見した敵の拠点は機動力を生かして多くの拠点を無力化して攻略していったようだ。 #エルヴィン名将物語3

2013-01-17 21:39:03
エルヴィン @erwin_fake

しかし・・・パットンもガソリンを含めた補給物資の不足には勝てずに1944年の8月にフランスのロレーヌ地方で進撃を停止するはめになる。様々要因が重なり補給が滞ったわけだが、『物資がしっかり来ていたら12月までに終わらせられたのに』と愚痴をこぼしていたとか。 #エルヴィン名将物語3

2013-01-17 21:40:20
エルヴィン @erwin_fake

パットン最後の活躍はバルジの戦いである。パットンが指揮していた第3軍の北方でドイツ軍の攻勢が開始された。この際直感で軍を北方へ急遽転進させた結果バストーニュを死守していた第101空挺師団を救出している。 #エルヴィン名将物語3

2013-01-17 21:41:35
エルヴィン @erwin_fake

ドイツ軍の攻勢が開始された後アイゼンハワーに軍をどれぐらいで北方へ進撃させられるかという質問に『48時間以内には可能である』と回答はしているが先にも述べたように直感で北方へ転進していたので局地的にではあるが19日時点で反撃が始まっていたようだ。 #エルヴィン名将物語3

2013-01-17 21:44:13
残りを読む(30)

コメント

PlatoonLeader @442ndCombatTeam 2013年1月18日
「軍神は正義の味方だ。正義とはすなわちパットンだ!」「私は神から能力を与えられている!」「戦え!一歩でも引くものは撃ち殺す!」「勝利を得ぬものは一兵も帰ることを許さぬ!」「卑怯者とウソつきは米国陸軍には不要だ!」・・・個人的には絶対、部下にはなりたくないタイプ。
0
ワス @wsplus 2013年1月18日
お墓がルクセンブルグ王国のハムの米軍墓地なのが泣けます。米国に帰らず、「部下と一緒に埋めてくれ」という本人の希望だったそうで。
0