【たかが失言】 「たかが油」を巡る失言批判の構造について 【議論を呼びそうだ】

失言を批判する構造について考えてみた。 「たかが油」と「美しい国」と「産む機械」と「表現規制」が混ざっており、議論を呼びそうだ。 ※「たかが油」発言は、もはや実際に一字一句間違いなく本人がそう言ったかどうかではなくて、「麻生ナチス発言」「産む機械発言」「家で寝ていて発言」「日本は神の国発言」とかと同様の「○○に関する一連の発言騒動を省略して名付けたタグ」になりつつある気がしたので、そのまま継続使用。 続きを読む
政治 美しい国 産む機械 たかが たかが油 失言
73
「たかが油」の件(・ω・)
名無しブラックハンド総帥 @nns_blackhand
「自衛隊員の命が失われる可能性はゼロではないということで、集団的自衛権の行使によって自衛隊員が血を流すことがあるのは明らかだ。安倍総理大臣は油のために自衛隊員に命を捨てろと言うのか」(以上抜粋) …ふむ。
開米瑞浩 @kmic67
ふむ。海江田代表は、「たかが油」という表現は使っていないらしい。では、「たかが油」発言があったと思って批判したのは私が不注意でした。申し訳ない。 > togetter.com/li/679130 海江田代表は「たかが油」とは言ってません
開米瑞浩 @kmic67
しかし・・・・「たかが」とは言っていないだけで、発言内容の実質は変わらないねこれ。「油」を確保しなくても国民の命は守れる、という認識をしていることを超明確にしてしまった発言だ。最大野党の代表としてはお花畑以外の何者でもない> nicovideo.jp/watch/sm237557…
拡大
まずは「美しい国」の件(・ω・)
加藤AZUKI@「忌」怖い話卒哭怪談 @azukiglg
未だに「美しい国」とか言ってる人がいると、本当にがっかりするぬ。
加藤AZUKI@「忌」怖い話卒哭怪談 @azukiglg
「(現状がそうではないから)美しい国へ(行こう、なろう、共に目指そう)」のニュアンスで最初に提示されたものが、 「(現状がそうではないのに)美しい国(にいると思い込んでいるとは)」のニュアンスに書き換えられ、「美しい国」だけを切り出して揶揄し、【美しい】という言葉の意味を壊した
加藤AZUKI@「忌」怖い話卒哭怪談 @azukiglg
結果的に「美しい」という言葉が揶揄目的の嘲罵語に置き換えられてしまい、以後、「美しい」という表現を使うことが憚られるように。そこに置き換えられて出てきたのが「美しすぎる」なんだけど、何でもかんでも「美しすぎる」を乱発するもんだから、稀少感対比感が薄れて「美を強調する」意が薄れた。
加藤AZUKI@「忌」怖い話卒哭怪談 @azukiglg
日本語を壊してるのはそういう奴等だと思う。
加藤AZUKI@「忌」怖い話卒哭怪談 @azukiglg
まあ、そうやって言葉というのは焼畑のように意味・主旨を変えていくのが本旨なのだと言われりゃそうなんだろうけど、「beautiful」のつもりで「美しい」を使ってる人と「loopy」のつもりで「美しい」を使ってる人がいりゃ、そりゃ話も通じなくなるわけだよ。
加藤AZUKI@「忌」怖い話卒哭怪談 @azukiglg
「隠語」「隠喩」「隠された別の意味」を読み取れない者だけを嗤い、気付かれたら他の語に同じ隠喩を仕組むという陰湿さは江戸しぐさも推奨する日本の伝統だけどさ。それを是とするなら、「話が通じないことを嘆く」のは筋違いだとは思う。
「たかが油」と「産む機械」と「美しい国」の件(=ω=`)
加藤AZUKI@「忌」怖い話卒哭怪談 @azukiglg
「たかが油」の件、 「××を得るために○○を犠牲にしろというのか」という問いかけは、 「○○を犠牲にしないために××を諦めるべき」と、いう主張の反意表現なんだよね。 言ってることは同じなんだけど「××を諦めろ」と言いたくないから、それを伏せた言い方をしてるだけで。
加藤AZUKI@「忌」怖い話卒哭怪談 @azukiglg
「たかが油」の件と「産む機械」「美しい国」を比較してみると、 「美しい国」→助詞「へ」を取り、元の「美しい国へ」と逆の意味にしてオリジナルを非難 「産む機械」→趣旨は叩けないので、用語を抽出して非難 「たかが油」→趣旨は庇えないので、「一言一句言ってることと違う」と非難
加藤AZUKI@「忌」怖い話卒哭怪談 @azukiglg
「たかが油」と「産む機械」は、趣旨そののではない部分が引き合いに出ていて、 「産む機械」→一部抽出して表現を批判。前後を結びつけた概念論旨は議論されない(そこが重要なんだが) 「たかが油」→主張の意味をスローガン化。「オリジナル発言にない表現を使っている」とこのみが擁護ポイント
加藤AZUKI@「忌」怖い話卒哭怪談 @azukiglg
麻生ナチ発言のときはどうだったっけか。
加藤AZUKI@「忌」怖い話卒哭怪談 @azukiglg
あれも、「文脈の中の言葉の一つを取り出して非難」という意味では、「産む機械」に結構近い感じのバッシングのスタイルだったなー。 これ、過去の「政治家の失言」とかを総ざらえしてチェックしてったら、バッシング文法論とかの論文書けんじゃね?
