カテゴリー機能は終了いたしました。まとめ作成時にはタグをご活用ください。
47
iPatrioticmom @iPatrioticmom
「選択」2006年10月号 「日本会議──安倍の知られざる基盤 中核は宗教原理主義者」 以下抜粋「 八月二十九日に毎日新聞が、九月九日には東京新聞が、総裁の最有力候補と確実視されていた安倍晋三のブレーンに、「五人組」と呼ばれる人物のいることを、氏名・肩書入りで報じた。」
iPatrioticmom @iPatrioticmom
「野中広務・元自民党幹事長は、「どうもいまの安倍君のブレーンと言われる人の顔ぶれを見ると、一色なんだな。これがあぶなっかしげに見える」(『週刊朝日』九月二十九日号)と評した。しかし、どのような「色」があるというのか。  
iPatrioticmom @iPatrioticmom
それについては、いずれの新聞社も(あえて)書かない。しかし、右の東京新聞は、「五人組」の中心に下村博文衆議院議員がいたことを書いていて(毎日新聞の八月二十九日の記事も同じ)、これが重要なヒントになる。「日本会議」という団体との関連である。」
iPatrioticmom @iPatrioticmom
「日本最大最強の右派組織ー 下村博文から述べるのが手っ取り早い。彼は「日本会議国会議員懇談会」(以下「議員懇」、会長は平沼赳夫・元経済産業相)の事務局長を現在務めている。「議員懇」は超党派で、自民・民主などの国会議員二百四十八人が所属すると公称されている」
iPatrioticmom @iPatrioticmom
ところでこの「議員懇」、その名の通り、「日本会議」(会長は三好達・元最高裁長官)から寄せられる請願などに積極的に応える活動を国会で行うことを目的にしている。「日本会議」とは何かといえば、全国九ブロック四十七都道府県になんらかの組織をもつ日本最大の右派組織(推定二万五千人)である」
iPatrioticmom @iPatrioticmom
「その実質的な中心には、事務総長・椛島有三なる人物が座っており、活動は、①憲法改正、②教育基本法の改正、③靖国公式参拝の推進、④皇室典範改正への反対、⑤「ジェンダーフリー」批判、⑥日本人拉致被害者の救出、⑦イラク派遣自衛隊の激励活動、などである。」
iPatrioticmom @iPatrioticmom
「皇室典範改正に猛反対 ー 「日本会議」とその関係者が安倍新総裁のブレーンであることがなぜ注目されるのかといえば、最近のわかりやすい例に、皇室典範改正問題がある。」
iPatrioticmom @iPatrioticmom
「小泉前首相が、「皇室典範に関する有識者会議」の報告を受け、女性・女系の天皇に道を開く法改正を行おうとしたとたん、反対の動きを開始したのがこの団体だった。」
iPatrioticmom @iPatrioticmom
「彼らは「万世一系の皇室の伝統」を守り、男系の皇位継承を維持すべきとして、今年三月七日、日本武道館において「皇室の伝統を守る一万人大会」を打ち上げた。」
iPatrioticmom @iPatrioticmom
「集会への組織動員や議会への陳情など、ロビー活動においては、非常に大きな力をもっている。彼らは、皇室典範の改正によって、やがて「女系天皇」が生まれ、神武天皇以来の男系の血筋が天皇家から消えてしまう、これでは「万世一系の伝統」が失われると、猛反対を繰り広げたのである。」
iPatrioticmom @iPatrioticmom
「教育基本法について安倍と近いのが、やはり「日本会議」と「議員懇」である。  彼らは三百六十二万人の署名を集め、四百二十の地方議会決議を背景とし、「愛国心」「宗教的情操の涵養」などを明記した法案へ修正するよう求めて、今も激しく活動している。」
iPatrioticmom @iPatrioticmom
「アメリカのブッシュ政権と、彼の重要政策にかかわったネオコンと呼ばれる政治家たちを支えたのが、キリスト教原理主義と呼ばれる宗教右派であることはよく知られている。「日本会議」も、そうしたものと考えることで、もっとも手早く、かつ正確に理解することができる。」
iPatrioticmom @iPatrioticmom
