突劇金魚『漏れて100年』感想とか。

突劇金魚『漏れて100年』の観劇感想はいかに? 伊丹5ステージ、東京7ステージをまとめあげます。
突劇金魚 サリngrock 漏れて100年
wacadanna 4749view 16コメント
このまとめをお気に入りにして応援しよう!
0
ログインして広告を非表示にする
  • 木原勝利 @kiharanano 2014-12-02 00:51:35
    突劇金魚『漏れて100年』観劇。百年前でも百年先でも、はたまた五億年後であっても、生きる環境は違えど生きるということは厳しいのだなと。何故か励まされた感覚になって涙した。受け取り方は自由だ。こちらの想像力を無限に働かせてくれる演劇がいい作品だと思う。今日はそれを観た。
  • tombo @tombo_i 2014-12-01 23:58:47
    緒方さん、凄く良い役者さんだなあ。
  • tombo @tombo_i 2014-12-01 23:54:31
    開始からラスト手前までは、ずっと「何だか変化球じみたのが多いなあ」という印象が拭えず始終もやもや。観終わって直後「この芝居はずっと直球を投げていたのかもしれない」と思った。漫然と観ていた中盤あたりには、私が捉えそこねた球がいくつもあったのかもしれない。@突撃金魚「漏れて100年」
  • tombo @tombo_i 2014-12-01 23:52:13
    感想を咀嚼できない。(というのも何だかおかしな日本語ですが。)
  • 東谷英人 @azumaya8 2014-12-01 23:48:46
    サリngROCKさん率いる突劇金魚『漏れて100年』をアゴラで観てきた。アゴラ劇場が惑星のよう。壮大で孤独な物語。観ながら「さち」を演りたいと思った!俳優の想像次第でどこまでもいけそうな骨ある戯曲だ。肉づけ。明日で千秋楽だが席はまだあるそうなのでオススメです。想像力を刺激された。
  • 川口聡 S.Kawaguchi @kawaguchi_13s 2014-12-01 23:48:10
    (続)一方、登場人物の台詞が強弱の差こそあれ主張と感情吐露しかないと思った。相手に命令する一方的な発話が多用されるのは何故か?それが作家の現実の実感なのかもしれないが生物的世界の提示に終始した感がある。観念を乗り越える方法を観たいとも思った。突撃金魚「漏れて100年」
  • 川口聡 S.Kawaguchi @kawaguchi_13s 2014-12-01 23:11:05
    突撃金魚のアフタートークで岩松了さんは「作品のすべてを了解することはあり得ない。観客にとって作品の中で感じたことや見つけた隙間を自分に引き寄せて想像することが観劇の楽しさだし豊かさ」というようなことを言っておられた(と僕は解釈した)。今日はそういう意味での多様性と豊かさを感じた。
  • ぼのぼの @masato009 2014-12-01 22:57:51
    突劇金魚『漏れて100年』On7『痒み』の方がまだ分かりやすいし、むさい男たちより、若い女性7人の方が当然役者の魅力もあるのだが、見終わった後の奇妙な感動では、本作の方が強い印象を残している。
  • 川口聡 S.Kawaguchi @kawaguchi_13s 2014-12-01 22:57:22
    非常に観念的なお話だし、物語は100年間孤独に生きる登場人物しかいないので、正直、観劇には忍耐力を求められる。だがその忍耐は100年というスパンで眺めた人間の孤独の90分の体感なのかもしれない。似たテイストの劇団がパッと浮かばないほど文学的で独特だった。突撃金魚『漏れて100年』
  • ぼのぼの @masato009 2014-12-01 22:54:43
    突劇金魚『漏れて100年』説明の極端な排除、作中に流れる時間、緩やかな滅びの感覚、人間が化けたように思われる異形の怪物、残酷な世界に突然ふっと紛れ込む日常の温かさ、極端な八百屋になっていて真ん中に何かが存在している美術セットなど、On7の『痒み』との共通点も多数発見できた。
  • ぼのぼの @masato009 2014-12-01 22:49:03
    突劇金魚『漏れて100年』しかし、そんな感想、他の人とは共有できないだろうと言う…(笑)。だから私はこの作品を公に誉める気も人に勧める気もない。ただ、私にとっては「最高に退屈でつまらないくせに、何故か最後に感動してしまう」忌まわしいアート作品として記憶されることになりそうだ。
  • 湯谷崇仁 @yucchan1029 2014-12-01 22:47:29
    漏れる100年観てきました 好みが別れる作品だった気がする 1人の人生の100年間を描いた作品 主人公って生きてて楽しかったのかな? でもそういう生活せざるを得ない状況だしな でも自分の意志ってあんまりなかったな 創作のときだけか pic.twitter.com/WV4PQztkiz
     拡大
