編集可能
2014年5月5日

十神INワンダーランド

おいどういうことだ説明しろ苗木bot (@kms_togami )さんの十神誕生日企画創作【十神INワンダーランド】をまとめました
4
おいどういうことだ説明しろ苗木bot @kms_togami

(また奴らがくだらないこと企んでいるようだな…) (この俺の誕生日に乗じて何か変なことやるつもりだろうが…さて、どうしたものか) (…ふん、自室か図書室にでも篭るか)

2014-05-04 21:19:52
おいどういうことだ説明しろ苗木bot @kms_togami

十神「(……おかしい。何も起こらないだと? いや、何も起こらないハズがない。あいつらは何か企んでいるはずだ……考えすぎか? 俺の杞憂だったか……?)」

2014-05-05 00:07:06
おいどういうことだ説明しろ苗木bot @kms_togami

十神「(……まぁいい、普段通り図書室で静かに過ごせるというわけだ。あんな愚民どもに祝われるよりかは幾分かマシだ)」

2014-05-05 00:10:54
おいどういうことだ説明しろ苗木bot @kms_togami

タッタッタッタ…… 十神「……なんだ、騒々しい。図書室の前を誰か通ったか? こんな深夜に? ……ふん、誰かがさっそく行動を起こしたか……さて、裁判を面白くするためにも誰が行動を起こしたか確認しておくとするか」

2014-05-05 00:15:20
おいどういうことだ説明しろ苗木bot @kms_togami

俺が図書室のドアを開けると、前を通り過ぎて行ったのは―― ――奇妙な格好をした、超高校級のアイドル。 ……舞園さやかだった。

2014-05-05 00:19:12
おいどういうことだ説明しろ苗木bot @kms_togami

舞園「急がないと……早く行かないと……皆が待ってるのに……!」 舞園は独り言を言いながら、懐中時計を片手に、廊下の奥へと消えて行った。 しかし、俺の見間違いでなければ―― なぜ舞園の奴はウサギの耳など付けていたんだ? ……何かのトリックに使うのか。

2014-05-05 00:26:19
おいどういうことだ説明しろ苗木bot @kms_togami

十神「……ふん、俺には関係のない話だ。明日裁判が開廷されたとしても、少しの間はこのことを黙っておくか。さて、誰が最初に死ぬのか……」 俺はそう独り言ちながら図書室に戻ろうとした――その時だった。

2014-05-05 00:29:12
おいどういうことだ説明しろ苗木bot @kms_togami

???「待って、十神君。あなたがウサギを追いかけないと話が始まらないわ。……まぁこれも想定内のことよ。とりあえず、私や彼みたいに『穴』に落ちることから始めましょう」 十神「誰だ!?」 振り返ったが、誰もいなかった。 刹那、自分の体が浮いた。 視界が暗転し、俺は気を失った。

2014-05-05 00:33:38
おいどういうことだ説明しろ苗木bot @kms_togami

【十神白夜誕生日企画】 ◆◆◆ #十神INワンダーランド ◆◆◆ ※連投ツイートはダンガンロンパ公式様と一切関係ありません、全て二次創作です※

2014-05-05 00:38:04
おいどういうことだ説明しろ苗木bot @kms_togami

十神「……どこだ……ここは……クソッ、なんだ急に……」 軽い眩暈と共に上半身を起こす。どうやら、机に突っ伏して寝かされていたらしい。 机の上には『とがみくんだんじょうびおめでとう!』と書かれた紙。 辺りを見渡すと、そこは教室だった。 #十神INワンダーランド

2014-05-05 00:45:42
おいどういうことだ説明しろ苗木bot @kms_togami

ドアを開けようとするが、開かない。 ……さては、あいつらの仕業だな? ???「そのドア、開かないっしょ?」 十神「その声は……江ノ島か。……いや待て、お前……どこから入った?」 江ノ島「薬を飲んだらドアが開くようになる、みたいな」 十神「薬……?」 #十神INワンダーランド

