『その本の物語』

村山早紀七月新刊『その本の物語』(ポプラ文庫ピュアフル)発売直後、いち早く手にとってくださった方たちの感想、おしてくださる書店員さん、司書さんたちの声をまとめました。お帰り、風の丘のルルー。
童話 児童文学 子どもの本
nekoko24 9288view 5コメント
14
ログインして広告を非表示にする
  • 村山早紀 Saki Murayama @nekoko24 2014-06-24 20:21:05
    そろそろ、『その本の物語』の見本が出る頃ですが、二十年超本をだしてきて、こんなにこの時期心安らかな本も珍しいというか。あの本は私にとっては出来るだけ良い原稿を書くことが目的の本だったので、それはたぶん達成できたようなので。あとは、あの本を待っていてくれたみんなが楽しんでくれれば。
  • 村山早紀 Saki Murayama @nekoko24 2014-06-24 20:24:13
    驚いたり笑ったり、ラストのあたりで泣いたりしてくれれば。もうわたしは、真っ白に燃え尽きましたので( ´ ▽ ` )ノ☆ 『その本の物語』、七月初旬に全国の書店さんで、みなさまと出会える日をお待ちしております。書店員のみなさま、たくさんのご注文ありがとうございました!
  • 村山早紀 Saki Murayama @nekoko24 2014-06-24 20:26:13
    …で。真っ白に燃え尽きたんですが、徳間書店さんの原稿を書くために、自らの灰をかき集め、火の鳥のように復活しています。・゜・(ノД`)・゜・。 今夜も徹夜だけど、不死鳥がんばるー!
  • 村山早紀 Saki Murayama @nekoko24 2014-06-24 23:00:55
    『その本の物語』、見本が出たそうです。 でいま、『風の丘のルルー』シリーズの担当編集者N嬢からメールをいただいちゃって、泣いてます。 ありがとう! あなたは、最高の担当編集者でした。 私たちはよい本を作ってきたよね。だから、今もずっと、あの頃の読者さんがついてきてくれてるんだよ。
  • 村山早紀 Saki Murayama @nekoko24 2014-06-24 23:06:04
    こんなに泣いちゃったら、今夜の仕事ができないじゃないか、もう(≧∇≦*) N嬢ったらもうw
  • 村山早紀 Saki Murayama @nekoko24 2014-06-24 23:22:22
    N嬢に電話かけてお話ししちゃったw 駅のホームで泣き笑いするあやしいひとにさせてしまったw そして、「花咲家書いてるところだったんですよね。しっかりお仕事してくださいね」と言い残して、彼女は電車に乗っていったのでしたw 働きますよ、はいはい♪ 見本はかわいらしい出来らしいですよ♪
  • 村山早紀 Saki Murayama @nekoko24 2014-06-24 23:27:10
    そして、古くからの担当編集者N氏、ありがとうございました。 前に明正堂Mさんが、「作家と編集者の関係は一蓮托生って感じですよね」といったとき、「わかる!」ってNさんはいって、私つい笑っちゃったけど、『その本の物語』はまさにそういう感じの本になりましたね。ありがとうございました。
  • 村山早紀 Saki Murayama @nekoko24 2014-06-24 23:32:19
    N嬢が、「昔、汗と涙で仕上げた本が、こんなにスタイリッシュにかわいい本になっちゃって」としみじみいってました。 あの頃、『風の丘のルルー』を読んであの子の友達になってくださったみなさん、どうもありがとうございました。復活したあの子にあってあげてください。スタイリッシュだそうです♪
  • *mio* @miomiokashi 2014-06-24 23:35:31
    スタイリッシュルルー!どんなんでしょう…(((o(*゚▽゚*)o)))昔のルルーの、ふんわりした感じもすきでしたけど♪>RT
  • 村山早紀 Saki Murayama @nekoko24 2014-06-24 23:39:03
    N嬢のメールから一言だけ。こんなことを考えて、子どもたちのために、あの本を作っていたんですね。 『この物語が何年後や何十年後、苦しい思いをしたとき、心に咲く花の種になりますように、っていう事を、20代の私なりに真剣に考えて、先生にぶつかって行った事を昨日のように思い出します。』
  • 村山早紀 Saki Murayama @nekoko24 2014-06-24 23:41:51
    これがね、子どもの本の編集者なんですよね。子どもの本を作るということ。未来まで残る本を作るということ。 もし本が絶版になることがあるとしても、子どもたちの心にずっと残り、その子を支えていくように。 そんな祈りをこめて、子どものための本は作られています。