「たとえば先の「皇室の伝統を守る一万人大会」の主要参加団体とは、次のようなものであった。「崇教真光」「霊友会」「解脱会」「念法眞教」「佛所護念会」「新生佛教教団」「東京都神社庁」「モラロジー研究所」「倫理研究所」など(順不同)。これに明治神宮と靖国神社の権宮司が名を連ねている。」
iPatrioticmom @iPatrioticmom
「これらの宗教組織は、「日本会議」が一九九七年に、「日本を守る国民会議」(運営委員長・黛敏郎)と「日本を守る会」との統合によって結成された際、後者を通して合流した団体であった。右の集会参加団体には、ほかに「軍恩連」「英霊にこたえる会」など、「日本を守る国民会議」の流れを汲む..」
iPatrioticmom @iPatrioticmom
保守系組織もあるが、こちらは老齢化が進んで動員力がない。現在、「日本会議」の組織と財政を支えているのは、宗教界のうち、右のような右翼的教団なのである。その中心は、右の「東京都神社庁」とその上部にある「神社本庁」である。」
iPatrioticmom @iPatrioticmom
「そして、それらを全体として束ねる指導層が、先に述べた「生長の家」元学生部のグループなのである。」
iPatrioticmom @iPatrioticmom
「極めて厳格な秘密主義 ー  ただし、これらの全貌は外部から容易にわからないよう、極めて厳格な秘密主義がとられている。「つくる会」の元会長である西尾幹二のブログには、「日本協議会」)の下部組織である「全日本学生文化会議」で活動した早瀬善彦の回想が載せられている。」
iPatrioticmom @iPatrioticmom
「私が入会して、一ヶ月ほどが経過したとき聞かされたのが、文化会議が伝統的に師として仰いできた四先生の教え、というものであった。それこそがまさに『三島(由紀夫)、小田村(寅次郎)、葦津(珍彦)、そして谷口(雅春、「生長の家」創始者)』の各氏であったのである。」
iPatrioticmom @iPatrioticmom
「ここであまりに奇妙だったのはこの四先生なるものの『教え』を聞いたとき、このことはある程度以上の地位に就いているサークル幹部にしか教えてはならないものであり、他の誰にも口外してはならないと厳しく言われたことであった。」
iPatrioticmom @iPatrioticmom
「四先生の名前とその教えが簡単に書かれたレジュメを渡され、皆で『葦津先生、三島先生、小田村先生、谷口先生のご遺志を受け継ぎ、天皇国日本の再建を目指さん』と何度も復唱させられるのである。さらに心許してきた学生に対しては『今度、尊師(谷口雅春)のお墓に行こうと』と誘い、」
iPatrioticmom @iPatrioticmom
「またより組織に定着してきたと思われる学生には谷口雅春の主著である『生命の實相』を読むように薦められる。」
iPatrioticmom @iPatrioticmom
「天皇信仰という思想(ドグマ)そのものも元を辿っていけば谷口雅春氏への帰依に行き着くのである。彼らはまた『いつ何時も天皇陛下が今何を考え、何を思ってらっしゃるかを考えて日々生きていけ』と説き、それこそが天皇陛下の大御心に従った正しい生き方である、と説く」」
iPatrioticmom @iPatrioticmom
「平沼の愛読書も『生命の實相』であり、「いつも車の中に」ある(平沼赳夫のオフィシャルホームページ)という。  日本の行方に不安がもたれる理由の一つには、このような勢力の台頭があるのである。」
iPatrioticmom @iPatrioticmom
選択 ウェブサイト はこちら http://t.co/51H0dACCzg 無料公開記事一覧 http://t.co/qPeBvDg13U 購読申し込みはこちら http://t.co/pyJW1s8467

コメント

iPatrioticmom @iPatrioticmom 2014年1月8日
まとめを更新しました。
とげとげ @togetoge10 2014年1月9日
よくわかりませんが、「無断転載」というやつでしょうか。
iPatrioticmom @iPatrioticmom 2014年1月9日
まとめを更新しました。
ログインして広告を非表示にする
ログインして広告を非表示にする