編集可能

野々村先生@nonomuraxがツイート「ジェイムズ・スウェアリンジェンの『インヴィクタ序曲』は『大江戸捜査網のテーマ』とあまりに似ている!

ジェイムズ・スウェアリンジェン『インヴィクタ序曲』http://bit.ly/aM3otY 『大江戸捜査網』テーマ https://www.youtube.com/watch?v=V1NfSLHg94A 続きを読む
7
野々村文宏 @nonomurax

中学校の同級生の娘が参加しているというので日野市民吹奏楽祭もちらっと見る。こういう機会でもないと日本のブラスバンドの文化には触れられないからな。いやー、これがおもしろかった。

2010-11-08 09:04:12
野々村文宏 @nonomurax

ちなみに「ブラスバンドの文化」は、ポストコロニアル的な視点から音楽社会学でもよく取り上げられるテーマです。各国ごとに事情が違う。

2010-11-08 09:05:44
野々村文宏 @nonomurax

その友人によれば、日野市は音楽教育に力を入れているらしくて、日野の中学校のブラバンは都大会でけっこう上位にいく模様。その友人の中学生の娘の担当楽器はバスクラリネットで、シモクラ楽器に行って価格を確かめたら百万円越えで買ってあげるのをあきらめたとか。

2010-11-08 09:12:03
野々村文宏 @nonomurax

で、そんなのありそうかなー、とうすうす期待してプログラムをみたら、ありましたよ。ブラスバンドの「ディープ・パープル・メドレー」。「スモーク〜」のところで観客席が手拍子するという脊髄反射も。

2010-11-08 09:13:34
野々村文宏 @nonomurax

ディズニーものは振り付けつき。このまま練習したらディズニーランドのスタッフには就職できるかな、と。あと、ファイナルファンタジーとかゲーム音楽ネタも(予想どおり)多かった。

2010-11-08 09:15:22
野々村文宏 @nonomurax

吹奏楽祭、最大の驚きはTV『大江戸捜査網のテーマ』(玉木宏樹)かと思った曲が、ジェイムズ・スウェアリンジェンという作曲家の『インヴィクタ序曲』という曲だったこと。クリソツ。しかも大江戸捜査網のほうが古い。これって吹奏楽やっている人たちのあいだで共有されている常識?

2010-11-08 09:28:37
野々村文宏 @nonomurax

これです。ジェイムズ・スウェアリンジェン『インヴィクタ序曲』http://bit.ly/aM3otY 『大江戸捜査網のテーマ』(玉木宏樹)に似ています。しかも大江戸〜のほうが先(=昔)。これって…。

2010-11-08 09:32:10
加藤賢崇 @kenso1978

おお、パクリっぽい! どちらもインスパイアされた元ネタがさらにあるとか? RT @nonomurax: ジェイムズ・スウェアリンジェン『インヴィクタ序曲』http://bit.ly/aM3otY 『大江戸捜査網のテーマ』(玉木宏樹)に似てます。しかも大江戸〜のほうが先(=昔)

2010-11-08 09:43:15
野々村文宏 @nonomurax

ね、似ているでしょう? 玉木宏樹曲をコピった伝説のバンド出身者が聴いても。  @kenso1978 おお、パクリっぽい!

2010-11-08 09:45:59
野々村文宏 @nonomurax

ですよね! たぶん吹奏楽やっている人たちのあいだでは共有されている話か、と。(しかも「大江戸〜」のほうが先、) @murabon うわー「インヴィクタ序曲」! 27年前、中1の時の自由曲がこれで、当時の中学生たちももちろん「大江戸-」にそっくりだって言ってましたよ!

2010-11-08 10:03:26
Nicholai MARO @MAROCKs

@nonomurax 聴いてみた http://www.youtube.com/watch?v=WUkDKxYXw9M 『大江戸捜査網』テーマ(インストゥルメンタル)

2010-11-08 11:23:07
拡大
野々村文宏 @nonomurax

どうでした? メロディラインは一部変えてあると思いますが。 @MAROCKs 聴いてみた

2010-11-08 13:23:45
murabon @murabon

後年「大江戸捜査網」サントラのライナーノーツで玉木氏が「大江戸」のテーマの作曲に際して「バカラックを参考にした」と発言されてて、バカラックの「サンノゼへの道」などの躁鬱病的な展開の後半部分が共通するなーと。「インヴェクタ序曲」も根っこはバカラックなのかも? @nonomurax

2010-11-08 23:44:56
野々村文宏 @nonomurax

なるほど、それはあるかもしれませんね。鋭いご指摘ありがとうございます! @murabon 後年「大江戸捜査網」サントラのライナーノーツで玉木氏が「大江戸」のテーマの作曲に際して「バカラックを参考にした」〜「サンノゼへの道」などの躁鬱病的な展開の後半部分が共通するなーと。

2010-11-09 08:17:43
野々村文宏 @nonomurax

バカラックか。バカラック研究は深いなあ。

2010-11-09 08:18:06
野々村文宏 @nonomurax

バカラックに関しては、Great Jewish Music: Burt Bacharach  http://amzn.to/bAdMCA http://bit.ly/cql9wb

