2014年7月5日

ルハン

ルハンのまとめ
0
ring @xiu_rin326

『チョコ?いらない』そう断ってる彼を見かけた。え…いらない?用意してるチョコ… 『あっ、』振り返った彼と目が合って言葉が浮かばない。すれ違う瞬間に『チョコはお前のだけだからだよ?』小さく囁いた。お前のだけ… 照れてく彼女に意地悪く笑うルハン。#EXOで妄想

2014-02-12 16:57:11
ring @xiu_rin326

みんなの目を盗んで指先を絡めあう。彼をチラ見すると悪戯な目をしてる。目の前にいる彼氏には見えない角度で、彼の指腹が新しいネイルを撫でる。『…だよ?』彼氏に声をかけられて離れる指先。『…悪い子だね?』指先を絡めながらLINEするルハン。#EXOで妄想

2014-02-12 23:57:19
ring @xiu_rin326

喧嘩した帰り道。無言のまま、距離が離れてく。彼は怒ったまま前を歩いて、気づけば彼の姿を見失ってしまった。下を向いて溜息をつくと、ぎゅっと手が掴まれる『…迷子で泣いてるの?るうのこと好きなんでしょ?離れちゃダメじゃん』指先を絡めて笑うルハン。#EXOで妄想

2014-02-17 21:16:47
ring @xiu_rin326

彼女は僕にほんとの自分を見せる。誰にも見せない淫らな姿。背後から彼女を突き上げると、ぎこちなく腰が動きだす。その腰を両手で掴んで同じリズムに合わせていく『…すっごい、厭らしい』身体を覆って、彼女の耳に囁く。それさえも彼女を悶えさせる。にやりと笑うルハン。#EXOで妄想 R18

2014-02-18 16:45:10
ring @xiu_rin326

うん?意識が戻って左側に手をやると…ん?いない… ゆっくり目を開けると『おはよう、ルハン?』顔を覗かれた。びっくりしたのと、良かった…と思う気持ちで彼女をハグした。どうしたの?って驚いてる彼女に『何でもないよ』そう嘘をつく。君がいないとダメなんて言えなかったから。#EXOで妄想

2014-02-19 07:51:38
ring @xiu_rin326

彼氏に浮気されて泣いてると『どうした〜?喧嘩か?』にこにこ近づいて頭を撫でてくれる。止まらない涙をじっと見つめて『どうして、あいつなんだよ?』ぎゅっとハグして『俺じゃダメか?もう、お前が泣くのを見たくないよ…』耳元に囁く男友達ルハン。#EXOで妄想

2014-02-20 10:11:32
ring @xiu_rin326

うん?視線を感じたのは僕が先だった。仲良くなって気づいた。君があいつを見る視線が熱いことを『好きなんだろ?がんばれよ?』『…ルハン』不安そうに見つめてる視線に僕は微笑んだ。もう、ひとつだけ気づいてたことを告白する。あいつも君を見る視線が熱かったんだ… #EXOで妄想

2014-02-20 16:00:29
ring @xiu_rin326

『乾いた?』その返事はできない… 唇を交わすのに夢中だから。焦らすように軽くしか触れてはくれない。自分から唇をせがむと『ヌナ、欲しくてたまらない顔してるよ?』彼の口角が上がるのがわかる。ネイルが乾くより、唇が乾くのを待てないキスするルハン。#EXOで妄想

2014-02-22 11:37:34
ring @xiu_rin326

『逃がさない』壁と彼に挟まれて逃げ道がなくなる。彼はゆっくりと近づいて『降参しちゃう?』私の反応を見て口角を上げる。彼の指先が両頬を包んで唇を塞ぐ。角度を変えて、何度も合わさる唇。受け止めることしかできないのに『抵抗しないと…この先もしちゃうよ?』耳打ちするルハン。#EXOで妄想

2014-02-22 23:25:21
ring @xiu_rin326

すれ違う人が彼を目で追う『ほんとにモテるね。みんな ルハンに惚れちゃうよ』意地悪っぽく言うと『お嬢様もですか?』慌てて首を振る『そうですか、残念です』少しだけがっかりした顔をして『いつでも、お嬢様を惚れさせる自信はありますよ?』耳打ちする執事ルハン。#EXOで妄想

2014-02-23 12:10:07
ring @xiu_rin326

着いた先で目に入るのは彼が知らない人と話してる姿。何だか、お似合いな雰囲気に声をかけそびれてると彼が私に気付く。『誰?』知らない人が怪訝な顔で見てる。彼は私の手を繋いで『君よりかわいくて、俺の好きな子。行こう?』ドキドキしてる私に『顔 にやけすぎ』頬をつねるルハン。#EXOで妄想

