10周年のSPコンテンツ!
1
斎藤環 【新刊】『オープンダイアローグがひらく精神医療』 @pentaxxx
本日は東京武蔵野病院精神医学研究所創立70周年記念講演会。テーマは「ひきこもりと”現代型うつ”」。時間を読み誤って発表が尻切れトンボに。
斎藤環 【新刊】『オープンダイアローグがひらく精神医療』 @pentaxxx
結論を要約すると、精神障害の病因が「承認」と「適応」に一元化したため、不安も悲哀も葛藤もすべて「感情障害(うつ)」か「発達障害」へと集約されてしまいつつある、ということ。だから10年間でうつ病人口は二倍近く増加し、逆に統合失調症は激減したのであろう、と。
斎藤環 【新刊】『オープンダイアローグがひらく精神医療』 @pentaxxx
そういうわけで、とりあえず良くわからない患者には双極性障害を疑って抗精神病薬を出しておけば大ポカはない、という状況になった。軽症化とともに大半の病気はサブクリニカルなレベルに拡散し、外来は「うつ」が、病棟は認知症が席巻することになる。
斎藤環 【新刊】『オープンダイアローグがひらく精神医療』 @pentaxxx
認知症と言えばLewy小体型認知症(DLB)に関する筑波大学の水上勝義教授の研究成果を紹介しようとしてど忘れしていた。思い出したのでメモしておこう。DLBはその名が知られるようになってから認知症全体に占める割合がどんどん増えている病気。
斎藤環 【新刊】『オープンダイアローグがひらく精神医療』 @pentaxxx
DLB では一般の呼吸機能検査には異常が出ないが、高炭酸換気応答検査では異常反応を認める。通常は吸気の炭酸ガス濃度が上がれば換気量が増えるのに、DLBではこの反応が起こりにくいのだ。これはDLBの検査として診断価値が高いとのこと。
斎藤環 【新刊】『オープンダイアローグがひらく精神医療』 @pentaxxx
話変わって、フランソワ・オゾン監督の「危険なプロット」鑑賞。ウディアレン風味のメタフィクションと思わせて、斜に構えたフランス文学擁護。クロードとジェルマンの関係は、ランボー×ヴェルレーヌもしくはラディゲ×コクトーのパロディだろう。
斎藤環 【新刊】『オープンダイアローグがひらく精神医療』 @pentaxxx
しかしフランスは自文化中心主義の最後の拠点みたいだ。アメリカ総本山の現代アートのdisられっぷりときたら。ジェルマンの妻が売り込みに躍起となる中国人アーティスト(空と雲ばかり描いている)は、たぶん杉本博司「海景」シリーズへのあてこすり。
斎藤環 【新刊】『オープンダイアローグがひらく精神医療』 @pentaxxx
セリーヌ『夜の果てへの旅』の”用途”はなかなか笑える。文学は終わった。しかし本当は、まだ終わったことが信じられない。ここで「文学」を「大きな物語」に置き換えるなら、この映画の笑いは全員で共有できる。
斎藤環 【新刊】『オープンダイアローグがひらく精神医療』 @pentaxxx
そういえば講演会では風野春樹先生にひさびさにお会いできた。ご恵送いただいた島清本http://t.co/w0HQAr8AFl にサインをいただく。島田清次郎の入院後の詳しい記述がことのほか興味深い。杉森久英本の「葦原将軍の侍従役」だったとの記述はウソだったらしい。
斎藤環 【新刊】『オープンダイアローグがひらく精神医療』 @pentaxxx
この本を読めば島田清次郎が本当に統合失調症だったのか疑わしくなる。妄想はあったがせいぜい悪質なストーカーのレベル(「本当は好きなくせに、何照れてんの?」みたいな)。むしろ入院後のほうが症状は悪化しているけど、長期間閉鎖病棟に収容されたことによる医原性の問題では?