  • 村山早紀 Saki Murayama @nekoko24 2014-06-24 23:47:14
    担当編集者Nさんは、電話かけてこないということは、これはできあがった本を手に、どこかに出かけちゃったんだろうなあと。そして、私の仕事をじゃましてはいけないと気を使ってるとみたw いいひとですよ、ほんとにもう(´ー`) メールしておこうかな。そして私は徳間さんの原稿を書かないとね☆
  • bookwall @bookwall 2014-06-25 15:59:09
    「その本の物語 上下」村山 早紀(ポプラ文庫ピュアフル)をデザインしました。装画は「こよ」さん。眠り続ける沙綾のために朗読を続ける南波。それは二人が子どもの頃に好きだった魔女の子ルルーのお話だった。「風の丘のルルー」ファンは必読です! pic.twitter.com/MIWO8WHBBj
     拡大
  • 村山早紀 Saki Murayama @nekoko24 2014-06-25 16:38:28
    美しいデザインをありがとうございました! RT @bookwall 「その本の物語 上下」をデザインしました。装画は「こよ」さん。眠り続ける沙綾のために朗読を続ける南波。それは二人が子どもの頃に好きだった魔女の子ルルーのお話だった。pic.twitter.com/gBOmaW3azq
     拡大
  • 村山早紀 Saki Murayama @nekoko24 2014-06-25 16:40:16
    @bookwall 今回もお世話になりました! ここは西の果てなので、私のところにはまだ見本が届いていないのですが、手に取るときが楽しみです。画像でみるだに、宝石のような美しさですね。
  • 村山早紀 Saki Murayama @nekoko24 2014-06-25 16:41:30
    おっと、これはまだ見本です(^-^) 七月まであと少し待っていてね♪ RT @yuka086 @nekoko24 こんにちは。『その本の物語』、文庫化したのですか?ぜひ買わせて頂きたいです…!(*ฅ́˘ฅ̀*)♡
  • Bird Graphics @birdgraphics 2014-06-25 16:42:22
    『その本の物語』楽しみだなー! 7/4発売かー!
  • 村山早紀 Saki Murayama @nekoko24 2014-06-25 16:45:20
    ブックウォールさんがツイートしてるということは、もう公開でいいのかな? 『その本の物語』上下巻、そういうわけで、表紙のイラストは、こよ @koyo_crayon さんです。 とてもとても美しい、重厚感と透明感を兼ね備えた絵をいただきました。こよさん、ありがとうございました!
  • 村山早紀 Saki Murayama @nekoko24 2014-06-25 16:58:22
    ありがとうございます♪ QT @nekoguruma: @nekoko24 装丁に気合い乗ってるのに外れないんで、楽しみにしてますw
  • 村山早紀 Saki Murayama @nekoko24 2014-06-25 17:04:23
    たしかに(*゚▽゚)ノ QT @wainohito: @nekoko24 文庫本は読みやすくて助かりますw
  • 鳴海🌻 @otte_06 2014-06-25 17:05:30
    え、村山先生の文章とても好きだし、こよさんの絵もすっごく好きだからめちゃくちゃ嬉しい
  • 村山早紀 Saki Murayama @nekoko24 2014-06-25 17:10:07
    『その本の物語』私のところにはまだ見本が届いていないのですが(何しろ、ここは地の果てアルジェリア…違う長崎市)、昨夕先に本を手にした担当編集者N氏によると、「とてもとてもすばらしい、永遠のベストセラーという感じの本!」だということなので、我が家への到着が楽しみです。
  • 村山早紀 Saki Murayama @nekoko24 2014-06-25 17:11:53
    @wainohito 今回も実は、文庫とは思えないような豪華な感じの本に仕上がってるんですよ。担当編集者さんが、『ルリユール』と同じ人で、美しい本にこだわりのあるひとなので。
  • 村山早紀 Saki Murayama @nekoko24 2014-06-25 17:12:36
    ですよね♪ QT @Konagi_sirnight: @nekoko24 価格もお手ごろなので助かります! とはいえ、特に児童向けの本は絵と装丁も重要な要素なので、 文庫にするかどうかはわりと本による気がします マリリンシリーズはハードカバーでよかったとつくづく思います
残りを読む(1112)

コメント

カテゴリーからまとめを探す

「小説」に関連するカテゴリー

ログインして広告を非表示にする
ログインして広告を非表示にする