編集部が選ぶ「みんなに見てほしい」イチオシまとめはこちら

July Tech Festa C21: Gitのワークフローとアクティビティ

2013/07/14に開催されたJulyTechFesta その中のセッション「 Gitのワークフローとアクティビティ」に関連しそうなtweetをまとめました。 スライド→https://speakerdeck.com/yasuhiro/git-falsewakuhurotoakuteibitei
1433view 0コメント
このまとめをお気に入りにして応援しよう!
0
Yoshikazu GOTO @goto_ipv6
浅香さんによる「Gitのワークフローとアクティビティ」です。 #techfesta
Yoshikazu GOTO @goto_ipv6
浅香さん:Gitのワークフロー: ・中央集権型:Subversionなど ・統合マネージャ型:各自がメンバーに公開するためのリポジトリを持っており、マージするマネージャがいる ・監督と補佐型:Linux Kernel。Dictatorが、取り込むかの判断を #techfesta
Yoshikazu GOTO @goto_ipv6
浅香さん:git-flow: ・分散かつ中央集権型のワークフロー →メンバー間をパブリックはリポジトリを通じてやり取り →マスターとデベロップというリポジトリを準備 #techfesta
Yoshikazu GOTO @goto_ipv6
浅香さん: ・開発中のメインブランチ:Develop ・Debelopから分岐して作成、使い終わったら削除される ・Debelopから分岐して作成される、製品リリースのためのReleasesブランチ #techfesta
Yoshikazu GOTO @goto_ipv6
浅香さん:Github Flow: ・masterはいつもすぐにデプロイ可能 ・新しい作業を始めるときは、説明的な名前でブランチをmasterから作成 ・ローカル上で作成したブランチにコミットし、サーバーの同じ名前のブランチへも作業内容を定期的にpush #techfesta
Yoshikazu GOTO @goto_ipv6
浅香さん: ・フィードバックや助言がほしい時、ブランチをマージして欲しいと思ったときは、Pull Requestを作成する ・他の誰かがレビューをして機能にOkを出してくれたら、コードをmasterへマージすることができる #techfesta
Yoshikazu GOTO @goto_ipv6
浅香さん: ・masterにマージされたらデプロイできる #techfesta
Yoshikazu GOTO @goto_ipv6
浅香さん:Github Flow in the Browser: #techfesta
Yoshikazu GOTO @goto_ipv6
浅香さん:アクティビティとグラフ: #techfesta
Yoshikazu GOTO @goto_ipv6
浅香さん: ・Githubでも、4月くらいにPulseがリリース ・関係者の動きがわかる #techfesta
Not Found @hihumi015
GitHubのUIってコロコロ変わるよね。 #techfesta
Yoshikazu GOTO @goto_ipv6
浅香さん:GitLab: ・リポジトリから取れる情報を使って、リファレンスとかを使って、グラフを作っている。 #techfesta
Yoshikazu GOTO @goto_ipv6
浅香さん:Gitstats: ・僕が好きなもの #techfesta
Daisuke Ikeda @ike_dai
GitLab v5.3ではアクティビティのグラフ化機能があるのか! GitLabすごい開発進んでるなー。また試してみたいな。#techfesta
Yoshikazu GOTO @goto_ipv6
浅香さん:つくってみた: ・zshを使って ・リビジョンのリストを数えて ・stats-branchコマンド ・git ls-branch #techfesta
Yoshikazu GOTO @goto_ipv6
浅香さん: ・GitHubでも、誰が何をやったか見れる ・GitLabでも。 ・Bitbucket:メンバーの活動を把握 ・GitのUpdateフックの部分で、渡ってきた情報を、Rubyのサーバをたちあげて、それに突っ込む #techfesta
残りを読む(3)
ログインして広告を非表示にする
ログインして広告を非表示にする