編集可能

NHKクローズアップ現代「ガバメント2.0 市民の英知が社会を変える」への真摯な意見

様々な立ち位置からの多くの意見をまとめました。 色々言われるのは解っていても隠さずに取材に応じられた千葉市役所はとにかく素晴らしかったです^^。
政治 住民参画 自治 田坂広志 クローズアップ現代 アプリ ガバメント
19
NHKクローズアップ現代公式ページ「ガバメント2.0 市民の英知が社会を変える」

http://www.nhk.or.jp/gendai/kiroku/detail_3326.html

 

参考資料 出演の田坂広志さんのブログ

http://blog.hiroshitasaka.jp/

ウェブ技術者と地域行政が出会うプログラム~「コード・フォー・アメリカ」の試み

http://gendai.ismedia.jp/articles/-/1786
 優秀なウェブ技術者を集め、選ばれた各地方都市の既存の行政サービスを改善するために、ウェブアプリケーションの開発をしてもらう、期間限定のプログラムのことです。

「オープンデータ」の普及で何が変わるのか? オープンデータとハッカソンの可能性と課題

http://enterprisezine.jp/iti/detail/4621
 オープンデータとは主に、誰でも利用できる/アクセスができる、再利用や再配布ができるデータを示す。
 ハッカソンとは「Hack」と「Marathon」を合わせた造語で、短期間でプロトタイプを作るような開発プロジェクトだ。

千葉市総務局 情報経営部 業務改革推進課

http://www.city.chiba.jp/somu/joho/kaikaku/index.html
この課が推進しているようです。

なんと日本政府(総務省)は8年前にガバメント2.0的な事に早くに気付いていました。「ICT住民参画」は、ほぼガバメント2.0

http://www.soumu.go.jp/denshijiti/ict/general-remarks/1-1.html

以下、皆さんのツイート
熊谷俊人(千葉市長) @kumagai_chiba
千葉市はオープンデータの活用に向けて民間や地域の方々と様々な試みを始めています。そうした取り組みについてNHKのクローズアップ現代で取り上げられることに。放送日は4月1日(月)午後7時半からの予定で、千葉市が少しだけ紹介されます。http://t.co/r0zK9tp00g
社会起業家フォーラム(JSEF) @j_sef
田坂広志代表(@hiroshitasaka)が、本日1日(月)19時30分から20時に放送されるNHK総合「クローズアップ現代」に出演し、「ガバメント2.0 市民の英知が社会を変える」というテーマで語ります。番組詳細⇒ http://t.co/ArwDtwhcop
Yumiko Yamaguchi @clione
本日19:30より(再放送0:10~)放映→「ガバメント2.0」のために | クローズアップ現代 スタッフの部屋:NHK “アメリカだけでなく、日本でも試みが始まっている「ガバメント2.0」。番組では千葉市の試みも紹介されます。” http://t.co/AgqbJIeWJi
庄司昌彦, Masahiko Shoji @mshouji
千葉のオープンデータデイで活用されたFix My Street。オープンガバメントとはどういう事かを考えるのにもいいサービスだと思う。→FixMyStreetでガバメント2.0を始めよう! http://t.co/MObaFJW8jq @okfjさんから
Masanori Kusunoki @masanork
気になる!けど間に合わない。録画しなきゃ / “「ガバメント2.0」のために | クロ子のプレビュー見学記 | クローズアップ現代 スタッフの部屋:NHK” http://t.co/DqudEhmcqt
OgaruChacco @odate_okuzo
クローズアップ現代 ガバメント2.0 市民の英知が社会を変える http://t.co/lQFLvyd7ky スマートフォンを使って政策決定に簡単に参加できるアプリや、公共サービスの担い手になってもらうアプリなどが次々と開発され、行政の効率化に大きく貢献している。
番組スタート
matsunoyutaka @matsunoyutaka
クローズアップ現代「ガバメント2.0 市民の英知が社会を変える」スタートなう!
えすぴー @espilab
Op曲変わったクロ現、「ガバメント 2.0」 #nhk むしろ NHK 2.0 が見たい
りん @bouenkyou
TEDでガバメント2.0の話見たな #nhk
満太くん @mantakun
今日のクローズアップ現代良いんじゃなかろうか。ガバメント2.0
Kazuyoshi Kitano @kaz_kitano
テクノロジーを使って市民参加を促進する「ガバメント2.0」面白い特集 #NHK
霜月 不知夜 @ri_l_m
ガバメント2.0…… 住民のレベルが住民の生活水準に直結するってことにならないかな。進み過ぎると一極集中を助長することになりそう
大橋修吾|Shugo Ohashi @shugoohashi
ガバメント2.0!!TEDでも有名なCode for Americaの活動が初歩的なステップな気がする。政治とITの交わりはまだまだ期待できるね。 #nhk #kurogen #クローズアップ現代
ヤーナー @ty760
今夜のクローズアップ現代、ガバメント2.0。なんだか面白そうだ。 #nhk
Kazuyoshi Kitano @kaz_kitano
社会参画したい人がテクノロジーを駆使したら、「ガバメント2.0」ができた。2つの欲求をつないだところに、イノベーションが起こる。 #NHK
taka-futago¡sh! @25moccos
ガバメント2.0って良い試みだと思う。核家族化が始まりでバラついてきた社会をデジタルで纏まりをつける素晴らしい取組ではないだろうかと。
y2k(過去ログ) @werkself_WSZD
今、NHKでガバメント2.0の話してる。ちょうど、去年のfacebook学会のテーマが地方自治2.0なのを思い出した。恐らく市長も、必ずチェックしてるだろうな。#たけお問題
k0418 @0418kkk
クローズアップ現代「ガバメント2.0 市民の英知が社会を変える」 地域の問題をアプリで解決▽ネットでつながる「市民パワー」を活用した次世代の行政サービスとは▽オバマ大統領も進める「市民参加」の政策▽日本でも始まった試みの成果は #NHK #クロ現 #クローズアップ現代
Minsk ◢͟│⁴⁶ @HumpbackW
クロ現がまた、面白いなぁ。ガバメント2.0か。スマートフォンのアプリで、市民が行政を変えるか。#NHK
スーパープレゼンテーション @nhk_superpresen
今日のクローズアップ現代では「ガバメント2.0」がテーマですね。「スーパープレゼンテーション」でも「コード・フォー・アメリカ」を取り上げました!詳しくはこちらhttp://t.co/kqaMNhZ0Wz
残りを読む(163)