斎藤環 【新刊】『オープンダイアローグがひらく精神医療』 @pentaxxx
「新型うつ」をめぐるシンポジウムを開催します。私が基調講演担当。http://t.co/3xYZ7ZUCvZ 11月16日(土)13時30分~17時00分(12:30開場) 会場は科学技術館(千代田区北の丸公園2-1) 井原裕先生、宮岡等先生という豪華ゲストも参加されます。
斎藤環 【新刊】『オープンダイアローグがひらく精神医療』 @pentaxxx
井原裕先生(獨協医科大学・越谷病院こころの診療科教授)「新型うつ病と激励-若者の闘争本能に働きかける」  宮岡等先生(北里大学医学部精神科教授)「『新型うつ病』の診断と支援」 (発表順)私を含め”SSRIに頼りたくない派”の発表になりそう。楽しみです。
斎藤環 【新刊】『オープンダイアローグがひらく精神医療』 @pentaxxx
そしてこれも。11/29 (金)19:00 - 21:00 斎藤環×pha「ニートの真相――金と幸福の倫理学」(仮)五反田ゲンロンカフェ @pentaxxx @pha http://t.co/dVrRtlIeY4 #genron #s_info phaさんとは初顔合わせ。
斎藤環 【新刊】『オープンダイアローグがひらく精神医療』 @pentaxxx
四谷アート・ストゥディウム閉校? の驚くべきニュース。事情はどうあれとりあえず言っておこう。 これはまれにみる文化的暴挙であり歴史的愚挙であると。生徒有志による「存続」をめざすウェブサイト http://t.co/Uzh7MT3lOg 
斎藤環 【新刊】『オープンダイアローグがひらく精神医療』 @pentaxxx
四谷アート・ストゥディウムの閉校はあらためて信じがたい。近畿大学の見識を疑う。芸術系の大学をぜんぶひっくるめて、近年あれほどの顕著な成果を挙げたスクールがどれほどあるか。第2のブラックマウンテンカレッジたりえた場所が… ちなみに僕も一回だけ講義を担当したことがある。
斎藤環 【新刊】『オープンダイアローグがひらく精神医療』 @pentaxxx
あの名著『芸術の設計』(フィルムアート社)は近畿大学学内の研究助成金(刊行助成)を得て書かれた。コンピュータを制作に導入することで、まったく新しい技法と批評の言葉が生まれる。「ベクター」と「ビットマップ」の対比とか、ずいぶん引用させて貰った。
斎藤環 【新刊】『オープンダイアローグがひらく精神医療』 @pentaxxx
岡崎乾二郎氏が監修執筆した『美術手帖』(2008年8月号)も素晴らしかったが、これは四谷の芸術カリキュラムに基づいている。『芸術の設計』とともに、アーティストは必読の教科書でしょう。http://t.co/SVkP2iQzcd
斎藤環 【新刊】『オープンダイアローグがひらく精神医療』 @pentaxxx
猫町倶楽部もいよいよ最終回です。6回目ともなると名残惜しい…課題本は「キャラクター精神分析」 11/24(日)会場は東京ミッドタウン。お申込みはこちらから! http://t.co/mmiB0tJOKQ  次世代プレゼンテーションツールprezi を駆使したレクチャーは必見!
斎藤環 【新刊】『オープンダイアローグがひらく精神医療』 @pentaxxx
モーチーバの新譜が先月出ていたことに今更気付く。相変わらず良いですな。 トリップホップ系では一番好きなんだけど、なぜか日本ではいまひとつ。まずは荒木せんせいにスタンド名に使っていただかないと。http://t.co/GHxJ1Xzf0X(旧作)
拡大
斎藤環 【新刊】『オープンダイアローグがひらく精神医療』 @pentaxxx
あ、気付くのが遅れてすみません。こちらこそ、当日お会いできることを楽しみにしています。RT @pha こんにちは、はじめまして。イベントではよろしくお願い致します。
斎藤環 【新刊】『オープンダイアローグがひらく精神医療』 @pentaxxx
白書力作でしたね。もう少し多変量解析とかいろいろやってみたい。科研費とれるかも知れないので,一度打ち合わせを!RT @sodateage_kudo 白書の追加データと正誤表となります。今度、大学に遊びに行かせてください! http://t.co/9At2YjA7Cg … 
斎藤環 【新刊】『オープンダイアローグがひらく精神医療』 @pentaxxx
ありがとうございます。 RT @kawahara0909 twitterで無料で読めてしまうのが申し訳ないくらい…! RT @pentaxxx: 結論を要約すると、精神障害の病因が「承認」と「適応」に一元化したため、不安も悲哀も葛藤もすべて「感情障害(うつ)」か「発達障害」へと
斎藤環 【新刊】『オープンダイアローグがひらく精神医療』 @pentaxxx
来年1月13日には福山市で読書会。『世界が土曜の夜の夢なら』(角川財団学芸賞受賞!)。レクチャー用のスライドはさらにアゲアゲなものに仕上げる予定。 http://t.co/9fAR8STNn0

コメント

和木 慎一郎 @WakiShinichiro 2013年11月19日
なんでこんなに「異常者たち(phaとか)同士の馴れ合い集会所」になってしまうのか。 それなりに問題があって来る人が大半だろうに。 ほとんどの人には無関係な芸術の話題などを混ぜながら語る、この軽薄さアスペ・パラノイア臭さ。 世間知らずで未だに学生気分のふざけた精神科医たちに支援や激励(笑)はされたくないし、 観察されているかと思うと虫酸が走ると思う。
ログインして広告を非表示にする
ログインして広告を非表示にする