2014年6月28日

サタデープログラム2014 増田さんの講演内容まとめ

2014年6月28日に東海高校・中学校で行われた、「サタデープログラム2014」内の増田順一氏による「『ポケットモンスターX・Y』世界同時発売のスタート地点」の講演内容(質問と回答)のまとめです。
15
増田順一@Pokémon @Junichi_Masuda

本日6月28日名古屋の東海中学校・高校にて行われたサタデープログラム2014に来てくださったみなさん、ありがとうございました!!みなさんとお会い出来て会話出来て楽しかったです!!質問もオモロかった!!

2014-06-28 16:17:44
増田順一@Pokémon @Junichi_Masuda

名古屋のみなさん、ありがとうございました!!いまから東京に帰ります! pic.twitter.com/J7swGPPiAt

2014-06-28 17:32:53
拡大

増田ァ!bot @masudaa_bot

名古屋に来れなかった増田ァクラスタの為に覚えてる限りの講演内容を文字に起こそうと思うのですがどうでしょう

2014-06-28 19:34:10
増田ァ!bot @masudaa_bot

増田ァの講演で一番衝撃だったのは高校時代は男子校だったから女の子にモテなかったっという話ですね やっぱりホモだったんですね・・・たまげたなぁ・・・

2014-06-28 19:31:37
増田ァ!bot @masudaa_bot

増田登場時 増田「言うのやめようと思っていたのですが言わせてください!ポケモーニング!」 観客「ポケモーニングw」 増田「やっぱ名古屋はあったけえな(意味深」

2014-06-28 19:38:50
増田ァ!bot @masudaa_bot

ポケモン赤緑創作秘話 開発時にはHPゲージはなく「かなり痛そう!」や「まだまだいけそう!」というようなメッセージを採用していた。ただ大ダメージを与えたときのHPゲージが早く減っていく表現の方がよかったので変更した。

2014-06-28 19:42:37
アルク @aruku_magpnet

アスペクト社の初代攻略本のインタビューでも似たような事言ってたね。 “最初のコンセプトは「戦闘シーン等で数字による表現をしないでどこまで肌触り感の強いRPGができるか」という事だった”そうで

2014-06-28 19:46:53
増田ァ!bot @masudaa_bot

ゲーム内容について ポケモンはビジュアルやキャラクターよりも遊び方を重視しているとのこと。

2014-06-28 19:43:58
増田ァ!bot @masudaa_bot

メガシンカ誕生秘話 ポケモン赤緑で進化を取り入れ、いろんな会社のゲームで進化が使われるようになったが自分たちにとっての進化はなにか?と改めて見直していったのがメガシンカが生まれたきっかけ

2014-06-28 19:45:47
増田ァ!bot @masudaa_bot

@masudaa_bot (増田)ただ単純に強くするだけだとつまらないので面白くしたり形ごと変えたりしてる とも言ってましたね

2014-06-29 00:01:20
ししゃモ @sya_mo

続き。 メガ進化やゲンシカイキ。他の作品でも進化を扱うものが増えてきて、XYで進化を見直したかった。メガガルーラを発表した時は話せなくなるくらい会場が盛り上がりました。 メガガルーラ強いって言われますよね。わかっているんですけどね。 皆さんで対策積んで下さい、的なこと言ってたw

2014-06-28 22:20:49
ししゃモ @sya_mo

ゲンシカイキについては何一つ触れてなかったなこの回答

2014-06-28 22:21:24
増田ァ!bot @masudaa_bot

Wifi交換について Wifiで世界中のトレーナーと交換することはルビサファの時代から考えていた。(ただハードにWifi機能がなかったから実現できたのはDSから?)

2014-06-28 19:48:23
増田ァ!bot @masudaa_bot

XYからファイアローのような6文字のポケモンが出てきた。ただ海外版とかになると倍の12文字ほどのポケモンがいる。名前を考えるのは大変。2、3文字ほど削りながら頑張った。

2014-06-28 19:50:52
増田ァ!bot @masudaa_bot

Q.金銀とルビサファに互換性がないのはなぜ? A.ハードそのものに互換がなかったから。増田も悲しかったらしい。(ちなみにDS-3DS間にも互換はない。)

2014-06-28 19:52:22
増田ァ!bot @masudaa_bot

Q.WCSがネット対戦になったのはなぜ? A.いままで大きな会場でやってきたがそうなると会場の大きさにより予選の段階でふるい落とされるプレイヤーが多くなるから。 増田「それに参加費1万円の大会とかならWifi対戦でいいじゃん、ってなるでしょ?(笑)」

2014-06-28 19:56:40
増田ァ!bot @masudaa_bot

Q.増田さんはレートとか対戦とかよくするの? A.開発中に社内大会を何度かしました。ただ俺は予選の段階で落とされちゃったんですがね!(笑) ※観客は笑ってませんでした

2014-06-28 19:59:31
増田ァ!bot @masudaa_bot

XYのライバルたちについて 最初は友達なんだけどだんだん主人公のライバルになるようなキャラクターをつくりたかった。ポケモンを友達からもらうのもライバルがニックネームで呼んでくるのもそのため。

2014-06-28 20:03:16
増田ァ!bot @masudaa_bot

Q.完全新作を作るのにどのくらいの時間をかけているのか? A.約3年ほどだが前の前の時ぐらいから考えていることが多い。ただ、「面白くないものは作りたくない」と考えている。

2014-06-28 20:06:29
増田ァ!bot @masudaa_bot

Q.ルビサファリメイクの後にXYのマイナーシェンジが来るのか? A.答えられません(笑)

2014-06-28 20:08:47
増田ァ!bot @masudaa_bot

ポケモンは全年齢が遊べるゲーム。暴力的な表現を取り入れると年齢制限などがかかる。大人に合わせると子供がおいてかれる。 増田「18歳以上のポケモンをつくろうと思えば作れますよ?ただそれだとボコボコにされたピカチュウが血を流すことになりますが(笑)」

2014-06-28 20:12:34
増田ァ!bot @masudaa_bot

全年齢が遊べるには条件をクリアしなければならない。RPGで全年齢でましてや世界同時発売のゲームはあまりない。

2014-06-28 20:14:04
ししゃモ @sya_mo

ポケモンが子供向けと言われてしまうことについて。実は全年齢対象を取るのはすごく大変でさらに世界でも同じように基準を満たさなくてはならない。RPGで全年齢が付いているのは実は非常に少ない。

2014-06-28 22:57:59
ししゃモ @sya_mo

大人向けの血みどろの、ピカチュウがオラオラってなるようなポケモンも作ろうと思えば作れるけど、それが楽しいかはまた別。 (絵は増田さんの動きのイメージ) pic.twitter.com/eL99YvmdHh

2014-06-28 23:00:29
拡大
残りを読む(46)

コメント