加藤AZUKI@「忌」怖い話卒哭怪談 @azukiglg
卒論のテーマとして誰か書いてないかなあw
加藤AZUKI@「忌」怖い話卒哭怪談 @azukiglg
A「文脈の前後を無視して、用語/単語だけを取り出して批判」 B「文脈の前後を無視して、【喩え話】だけを取り出して批判」 C「助詞の恣意的な削除、入れ替えで、意味を180度逆にして批判」 D「本来存在しない差別的な意味/ニュアンスを新たに創造して非難」 ありそうなのはこのへん。
加藤AZUKI@「忌」怖い話卒哭怪談 @azukiglg
Bの「喩え話を取り出して批判」ってのは、この何十年かの失言騒動の構造としては非常に多かった気はする。喩え話は「こういう状況が過去にあった、未来にあるかもしれない、【そうなってはいけないので】こうすべき」という結論を導き出すために、枕として語られる。
加藤AZUKI@「忌」怖い話卒哭怪談 @azukiglg
この枕の部分は、話者当人も不適切だと思ってるし、理解を促す為に敢えて「わかりやすい不適切」を引き合いに出している。で、聴衆/読者が「これは確かに不適切だ」と共有できたところで、「だからそうならないために【こうしよう】」という提案をする、という文脈になってる。
加藤AZUKI@「忌」怖い話卒哭怪談 @azukiglg
よく、「話全体を聞いて貰えば」「作品全部を読んで貰えば」「あの話の前/後が私の言いたい事」っていう釈明がこれらの失言事件とセットになってることをから類推できる。
加藤AZUKI@「忌」怖い話卒哭怪談 @azukiglg
だけど、その【1)不適切な枕】→【2)注意を引き付ける】→【3)改善策、対応策、回避策の提案】という文脈のうち、(1)の部分だけが一人歩きさせられてしまう。記者も(1)だけ得て「やったー!」とか思っちゃう。重要なのは(3)だけどそこを上げても売れないから出さない。
加藤AZUKI@「忌」怖い話卒哭怪談 @azukiglg
Aの「文脈を無視して用語/単語だけ取り出して批判」とDの「本来存在しない差別的なニュアンスを創造して非難」は、似通ったものかもしれないけど、「それは差別だ!」はまた別の話だからなあ。
加藤AZUKI@「忌」怖い話卒哭怪談 @azukiglg
Dの「それは差別だ!」的な非難は実は凄く簡単。本人に不適切であるという意識がなくても(むしろないほうが)いい。 1)傷つく弱者が自分である 2)自分ではないが傷つく弱者が存在する 3)自分ではない弱者が存在する【かもしれない】 特に(3)の【かもしれない】だけで非難できる。
残りを読む(3)

コメント

未知神明(みちがみ・あきら) @ontheroadx 2014年6月12日
そういう批判の仕方は、批判しているほうが頭が悪いように思われるのでやめたほうがいいです 「「たかが」とは言っていないだけで、発言内容の実質は変わらないねこれ」
kincade @kincade1918 2014年6月12日
ontheroadx ? いや、実際その通りですよこれ。 「たかが」とは発言してませんけど、「自衛隊員の命」や「憲法順守の精神」と、「原油供給が断たれた場合に生じる深刻な影響」を天秤にかけて、そのうえで「たかが油で」という認識を示しています。「油で戦争するなんて戦前みたいだ」と匂わすような一言までつけて。
ざの人 @zairo21 2014年6月12日
じっさい まとめ主が気にすることより、「集団的自衛権」のほうが肝心だと思いますが、結局その表現の仕方がどうのなんて 今のタイミングでやってるより、肝心の大事である「集団的自衛権」がゴリ押しされたら、日本はどうなってしまうのか?のほうが気になる。
かもの ねねみづ @cmnnmz 2014年6月12日
バッシングには興味がないことを装う為に、ついでに付け足すようなやり方もありますね。(例「ちなみに首相は料亭で天ぷらを食べてます」)>バッシング文法論「ちなみ語法」
加藤AZUKI@「忌」怖い話卒哭怪談 @azukiglg 2014年6月12日
集団的自衛権については、外交の原則としての「相互主義」を言われた場合に日本はもっと困ったことになってしまうのではないかとは。そこらへんを、集団的自衛権を忌避する人達はどう考えてるのかなー、というのはとても気になるけど、少なくともこのテーマのまとめのコメント欄ですることじゃないんで、ご意見は僕宛にリプで。
未知神明(みちがみ・あきら) @ontheroadx 2014年6月12日
kincade1918 もう本人の訂正も入ったので発言してないというのは誰も認識ずみだと思います 「「たかが」とは発言してませんけど」
未知神明(みちがみ・あきら) @ontheroadx 2014年6月12日
コメント欄で話して欲しいことは「フェアな論議のしかた」ですかね?
