編集部が選ぶ「みんなに見てほしい」イチオシまとめはこちら

第39回 #1SS 日本に於ける写真とアートについての考察 -写真についてのあれやこれ-

恵比寿・広尾界隈を中心としたアート関係者及びアート好きな人々の為の月一定例会。1SSでのミニトーク 「日本に於ける写真とアートについての考察 -写真についてのあれやこれ-」のまとめ。 今回のトークゲストは柿島貴志さん(フォッタロット/ギャラリーPOETIC SCAPE代表) http://www.poetic-scape.com/ 続きを読む
アート
1684view 0コメント
このまとめをお気に入りにして応援しよう!
1
Takashi Kakishima @kakishima
#1SS というアート関係の勉強会で、私がお話させて頂くことになりました。4月5日(土)の20時頃から、TRAUMARIS さんで開催。日本に於ける写真とアートについての考察 をテーマに21時から一時間程度の予定です。宜しくお願い致します〜。
WAITINGROOM @waitingroom_
<本日開催!>第39回 #1SS は、本日20時頃からお馴染みTRAUMARIS さんで開催です。今回のミニトークは、POETIC SCAPEの柿島貴志さんをお迎えして「日本に於ける写真とアートについての考察」をテーマに、21時から1時間程度の予定です。
WAITINGROOM @waitingroom_
トークの前後はサロンタイムなので、集まった方々で交流してくださいね!入場は無料ですが、キャッシュオンでのワンオーダーをお願いしております。今回のお食事はカフェユニット L PACKさんですよ!第39回 #1SS は本日20時-24時 入場無料 @sTRAUMARIS
WAITINGROOM @waitingroom_
また、現在TRAUMARISでは、Taka Ishii Galleryでも個展開催中の武田陽介君の個展が開催中。新しい視点で写真表現を追求している作家で、今回のトークテーマにもぴったりな展示となっています。 #1SS
Takahiko Azuma @Az_Takahiko
【1SS】恵比寿トラウマリスにて毎月開催の1stSaturdaySalonは本日。ミニトークはPOETIC SCAPEの柿島貴志さん「日本に於ける写真とアートについての考察」をテーマに21時から1時間程度の予定 #1SS
Ryuichi Takeuchi @dragon1_
写真家は行ってみなよー。俺は行けないんだけどorz #1SS
丁esshin @iino_Te55hin
そっか今日1SSだ。帰ろうと思ったけど行こう。"@mokomoko1118: 次回 #1SS のトークテーマは「写真とアートについての考察」。くしくもトラウマリスでは春の武田祭り開催中で、展覧会も新進気鋭作家の写真作品。これ偶然。"
SUZUKI Kazushige @tokiooutofplace
え、来るでしょ? @dragon1_: 写真家は行ってみなよー。俺は行けないんだけどorz #1SS
tomoko ashikawa @mokomoko1118
今日の1SSの進行はカズ兄にお任せするので、カズファンはお見逃しなく!(私はツイート実況苦手なので、どなたかお願いします〜)
d_k @dk_art
1SSに行きたいけどやや疲れてるので悩み中。うーん。今日は東京画廊、小林画廊、メゾンエルメス、コバヤシ画廊、ギャラリー小柳、日動コンテンポラリー、ギャラリースチ、マリーギャラリー、スパイラル、ナンヅカ、西武渋谷、伊勢丹新宿。そりゃ疲れるわ(。-_-。)
d_k @dk_art
Bar Stay Goldという響きにつられてトラウマリスには行きそう、行き倒れなければ。
SUZUKI Kazushige @tokiooutofplace
本日の #1SS 既に人が集まってます!今夜のメニューは限定25食! L PACKさんのプレート! http://t.co/8ekLfNXiFF
 拡大
橋爪勇介 @hashizume_y
#1SS へ移動〜かなり酔ってます
吉田キョウ @kyo_yoshida
#1SS 今日はポエティックスケープの柿島さん!もともとはフォッタロットを始めた。日本国内で写真を売る土台を作りたかった。
吉田キョウ @kyo_yoshida
#1SS 今日はカズさんがしゃべってるー http://t.co/gn0lAM88zu
 拡大
吉田キョウ @kyo_yoshida
#1SS 柿島さんはロンドンの美大の写真学科を出ている。卒展をロンドンの真ん中で自費で開催した。ロンドンでは卒展でも作品がバンバン売れて行く。元々柿島さんは作家になりたかったが、マーケットをつくる方にまわった。
吉田キョウ @kyo_yoshida
#1SS ツァイト、PGIさんが写真に突出しているギャラリーを作った。しかしプリントを売るよりも、日本では展示よりも写真集を作りたい人が多い。
吉田キョウ @kyo_yoshida
#1SS 海外の方がタブロー文化。普通に友達の家にも作品が壁にかかってる。写真プリントは湿度と気温が日本の風土に合ってない、、、??
吉田キョウ @kyo_yoshida
#1SS 柿島さんのところは額装まで手がけている。作るところで止まってしまうので、魅せるところまで持っていく。プリントはペラペラの紙一枚。額装は作品の中でも大事な要素だよね。
吉田キョウ @kyo_yoshida
#1SS ごく一般の人に写真作品を買って欲しい。額があると嵩張るし、コレクターさんにはシートだけでいいかも。でも、やっぱり飾って欲しいし、初めての人がシートだけ買っても困ってしまう人が多いと知った。額装を提案してあげることが、結果的にお客様のためにもなる。
吉田キョウ @kyo_yoshida
#1SS 額装と額は概念が違う。額装は作品の保護+魅せる。最近はアクリルサンドが流行ったりもする。油絵はキャンバスでかけられていても素敵だけど、写真は額も込みで考えられることが多い。
吉田キョウ @kyo_yoshida
#1SS ちなみに柿島さんは遠くから観ても、あの作品はゼラチンシルバープリントだとわかるらしい、、、、、 !!!! 額装の装は服装の装。ちゃんと服を着せてあげる感覚。
吉田キョウ @kyo_yoshida
#1SS 最近のカメラは何万画素とか、デジタルカメラが暗いところでも、誰が撮ったとしても、何でも写る。なので写真で作品をつくる人は、作家性や思想やコンセプトを意識している人が多い。
吉田キョウ @kyo_yoshida
#1SS 今トラウマリスで展示中の武田さんの作品は、もはや壁紙。写真というメディアに向き合った結果。生涯イメージをサイズ可変で、どこにでも使っていい権利を売るような売り方をしている。ただし1人1イメージ。
hi-me mo take @take4mehi
1ssトーク中。写真界でのプリントとファインアート。 今回の武田陽介さんの「壁紙の写真の壁紙」は購入者が好きなところにサイズ可変で何度でも貼る権利が売られてる。 プリントだと失うと終わりだけど、この権利は何度でも復活可能!
残りを読む(25)
ログインして広告を非表示にする
ログインして広告を非表示にする