Togetter/min.tを安心してお使い頂くためのガイドラインを公開しました。
2010年9月2日

ぼくの考えた「黄昏ティータイム」

 けいおん!×黄昏流星群!  誰得の荒野に一人逝くtouya01の姿を見て編者であるaramotokeiはこう叫ぶのであった。「もうわかったいいからお前寝ろ」。
2
トウヤレイイチ @touya01

もし、弘兼御大の黄昏流星群で「けいおん!」を題材にしたら。

2010-09-02 21:23:56
トウヤレイイチ @touya01

主人公は40半ばから後半のオッサン。家庭を持つも、妻との仲はかんばしくなく、セックスもここ何年と交わしていない。子供は今年、高校に入学したばかり。思春期を経て親子間の仲は冷え切っている。馬鹿にされた目で見られているのではないだろうか。オッサン、家に居場所は無い。

2010-09-02 21:26:27
トウヤレイイチ @touya01

いつものように残業を終えて、ちびちび居酒屋で一人酒を嗜み、いい気分になって駅を降りると、ふとそこに目に留まるストリートミュージシャンの少女……仮に唯とでも名付けよう。彼女の演奏を誰も聞こうとはせず、目の前を通り過ぎていく。冷たい時代。

2010-09-02 21:28:28
トウヤレイイチ @touya01

オッサンはふと若い頃を思い出す。「そういえば昔は俺もジャズバンドなんかをやってたよなあ」「場末のジャズバーでライブさせてもらったりも……」目の前には人が止まらずとも、懸命に歌う唯の姿。目頭を熱くしたオッサンは財布の一万円札を、ギターケースに放り込む。「!?」驚く唯。

2010-09-02 21:30:03
トウヤレイイチ @touya01

「こ、こんな大金受け取れません!」「いいんだ、昔を思い出させてくれたお礼だよ」「おじさんも昔バンドをやってたの?」「ま、まあそれなりに」……そんな感じに話が弾む。以来、帰宅時に唯のストリートライブを見に立ち寄り、世間話やギターのレッスンをするのがオッサンの日課になった。

2010-09-02 21:32:10
トウヤレイイチ @touya01

オッサン。若い頃に使ってたギターなんぞ出したりして、弾いてみる。「ご近所迷惑でしょ!」などと奥さんに叱られたり。息子にバカにされたり。家庭に居場所のないオッサンは、唯との会話の時間に「ぬくもり」を覚えるようになる。弘兼法則によりいつしか惹かれあう二人。

2010-09-02 21:35:14
トウヤレイイチ @touya01

そして、ついに二人はホテルで身体を重ねる仲になってしまう。数年ぶりのセクロスに興奮するオッサン。「ウチの妻とは肌のハリも全然違う……!」とかなんとか。

2010-09-02 21:38:04
トウヤレイイチ @touya01

ピロートーク。オッサンが唯に昔語り。ジャズバンドをやってた頃の夢、そして挫折。「武道館でライブとか大それたこと考えてたよ、はは」「ううん、素敵だと思う。わたしもいつか武道館でライブするんだ」……そんなおだやかな関係も長くは続かなかった。

2010-09-02 21:39:35
トウヤレイイチ @touya01

@orinoma 基本、唯だけなんですが、名前はあくまでも仮称なので澪でもあずにゃんでも構いません。

2010-09-02 21:40:11
トウヤレイイチ @touya01

残業代少ない癖に帰りの遅いオッサンを怪しんで、妻が興信所を雇っていたのだ! オッサンと唯の関係が白日の下に晒されてしまう。怒り狂った妻は、自らの夫を「援助交際」「児童買春」の罪で警察に通報する。逮捕されるオッサン。妻や息子と面会するも、散々に罵倒され、ロリコンと罵られる。

2010-09-02 21:42:28
トウヤレイイチ @touya01

そして離婚。慰謝料として家も財産も奪いつくされ、勤め先の会社からもクビを言い渡されてしまう。何もかもを無くしてしまったオッサン。

2010-09-02 21:43:27
トウヤレイイチ @touya01

幸いにもオッサンが起訴されることはなかった。しかし、出所したオッサンは何もかもを失っている。これからの人生をどうしたものか……絶望に暮れながら、外に出ると――そこには唯が待っていた。一人、背負ったギターケースとは別に、もう一つのを抱えて!!

2010-09-02 21:46:12
トウヤレイイチ @touya01

驚き目を見開くオッサンに、唯が一言―――「おかえりなさい、ご主人様」

2010-09-02 21:48:10
トウヤレイイチ @touya01

って、こりゃメイド喫茶の回だった

2010-09-02 21:48:22
トウヤレイイチ @touya01

驚くオッサン。唯の抱えるギターはオッサンが若い頃使っていたものであった。離婚した彼の妻に、唯が頭を下げて譲り受けてもらったらしい。何もかも失ったと思っていた……だけど、そうじゃなかった……俺には、俺には「音楽」が残っている。それと、唯が――

2010-09-02 21:50:22
トウヤレイイチ @touya01

決意新たに受け取ったギターケースを背負うオッサン。そんな彼の手を引っ張る唯が、言う――「さ、おじさん行きましょ!」「い、行くってどこに!?」

2010-09-02 21:51:41
トウヤレイイチ @touya01

唯「勿論、武道館へ――」

2010-09-02 21:51:56
トウヤレイイチ @touya01

ぼくのかんがえた黄昏流星群。「黄昏ティータイム:完」

2010-09-02 21:52:35
トウヤレイイチ @touya01

最後は、夕日に移る一番星かなんかが、流れ星のように落ちていく、いつもの弘兼オチで。

2010-09-02 21:53:42
トウヤレイイチ @touya01

このエピソード。風呂に入る十数分で考え付きました。それでも何とか黄昏流星群っぽい体裁は整ったかなあ。

2010-09-02 21:55:27
滝沢千円 @Taki1000

@touya01 これが黄昏じゃなくてシマコーだと、このおっさんはそのまま琴吹財閥に拉致られて河に浮かぶな(笑

2010-09-02 22:00:09
トウヤレイイチ @touya01

@Taki1000 シマコーだと、商談でムギと知り合ったシマコーが放課後ティータイムのライブを見に行ったりして、ううむ最近の若い子はよく分からん……とか言いながら、ライブ後の打ち上げにディナー誘ったりとかなんとか?

2010-09-02 22:09:23
トウヤレイイチ @touya01

みんなも「ぼくのかんがえた黄昏流星群」をやろうよ! 一番吹っ飛んだエピソード考えた人の勝利。

2010-09-02 22:11:23
残りを読む(5)

コメント

コメントがまだありません。感想を最初に伝えてみませんか?