2014-02-24 18:24:03
ring @xiu_rin326

『じゃあね』笑顔を残して階段を登ってく。学年の違う彼 ここから先は私の知らない彼がいる。その後ろ姿を見送ってると、ん?って振り返って首を傾げてる。ううん。首を振れば口元を隠して笑ってる。教室に入ると彼からLINE『僕は君しか見てないよ?』ルハン先輩。#EXOで妄想

2014-03-05 09:28:36
ring @xiu_rin326

おやすみ…明かりを消して静まる部屋。聞こえる寝息にそっと近づいて腕を絡める。慣れた手つきで彼は腕の中に私を入れて『…寝るんだよ?』耳元に囁く。目を瞑ると襲ってくる軽いキス。触れるか触れないかの唇にくすぐったくて目を開ける『寝るんでしょ?』意地悪な顔でキスするルハン。#EXOで妄想

2014-03-09 23:06:05
ring @xiu_rin326

0時を回った帰宅。そっとドアを開けると明かりが漏れてくる。起きてる… 『ただいま、遅くなって…ごめん』彼はチラリと私を見て『…おやすみ』機嫌の悪そうな声で寝室に向かう『おやすみ…』背中に声をかけると『…ヌナも、一緒に寝るんだよ?』ぎゅっと手を引くルハン。#EXOで妄想

2014-03-14 00:21:25
ring @xiu_rin326

ふわりとおでこにだけ触れる唇。子供扱いされたみたいで膨れる頬。瞑ってた目が開いて俺を見つめる『キスして?』照れ屋の君から言葉にはならない。だけど、その目が欲しいって言ってる。唇より素直な目に俺は笑いを隠せない。もう…と拗ねた唇に焦らした分だけキスを落とす。ルハン。#EXOで妄想

2014-03-24 21:45:31
ring @xiu_rin326

卑猥な格好で鳴き続ける。ヌナも知らないヌナは俺だけが知ってる。突くたびに溢れる表情を独り占めして、目隠したヌナに耳打ちする『今日は一段と厭らしいよ?』想像力をかきたてるように腰を引き続ける。途切れ途切れに俺を呼ぶ声はもっと聴きたくて『もっと、鳴けよ』攻めるルハン。#EXOで妄想

2014-03-27 22:29:57
ring @xiu_rin326

相談?嫌な予感。君の目がまっすぐだから僕は全てを理解する。君は僕に残酷な現実を突きつける『大丈夫。あいつは良いやつだから』君が笑顔になる魔法の言葉を伝える。君の笑顔は僕のモノにはならないと後悔する。誰が僕に笑顔になる魔法をくれるのか、教えてよ… 片想いルハン。#EXOで妄想

2014-04-17 19:29:37
ring @xiu_rin326

ふわっとした柔らかい髪が揺れる。俺の動きに合わせて身体が素直に反応してる。つい虐めたくなるのは俺の悪い癖かな?彼女の身体を反転させて、彼女の身体に覆いかぶさる。さっきより、甘く鳴いてる身体にご褒美の痕を残す。震える脚が彼女の限界。今日も何度もその波を与える。ルハン。#EXOで妄想

2014-04-18 07:30:18
ring @xiu_rin326

どうする?は聞かないで甘いキスを落として胸元に指を這わせて『ヌナ、今日は付けちゃう?』誘う甘い囁き。だめだよ、痕を残すことができないから意地悪に焦らす指先に虜になる『もう 俺にしちゃえば?離れられないんでしょ?』指先を絡める蜜にクスリと笑う浮気相手ルハン。#EXOで妄想 R18

2014-04-21 19:31:11
ring @xiu_rin326

言ったでしょ?子どもに注意するみたいな目付きで見下ろしてる『僕以外はダメって』口元は笑ってるのに冷たい目付きに変わって そのまま激しく唇が奪われる。息も奪うキスに肩で息をする『悪い子にはお仕置きだよ?覚悟してね』天使の笑みが冷酷な笑みに変わる。ルハンのお仕置き。#EXOで妄想

2014-04-26 19:04:20
ring @xiu_rin326

綺麗な寝顔に見惚れて思わず指先で頬を触る。起きないように触れたのに『いつまで寝たフリすればいい?』ゆっくりと目が開いてぎゅっと抱きしめられる。じぃーと顔を見つめて『…仕返し、』無数のキスを落としてくるルハンとの初めての朝。#EXOで妄想

2014-04-30 07:47:56
残りを読む(51)

コメント

コメントがまだありません。感想を最初に伝えてみませんか?