kincade @kincade1918 2014年6月12日
ontheroadx ああ、そういう意味での「そういう批判の仕方は頭が悪く見える」ということですか。了解しました。
Gruner_Wind @Gruner_Wind 2014年6月12日
> 表現規制の先鞭を付けているのは(中略)新聞雑誌自身 で、実際に火の粉が降りかかりそうになったら「社会の公器」である自分たち【だけ】は対象外だと強弁。言論で商売しているのに商品【=言論】に全く責任を持たないで、何で存続できるんだろう。そのうち奴らこそ規制しろって話にならないかなぁ(暴論)
加藤AZUKI@「忌」怖い話卒哭怪談 @azukiglg 2014年6月12日
「頭の良い批判の仕方」という定義も気になるところです。
加藤AZUKI@「忌」怖い話卒哭怪談 @azukiglg 2014年6月12日
「寿司の話をしてるところにやってきて、寿司職人に向かってラーメンの話を始める」というのは頭が悪く見えるかもしれないな(´・ω・`)
游鯤 @yusparkersp 2014年6月12日
油の一滴は血の一滴。食糧自給率もエネルギー自給率も戦前より下がった今こその標語だろ。
G3104@こにたんチャレンジ成功セリw @G3104 2014年6月12日
物事をパターン認識でしか測れない人間と、物事をその原理や構造といった根幹から把握、理解して状況を捉える人間とでは理解も認識も会話も噛み合う訳がないなと最近つくづく思わされる。
kartis56 @kartis56 2014年6月12日
大事なのは後半部分ですよね
アシッドプレジャー @a_cid_pleasure 2014年6月12日
「たかが油」という一文で、本来の発言の趣旨をだいたい察する事の出来る人も居れば、「たかが油」という一文を「実際に発言した」として認識してしまう人も居る訳で、ツーカーの身内だけならともかく、不特定多数を通じて「伝言ゲーム」のように間違った解釈が広がっていく構図は普通にありえる事だと思う。ただ、そこで結果的に解釈を間違えてしまった人間を嘲笑しても、嘲笑した奴が「伝言ゲーム」で答えを間違えない保障はどこにも無いんだから、間違えた認識に対する指摘や訂正はすれど、嘲笑や非難なんてすべきじゃないとは思った。
ケイ @qquq3gf9k 2014年6月13日
単純にその政治家が嫌いだから全ての発言を当てこすりな批判をしてるのもいる。
s.j. @uo_kawa 2014年6月13日
こういうので問題なのは、言葉尻をとらえてその趣旨を捻じ曲げ、相手を不当に貶めることだけれど、今回の件が海江田さんの評価を不当に貶めたようには思えない。結局、彼の評価を変えたという意見を見かけないし。私としては「たかが油」は趣旨が上手くまとまっていると思うが、今回の件はそんなに酷いミスなの?
橇山宗太郎(嘘つきクレタ人) @Ifniyat 2014年6月13日
ネット上の会話で「本当に大事なのはそこじゃない」みたいな便乗する人がいるけど、「それは自分で場所作って自分で会話の主催をすればいいのに」と思うことはよくありますね。そのテの横から主張も「失言の構造」の一部なんだろうな、とは思います。
游鯤 @yusparkersp 2014年6月13日
是々非々というのは大切なことだけど、海江田が是だったためしがないので徒労
よく見かけるがどこにでもいそうでいない人 @namaehaaru 2014年6月13日
「たかが」と付け加えたことにより、油の重要性を軽んじたニュアンスになったな。「海江田がたかが油と発言したぞ!」ときて「また失言か!やっぱり民主党は!」と言う流れ。なんだか、微細なレベルで印象操作されてるんじゃないかと思えてくる。ところで、「たかが」は言ってない。いいね?
加藤AZUKI@「忌」怖い話卒哭怪談 @azukiglg 2014年6月14日
……という擁護しかできないんだよね。あの流れだと。
八代泰太 @clockrock4193 2014年6月14日
まあ、「たかが」と言ってなくても「自衛隊員の命を守るためなら、日本のシーレーンが塞がれて油が入ってこなくなっても手を打たないでいい」と言ってるわけで……自分の命を惜しんで国民全体の危機を看過しろってのは自衛隊員に対する侮辱でもあると思うんだけどなあ。
ログインして広告を非表示にする
ログインして広告を非表示にする