2014-05-05 00:51:03
おいどういうことだ説明しろ苗木bot @kms_togami

江ノ島「そこにあるじゃん。桑田が手に持ってるやつ」 桑田「これ飲めば通れるんじゃね?」 十神「桑田だと…? お前もどこから入った!? この部屋は密室だったハズだろう……!?」 桑田「しらねーよんなもん……つーか密室じゃなかったんだろ……」 #十神INワンダーランド

2014-05-05 00:55:39
おいどういうことだ説明しろ苗木bot @kms_togami

桑田から薬の入った瓶を渡される。 十神「おい、この薬、髑髏のマークが描いてあるぞ。それに、化学室C-9 とはいったい何だ……貴様、この俺を毒殺するつもりか?」 視線をあげたとき、二人は教室のどこにも見当たらなかった。 十神「消えた…だと…?」 #十神INワンダーランド

2014-05-05 01:00:56
おいどういうことだ説明しろ苗木bot @kms_togami

十神「…ふん、誰が好き好んで毒薬など飲むというのだ。バカバカしい。自分から毒薬を飲む人間などいるわけがないだろう」 毒薬の瓶を投げ捨てようとしたが―― 俺としたことが、何故だか『この瓶の中身は毒薬ではない』という、理由のない自信が湧いてきたのだ。  #十神INワンダーランド

2014-05-05 01:06:18
おいどういうことだ説明しろ苗木bot @kms_togami

???「ちょ、ちょっと待ってよ! ここで十神クンが薬を飲まないと話が進まないよ!」 十神「今度は誰だ――」 声の主を探すよりも前に、自分の意思に反して、俺は毒薬の瓶を口に運んでいた。 十神「!?」 #十神INワンダーランド

2014-05-05 01:12:05
おいどういうことだ説明しろ苗木bot @kms_togami

チェリータルトとカスタードとパイナップルとローストターキーとタフィーと焼きたてのバタートーストを一緒くたにしたような―― ――プロテインの味がした。 マズイな…… そう思うと同時に、再び俺の意識は闇に沈んだ。 #十神INワンダーランド

2014-05-05 01:13:50
おいどういうことだ説明しろ苗木bot @kms_togami

気が付くと、俺は腕を組みながら厨房に立っていた。 目に前には……芋虫の着ぐるみを着た不二咲と大和田がいた。 不二咲「あ、十神くん! 十神くんも大和田くんの綿あめを食べにきたの?」 十神「綿あめ? 何の話だ。毒薬の次は愚民の作る菓子を食えというのか」 #十神INワンダーランド

2014-05-05 01:23:37
おいどういうことだ説明しろ苗木bot @kms_togami

大和田「おいそこの十神、ちょっと綿あめ食ってけや」 十神「目障りだ、失せろ芋虫」 大和田「あ゛ぁ? テメェ、転がされてぇらしいな……」 不二咲「落ち着いて大和田くん…それに今は芋虫で間違いないよ…」 #十神INワンダーランド

2014-05-05 01:27:49
おいどういうことだ説明しろ苗木bot @kms_togami

大和田「まぁ、とりあえず、なんだ……綿あめ食っていけよ」 十神「なぜ綿あめなんだ……俺は食わんぞ」 大和田「オレの作ったわたあめが食えねぇってえのか!? ゴラァ!!」 不二咲「――片一方は強くなる、もう片一方は弱くなるよ」 #十神INワンダーランド

2014-05-05 01:31:05
おいどういうことだ説明しろ苗木bot @kms_togami

十神「片一方は強くなる? 弱くなる? 不二咲、お前はいったい何の話をしている……?」 不二咲「綿あめだよ。食べると強くなったり、弱くなったり……十神君はどのくらいの強さになりたいの?」 #十神INワンダーランド

2014-05-05 01:32:44
おいどういうことだ説明しろ苗木bot @kms_togami

十神「ふん……俺はそんな綿あめに頼るまでもなく、十分『強者』だ。俺にはそんなもの必要ない。今も、これからも、だ」 不二咲「そっか……ちょっと残念かな……」 そういうと大和田は綿あめの『右側』を、 不二咲は『左側』を千切って食べ始めた。 #十神INワンダーランド

2014-05-05 01:36:45
残りを読む(30)

コメント

コメントがまだありません。感想を最初に伝えてみませんか?