コメント

NPO SOIGA @npo_soiga 2013年4月1日
いっぱい追加・更新しました。
欠点’s @weakpoints 2013年4月2日
自治会やライオンズクラブとかが通報・補修の担い手だったりするね(高齢化で人手不足と聞くが)
superspeed1963 @superspeed1963 2013年4月2日
「クローズアップ現代」ガバメント2.0の理念は素晴らしいと思うが、言及されている役所・役人だけでは無く、住人側に受け入れにくい状況にあると思う。積極的に参加したい人が歓迎されるように実験の場が欲しい。過疎地とか高齢化が進む地方自治体こそ手を挙げて欲しいのだが。
マルンボーリ @tandaji 2013年4月2日
IT技術を役場に導入しても、それを扱う役人達のリテラシーが低いので、上手く扱えずに宝の持ち腐れになる事が多い。若い公務員ですら結構ヤバいのだから相当なもんだぜ。
NPO SOIGA @npo_soiga 2013年4月2日
深夜の再放送分の意見もいっぱい追加・更新しました。
matsui atsushi @matsui21Leo 2013年4月2日
(その1)ガバメント2.0というパソコンや携帯電話のためのアプリがあることを知り、大変興味深く番組を拝見しました。 今から十年以上前に、ドイツ連邦外務省が編集協力して11ヶ国語で世界のほとんどの国で出版している『DEUTSCHLAND』という雑誌(1999年第6号:西暦2000年特集)に、フォン・ペーター・グロティアン教授とヘルムート・サイガー氏が夫々「労働の未来」と「営利労働から市民社会プロジェクトへ」と題する文章を掲載していました。(つづく)
matsui atsushi @matsui21Leo 2013年4月2日
(その2)世界中を覆いつつある少子高齢社会の中でなかなか克服できない失業問題や、増大する高齢者の新しい生き方に一つの道筋を示すものであると大いに意を強くしたことを思い出します。原文を取り寄せて読み、英文では「Civic Work」と、日本語では「非営利の労働」と記載されている新しい労働の形に私は大変興味を覚えて、会う人毎にこの記事のコピーを差し上げたのです。(つづく)
matsui atsushi @matsui21Leo 2013年4月2日
(その3)その後、民主党政権時代に「新しい公共」という言葉が広がるような兆しがありましたが、言葉の中身がつかみ所がなく、社会の変化はまだ大きくはありません。 このたび、クローズアップ現代でガバメント2.0についてアメリカ発の新しい動きや、それを追って日本でも始まっている新しい動きを報道しておりましたが、長所や短所の議論に埋もれてしまう前に、もっと積極的に新しいことに挑戦するよう、メディアが率先して論陣を張ってほしいと思います。(つづく)
matsui atsushi @matsui21Leo 2013年4月2日
(その4)いつものことながら、日本ではいち早く話題になり皆が興味を示すのですが、社会の変化に結びつくまでには、どの国よりも遅く、今日のグローバリゼーションの世界で取り残されてまいりました。(つづく)
matsui atsushi @matsui21Leo 2013年4月2日
(その5)どうか一時の「ニュース解説」で終わることの無いように、市民(納税者)とガバメント(負託を受けた組織)とが新しい関係を構築し、市民自らが行動する社会の実現にメディアやネットが大きな役割を果たすように、「行動」してください。市民が参加できる社会こそが(すぐ手の届くところに来ている)新しい未来社会であると信じています。 (東京都・男性・69歳)
なみへい @namihei_twit 2013年4月8日
これは、見たかったなぁ、うぅ。とりあえず、まとめの中で挙げられてるような懸念は、やりようによってどうにでもできると思いました。また、浸透し定着するには根気よく続けていくしかないだろうな、とも。最大のメリットは、問題発覚、情報収集、状況把握、初期アプローチまでが随分と早くなること、、市民と役所役人の距離が縮まる(市民には行政への参加意識、役人には市民の生活視点がもたらされる)こと、最大の懸念は、サービスシステムがダウンしないための、あるいはダウンしてしまった時の対策でしょうか。
なみへい @namihei_twit 2013年4月8日
『なんと日本政府(総務省)は8年前にガバメント2.0的な事に早くに気付いていました。「ICT住民参画」は、ほぼガバメント2.0』 狭い箱の中にノミを閉じ込めておくと、箱の高さまでしか飛ばなくな(ごにょごにょ 
ログインして広告を非表示にする
ログインして広告を非表示にする