2010-11-09 08:30:47
野々村文宏 @nonomurax

なんと玉木宏樹さんご本人がツイッタ上にいらっしゃったようです。はじめまして。 @tamakihiroki

2010-11-15 12:35:57
野々村文宏 @nonomurax

先日、友人の娘の吹奏楽の発表会に連れていかれました。そこで私がはじめて聴いてびっくりしたのが、ジェイムズ・スウェアリンジェンの『インヴィクタ序曲』です。それが『大江戸捜査網のテーマ』とあまりに似ているからです。(『大江戸〜』のほうが発表が古い) @tamakihiroki

2010-11-15 12:39:28
野々村文宏 @nonomurax

(続きです。)私は吹奏楽には詳しくないので知りませんでしたが、『大江戸〜』と『インヴィクタ〜』の類似は吹奏楽をやっている人間ならば誰もが知っているに近いことのようです。(繰り返しますが『大江戸〜』のほうが先に作られている。) @tamakihiroki

2010-11-15 12:41:13
野々村文宏 @nonomurax

『インヴィクタ〜』が『大江戸〜』に似ている、あるいは影響を受けているかのようなことにつきまして、質問する失礼は承知のうえですが、なにかコメントいただければさいわいです。もちろんご無理であればけっこうです。 @tamakihiroki

2010-11-15 12:44:28
玉木宏樹 @tamakihiroki

@nonomurax 私は吹奏楽には疎いので、そんな作曲家も曲も知りません。聴いてないから何とも言えないけど、偶然ではなく、その作曲家がたまたま日本に来たときTVを見た可能性も拭えませんね。私はパクリはやりませんが「大江戸」はミクソリディアン・バカラックとは言えるかも知れません。

2010-11-15 12:52:31
野々村文宏 @nonomurax

玉置さん、さっそくのコメントありがとうございます。 @tamakihiroki

2010-11-15 12:53:58
玉木宏樹 @tamakihiroki

@nonomurax これは完全にパクられましたね。短三度上の転調、そして変拍子、私は作曲家ですからパクリかどうかはすぐに判断出来ます。唯一の救いは、向こうはカッコ良くないと言うことですね。

2010-11-15 13:05:49
野々村文宏 @nonomurax

出過ぎた真似、または不躾すぎる投げ方かと恐る恐るツイートいたしましたが、玉置さんがこの曲をご存知なかったのであれば、ツイッタを通じて「乱暴」なボールを投げて良かったと思っております。 @tamakihiroki

2010-11-15 13:22:28
残りを読む(28)

コメント

草冠に西 @cuervo9 2010年11月15日
吹奏学会の定番ネタに作曲家のお墨付きがつくとは。吹奏楽ならワイルドアームズ1の「アーデルハイド城」はバーンズの「アルヴァマー序曲」のパクリね。1981年でこちらは吹奏楽が先 http://amzn.to/am1Rc8 http://bit.ly/chlun3
0
石塚潤一 @jishizuka 2010年11月18日
こうした場合、パクられた(とされる)側は100%パクられたと主張するものです。「よく似てますね。同じようなこと考えた人がアメリカにもいたんですね。一度、一緒に酒でも飲んでみたいなあ」なんてことは決して言いません。
0
石塚潤一 @jishizuka 2010年11月18日
となると、パクりであるか否かは第3者が慎重に判定する必要があるかと思いますが、この件ではそうした作業が十分になされているとはいえず、パクり屋として非難されている作曲家の作品/作風/経歴も知らない人たちが、一方的に吹き上がっているという印象。
1
石塚潤一 @jishizuka 2010年11月18日
少なくとも、1980年の段階で、オハイオの地方都市で高校吹奏楽の指導をしていた作曲家(初来日は1986年です。こんなことは少し調べればわかる)に、日本の時代劇テーマ音楽を聴く機会が本当にあったのかを、もっと慎重に検証する必要があるでしょうに。
1
石塚潤一 @jishizuka 2010年11月18日
個人的には6割、8割以上の確率で偶然の一致だったのでは、という印象です。ミクソリディアン旋法による作品はアメリカの吹奏楽界にありふれているし、変拍子を含めた構成をパクっているという指摘については事実誤認。
2
石塚潤一 @jishizuka 2010年11月18日
短三度上への転調も件の吹奏楽作曲家がよく使う手法なので、吹奏楽畑でよく似ているということが知られつつも、パクりとして問題にならなかったのは、単なる偶然と判断されるだけの理由があったということなのでは。
2
空弁者 @scavenger0519 2011年1月8日
@ta_ke1980さんのhttp://twitter.com/#!/ta_ke1980/status/4068370953543680の発言、とても一方的で興味深い。初めて触ったワープロソフトやPCを「Favorite!」ではなく「一番優れている!」と評価するタイプなんだろうな。MACとAT互換機(Windowsおよびunix互換OS)双方を比較できるほど使いこなして初めてまともな比較ができるはずだが。インヴェクタの方を先に知り、そちらばかりを演奏してきて愛着があるだけのことなんでしょう。それに気付いて
0