2014年8月25日

「転生」「母娘」で百合妄想2篇

そうした内容を含んでおりますので閲覧にはご注意ください。
1

ここまでのあらすじ

「赤ちゃんは親を選んで生まれてくるんだ!幼児たちが体内やそれ以前の記憶を証言しているんだ!」という言説を真面目に批判していたのですが、疲れきってしまいました。

で、百合妄想を始める

遊牧家族/yuuboku @yuuboku

もう胎内記憶は嫌なんじゃー!こうなったらこうだ!前世で結ばれなかった二人の女性が来世ではずっと一緒にと願った結果母娘として生まれてくるみたいなそんな百合だ!くれ!父親はどうすんだって?そんな難しいことは知らん!

2014-08-24 17:16:07
サキノハカ @sakino_haka

@yuuboku 前世で早く亡くなってしまったお母さんが存命の娘さんより年下に生まれてきて今生は娘めっちゃ可愛がる百合ください!!

2014-08-24 17:20:14
遊牧家族/yuuboku @yuuboku

@sakino_haka 司令官!それは何歳年下でありますか?

2014-08-24 17:22:29
サキノハカ @sakino_haka

@yuuboku えっえっどうしようかな、あんまり年齢差なくて姉妹のような親子のごとくいちゃいちゃするのもかわいらしいですが年齢差おおきくておちびちゃんがめっちゃお母さん顔するのもそれはそれで乙な・・・・むむむ

2014-08-24 17:26:59

おさな母(パイロット版)

サキノさんからいただいた「夭折した母が生まれ変わって娘より年下になる」を書き始めました。

遊牧家族/yuuboku @yuuboku

おさな母:幼母「さんすうおしえて」娘「えー。記憶あるんでしょ?」幼母「…にがてだったのよ」娘「仕方ないなあ。ほら」幼母「すっかりたのもしくなって。あんなにちっちゃかったのに」娘「今は母さんのほうがちっちゃいけどね」幼母「ぐぬぬ」 ※娘16歳幼母8歳を想定

2014-08-24 17:45:23
遊牧家族/yuuboku @yuuboku

おさな母:幼母にも現世での母親がいる(娘に再会しやすそうという理由で選ばれた)現世での母親はいつもママ友たちと我が子自慢をしているのだが、幼母もついついそこに混ざりたくなってしまう。そのたび「まあおませさんねうふふ」と笑われしょんぼりする幼母である。

2014-08-24 18:18:39

おさな母第1話「近所の女の子を問い質したら母親だった件」(仮)

人間関係等を整理してプロットを起こしてみました。

遊牧家族/yuuboku @yuuboku

おさな母:人間関係を整理してみた pic.twitter.com/iihn32jNfu

2014-08-24 19:43:35
拡大
遊牧家族/yuuboku @yuuboku

おさな母:ちょっと設定を変えます。亡母は25歳のとき娘を産み、28歳で亡くなり、その1年後に幼母として生を受けました。つまり娘と幼母は4歳差です。なお、父は亡母の4歳上なので、幼母とは33歳差です。

2014-08-24 20:04:31
遊牧家族/yuuboku @yuuboku

おさな母:娘の家では、仏壇の代わりに箪笥の上に亡母の遺影を置いています。父はよく遺影に語りかけていたようですが、娘が14歳になるころに、少し若い女性(継母候補)と付き合い始めます。継母候補はとても優しげな女性。

2014-08-24 20:07:01
遊牧家族/yuuboku @yuuboku

おさな母:継母候補と話すうち、母親とはこういうものだろうかと心惹かれる娘。しかしそのころ、ご近所の4歳下の女の子が自宅周辺を嗅ぎ回っていることに気づきます。この子と娘は幼馴染で、度々一緒に遊んでいました。

2014-08-24 20:09:09
遊牧家族/yuuboku @yuuboku

おさな母:娘は女の子をとっつかまえて問いただします。観念した女の子は自分が亡母の生まれ変わりであることを打ち明けます。とても信じられませんが、父との新婚時代の思い出を語りだす様に信じざるを得ません。

2014-08-24 20:13:27
遊牧家族/yuuboku @yuuboku

おさな母:幼母は、父が近く再婚するという話が気になって様子を見に来ていたのでした。まだ混乱している娘ですが、幼母の手の甲の傷に気づきます。それは幼母3歳のころ一緒に遊んでいて怪我をさせてしまった痕なのですが、

2014-08-24 20:16:41
遊牧家族/yuuboku @yuuboku

おさな母:この傷には二つの意味があります。幼母が怪我をしたとき、幼母の現在の母(現世母)は大層心配をして入念に手当をしていました。その様子を見た娘は、「母親が生きていたならこうだったろうに」と人知れず心に傷を受けていました。

2014-08-24 20:19:10
遊牧家族/yuuboku @yuuboku

おさな母:そして、娘の記憶を探るともうひとつの事実がわかります。この3歳の女の子は、年上であるはずの娘をかばうかのようにして怪我を負っていたのです。

2014-08-24 20:21:11
遊牧家族/yuuboku @yuuboku

おさな母:「どうしてそんなことを…」14歳の娘の問いかけに、10歳の少女は優しく微笑みこう答えました。「まもりたかったの。ははおやですもの」

2014-08-24 20:23:38
遊牧家族/yuuboku @yuuboku

おさな母:娘は、10歳の母親にしがみついて、泣きました。わんわんと、泣き続けました。

2014-08-24 20:25:26
遊牧家族/yuuboku @yuuboku

おさな母:ひとしきり泣いて落ち着いた娘でしたが…「でもさ、それならお父さんにも打ち明けて、再婚待ってもらえば?」「えー、でもわたしがはたちになるころ、あのひとはごじゅうさんさいよ?せっかくですもの、もっとみりょくてきになって、もっといいひとをつかまえたいなー、なんて」「言えてる」

2014-08-24 20:28:40
遊牧家族/yuuboku @yuuboku

おさな母:そんなことを言っていますが、父が再婚と聞いて嗅ぎ回っていたのは事実なので、幼母も気になってはいたんでしょうね。娘に自分を打ち明けたことで、吹っ切れたのでしょう。

2014-08-24 20:32:23
遊牧家族/yuuboku @yuuboku

おさな母:幼母のことは二人の秘密ということになりました。しばらくして、継母候補が家にやって来ました。「お父さんな、この人と再婚しようと思う」「あの…お母さんって、呼んでくれますか?」

2014-08-24 20:34:29
遊牧家族/yuuboku @yuuboku

おさな母:どきりとした娘が窓の外を見ると、隣の家でお花に水をやっていた幼母と目が会います。幼母はにっこりうなづきました。娘も少しだけうなづいて、そうして口を開きました。「…お母さん」

2014-08-24 20:36:23

おさな母第2話以降

残りを読む(30)

コメント

コメントがまだありません。感想を最初に伝えてみませんか?