よいこ大賞結果発表

よいこ大賞の結果なのです。 よいこ大賞 http://togetter.com/li/517567
ツイノベ
naholograph 1430view 2コメント
9
ログインして広告を非表示にする
  • よいこ大賞、よいこ大賞です。
    さてさてとうとうこの日がやってきました。正直こなきゃいのになーなんて思ったりもしてたんですが、頑張ったし楽しかったからみんな一等賞!なんてことにはいたしません。
    ただし何度も申し上げますがこの賞の基準は、

    「好き」のみです。

    では、参りましょう。

  • 七歩 @naholograph 2013-07-31 20:46:41
    よいこどうとわるいこどうがあるってホント?ねえ、ホント?つまりそれってよい人生とわるい人生、それぞれあるってことかしら。五月蝿い君に僕は答える。わるいこどうなどありゃしないのさ。そうさ、#twnovel さえ紡げばね。 http://t.co/AZCr4SuXBy
     拡大
  • 結果発表                
  • よいこ大賞

    文字通り、この大賞のトップ。そう、金メダリストです。
    私的には一番地位が高いんですが、貴方にとってはどうでしょうか。
    私の好きだけです。好きだけでしか選んでません。
    だって好きなんだもん。そんなラブい賞です。

  •   --------------------------------------------

  • ぜに @zeniqui 2012-08-04 08:25:14
    #twnovel 濁った沼や川の底に縄張りを統べるヌシがいるように、味噌汁にもヌシがいる。食卓の上でお椀を踊らせたり、ごはんを美味しくしたり、日々奇跡を起こしている。その姿は豆腐のようでワカメのようで蜆のようで万能葱のようであると伝わり、判然としない。その正体は、神のみぞ知る。
  • 「ヌシですよ。ヌシ。意味がわかりません。 この状況をまるで当たり前みたいに続け、最終的に神のみそしるとのダジャレ落ち。完璧です。完璧なツイノベなのです。140字の小宇宙です。だってもう味噌汁飲むたび思い出しちゃうでしょ?140字の枠を超える世界観が褒められがちですが、そうなのかなって思うことがあります。140字ピッタリの世界観。私は過不足ない、ツイノベでしか存在し得ない、そんな世界が大好きなのです」

  • よいこ小賞

    つまり銀賞ってやつです。
    最初はひとつだけ選ぼうと思っていたはずなのですが、気がついたらこんなに。さすがにこれ以上はと踏みとどまりました。
    微妙な差で選べなかった作品も実はあったりするんですが、逆に言えば、その状況で選ばれてしまうこの3作品はやっぱりスゴイのです。

  •   --------------------------------------------

  • キヨシロウ @kiyoshiro_aoi 2013-02-26 22:30:47
    #twnovel 草原の片隅。死骸の前にハイエナが一匹佇んでいる。「旨かったんだ、こいつ」見ると食える部分などもうない。次の獲物でも狩りに行けよ。「いやこいつほど美味い肉にはもう出会えない。しかも腹ぺこで動けない」だめだな、ほうっておこう。「でも本当に旨かったんだぜ、こいつ」
  • 「ダメ押しの最後の台詞がものすっごい効いてますね。この後味の悪さ。たまらないです。軽やかに寓話を作るのってとても難しいと思うんですが、「昔こういう 話があってね」とこの話を紹介されたとしても思わず納得しちゃうくらいのデキなのではないかと思います。もしも私がボケてしまった時に、こんな話があってね、な~んてことを孫子に聞かせる可能性はありですね」

  •   --------------------------------------------

  • おやすみ前の夢物語(休止中) @23novel 2012-04-28 23:20:45
    #twnovel 市バスに、子狐が乗っていた。ちっちゃな手に、薬局のビニール袋をぎゅうっと握りしめている。ふさふさのしっぽを他の乗客たちと必死に無視し、ピンポンと鳴る降車ボタンや、葉っぱの券にうなずく運転手や、転がるように駆けていく背中を、祈るような気持ちで見送った。
  • 「こういう童話的な物語ってツイノベにはとても似合うと思っているんですけれどみなさまいかがでしょう。これは実に絶妙な物語です。この続きを書くこ とはできるし続きが気になるところではあるんですが、ここでやめているところが上手いのです。そしてここで綺麗終わる正当な理由としての人間視点。そして 140字制限。ツイノベならではのとても緻密な童話だなと思います」

  •   --------------------------------------------

  • 水木ナオ @nayotaf 2011-01-04 20:05:30
    幼馴染の引越す日。「これ」彼女がペットボトルのコーラを差し出した。と、それを全力で振りやがった。「後で飲めば?」けらけらと、彼女は去っていった。3日後、冷蔵庫から出したそれを飲んで、ふと。慌てて飲み干した、透明の空ボトルには、黒いマジックで。『ずっと好きでした』 #twnovel
  • 「この物語を読む前に、これ[:http://matome.naver.jp/odai/2135584135915079901] を読んでいたので尚更おおっと思いました。コーラで告白という方法自体もいいんですが、それよりも何よりも、振っちゃうところですよね。ここなんですポイントは。振 るんです。しかもそれが自然なんです。ああっ。誰ですかこのツンデレ。可愛いは正義です。こういう可愛さは現実ちょっと鬱陶しいなと思っちゃうほうなんですけれど、ツイノベだったらウェルカムです」

  • よいこ特別賞

    よいこ大賞の基準は「好き」。その方針は絶対で大賞も小賞も「好き」なものを選んでます。
    ですがこれってどう いうことでしょう。どうしてもどうしてもどうしても、ほおっておけない作品があるじゃないですか。
    悩みました。ルールを変えることになりかねないからです。悩みまし た。そして、「じゃ、そういう賞を作っちゃおう!」解決。この賞は、「好き」だけでは語れない、もしかしたら未来の好きかもしれない未知に捧げる賞なのです。

  •   --------------------------------------------

  • らし@テキレボ5委託 @rashi_catwillow 2013-06-18 12:45:34
    #twnovel 遭難した宇宙飛行士が涙をこぼした。涙は豆粒ほどの星に注いで海となった。海から生まれた生命は得体のしれない悲しみを宿したまま進化し、文明を発達させて銀河にロケットを飛ばした。鼻先にあらわれたロケットを見て宇宙飛行士は46億年ぶりに微笑み、やがて静かな眠りに就いた。
  • 「ある意味自由すぎる、そしてある意味なんて完璧な、もの凄い説得力と世界観。好きか嫌いかで問われたならば、正直なところどちらでもないのです。ただ、凄い。とにかく完璧なのです。完璧って私にとってはもの凄い褒め言葉で時々使うんですが、とにかく完璧。素晴らしいのです。まだ恋もしていないうちから愛してしまうみたいな。そんな危険な物語なのです」

  •  

  • よいこde賞

    意外とみなさんこだわってくださった「よいこ大賞」というネーミング。よいこ大賞のために書かれたツイノベの中で一番ブラボーなものに捧げる賞です。

コメント

カテゴリーからまとめを探す

「社会問題」に関連するカテゴリー