茂木健一郎(@kenichiromogi)さんの連続ツイート第1107回「メサイアで、立ち上がるべきか」

脳科学者・茂木健一郎さんの12月2日の連続ツイート。 本日は、12月になったので!
2
茂木健一郎 @kenichiromogi

連続ツイート第1107回をお届けします。文章は、その場で即興で書いています。本日は、12月になったので!

2013-12-02 07:46:02
茂木健一郎 @kenichiromogi

めた(1)私はゴルフをしたことがないし、これからもする予定がない。一つの理由は、グリーンに立った時のプレッシャーを想像してしまうからだ。何度も打って、失敗し、後のパーティーの方にご迷惑をかける、という場面を思い描いただけで緊張する。だから、行かない。

2013-12-02 07:47:14
茂木健一郎 @kenichiromogi

めた(2)もう一つ、今、想像して勝手に困っていることがある。それは、ヘンデルのオラトリオ『メサイア』に関すること。かつてロンドンのロイヤル・アルバート・ホールで聴いたのが唯一のライブ経験で、また行きたいと思うのだが、日本で行く時に、一つ迷うことがある。それは、何でしょう?

2013-12-02 07:48:18
茂木健一郎 @kenichiromogi

めた(3)『メサイア』は、本当に素晴らしい曲で、最初から最後まで、メロディも歌詞も際だっていて、隙が全くない。かつて、大英博物館には、楽譜の部門に、「メサイア」が展示されていた。ちなみに、隣はビートルズの楽曲の歌詞であった。それくらい、英国の人、そして世界中で愛されている。

2013-12-02 07:50:04
茂木健一郎 @kenichiromogi

めた(4)『メサイア』はドイツ生まれで、イギリスに帰化した人なので、英国人は、『メサイア』を、自分たちの国が(珍しく)生み出した世界的な楽曲とて誇りに思っている。聖書に取材した歌詞も、英語の美しさがとても活かされていてよい。だから、ロンドンで聴くメサイアには、格別な思いがあった。

2013-12-02 07:52:07
茂木健一郎 @kenichiromogi

めた(5)さて、ロンドンのロイヤル・アルバート・ホールでの『メサイア』での出来事。有名な「ハレルヤ」コーラスが近づいた時、私はそわそわしていた。本当に「あの事」は起こるのだろうか? 国王ジョージ2世が、「ハレルヤ」が余りにも素晴らしいので感激して、立ち上がったという故事。

2013-12-02 07:53:59
茂木健一郎 @kenichiromogi

めた(6)一つ前の「Thou shalt break them」のテノール独唱が終わって、いよいよ「ハレルヤ」だという時に、ホールを埋めた満員の観客が、一斉に立ち上がった。音楽が始まる前に立ち上がるのである。それを見届けて、指揮者(メニューインだった!)がタクトを振り下ろした。

2013-12-02 07:56:06
茂木健一郎 @kenichiromogi

めた(7)全員、立ったまま「ハレルヤ」コーラスを聴き、終わったら拍手して着席し、第二部が終わる。野球にたとえれば、全曲の「7回裏」のような感じなので、「7th inning stretch」のよう。とっても、いい感じだった。ちょうど、そろそろ背を伸ばしたい時間帯でもあるし。

2013-12-02 07:58:05
茂木健一郎 @kenichiromogi

めた(8)それで、私の悩みというのは、果たして日本の『メサイア』演奏でも、「ハレルヤ」のところで立ち上がるのだろうか、ということである。立ち上がったら、私だけで、目立ってみっともなかったり、周囲の人が「見えないぞ!」って文句言ったらどうしようと想像して、一人で怖がっている。

2013-12-02 07:59:43
茂木健一郎 @kenichiromogi

めた(9)メサイアには、モーツァルト編曲のドイツ語版もある。高校時代の畏友、和仁陽(私が今まで出会ったすべての人の中で、もっとも頭のいい男)は、「歌曲はだいたいドイツ語の方がいいが、メサイアだけは、原曲の英語の方がいいですね」と言っていた。みなさんもメサイア、聴いてみてください。

2013-12-02 08:01:19
茂木健一郎 @kenichiromogi

以上、連続ツイート第1107回「メサイアで、立ち上がるべきか」でした。ウィーンで上演された http://t.co/Zk3Bz3hG1o は、ステージでの演技つきの、異色の、素晴らしいメサイアです。特に、第二部の最後の「ハレルヤ」の手話の女の子の演技、泣かせます。

2013-12-02 08:03:15

コメント

hiroki nishi @amaosae 2013年12月4日
トラファルガー広場脇の有名な教会で連日コンサートが開かれ何回か「メサイア」にも行き、いつも2階回廊の安い立見から1階客席の人々が起立するのを眺めていたけど一度誰も立たない事があった。数人の客がキョドっているのが観察できて、ああ英国人にも同調圧力ってあるのだなと面白かった。
0
hiroki nishi @amaosae 2013年12月4日
その近くでENOが「メサイア」を舞台化したものにも行ったが、ずーっと曲に併せてハミングしてた隣席のお婆さんはコーラスで胸を反らして立ち上がった。最上階の安席だったがそういう人はチラホラという感じ。1階ストールとかでどうだったかは判らないが。
0