  • めの @menohanemui 2014-12-01 22:46:28
    不自由と自由な生活、出会いと別れの100年…常識を逸脱した世界で生きてる孤独なサチ だけど見終わったときに悲しかったりしないんだよね…むしろほっとするの、不思議と 味は残酷ですが、心はあったまりますよ、みたいな?うまく言えないけど そんな感じでした『濡れて100年』
  • ぼのぼの @masato009 2014-12-01 22:45:42
    突劇金魚『漏れて100年』さらにもう一つ。本作後半の滅びの姿を見ているうちに、world's end girlfriendの音楽が聞こえてきたのだ。私はworld's〜の音楽を聞くたびに、世界の崩壊と復活をイメージするのだが、それと似たイメージが本作にもあったのだ。
  • ぼのぼの @masato009 2014-12-01 22:41:27
    突劇金魚『漏れて100年』そうなったら、主人公が完全に人類の滅んだ遥か未来の世界にたたずんだり、地下の国でただ一人の人間として未知の海へ船出する、あの圧倒的孤独感を、本作の終盤にも感じずにはいられない。そんな作品をどうして嫌うことができようか。
  • ぼのぼの @masato009 2014-12-01 22:37:51
    突劇金魚『漏れて100年』完全に私的感想。本作を観ている内に諸星大二郎の『暗黒神話』や『マッドメン』を思い出した。最初の内は単純にイメージが似ている部分から想起しただけだったが、途中から「これはあれと同じ世界で起きている別の物語なのだ」と言う揺るぎない確信に変わってしまった。
  • ぼのぼの @masato009 2014-12-01 22:31:37
    突劇金魚『漏れて100年』眠かった。退屈。つまらない。でも…何故か嫌いじゃない。最後の方は、その詩的イメージにちょっと感動してしまった。だがその感動は、普遍的な言葉には還元できず、他の人とはおそらく共有しえないもの。実に始末が悪い作品だ。
  • なかむらなおき @nao3_desuyo 2014-12-01 22:28:41
    突撃金魚「漏れて100年」観劇。なんというか、人を選ぶ作品です。ただある事。何かなんて一切ない。ただ一人の男を通しての100年が提示される。人間ではなくただ生き物として。文明社会に暮らす私たちに生きるとはを突きつけている。なんとなくそう思う。自分の中の感覚がそう言っている。
  • 川村紗也 @sayauso 2014-12-01 22:28:20
    突撃金魚おもろかったー。 さちろ出れてうらやま! 前にOLと課長さん映像作ってくれたコンビ!突撃さん明日までだって! pic.twitter.com/99rpjIWOcI
     拡大
  • すずきとしお @ToshioSuzu 2014-12-01 22:23:51
    突劇金魚「漏れて100年」観劇。全然わからなかった。わからないなりに面白いならいいんだけど、空調の悪さも手伝って苦行のようだった。この作品が岸田賞の候補に残っていたのが信じられない。
  • 西尾佳織 Kaori Nishio @nishiokawari 2014-12-01 22:13:32
    ファンタジーのようなことを演劇でやる感じ、想像するに私ちょっと苦手なのになぜ平気だったんだろう(平気というのも随分な言い方だけど)と思って、サリngさんにそうお話ししたら、「それは私もファンタジーがほんとは苦手だからかもしれないです」とおっしゃっていて、そうかーと思った。
  • 西尾佳織 Kaori Nishio @nishiokawari 2014-12-01 22:05:25
    一昨々日に見た突劇金魚「漏れて百年」の世界が、三日間、ぽつぽつ思い出される。言葉にして分節化しよう、ということが起こらないのは私にとって、演劇を見たときにはあまりないことで、ぼんやり反芻するという仕方になっているのはなんかいいわあ。と。
  • 長谷川 剛 @inazusa 2014-12-01 21:54:40
    音楽は世界観にマッチしているとは思えなかったし不必要な暗転、そして演者の欠落した技術、必要と思えない小道具の数々、それぞれの作りの甘さ、そして脚本の酷さ、ゆるくて完成度の低い世界観。面白くないんだよ、金を取るレベルでないの気づいてないのかい、と言いたい。突劇金魚さんよ
  • 長谷川 剛 @inazusa 2014-12-01 21:48:35
    突劇金魚『漏れて100年』@こまばアゴラ劇場 終わり。怒りが湧くほどつまらなかった。原因は脚本も演出も照明もすべてのセンスの悪さ、そしてそれが全て絡むと最悪の結果になる典型的。全く共感できず、時計を100回見た。客観的な視点が大きく欠如していた。自分たちはどう思われているのか
  • 葛葉 @sea_of_hope 2014-12-01 21:48:32
    漏れて100年 なんとも一風変わったファンタシーだったけど、不思議と観劇後に後を引く。 役者さんもみんな印象的だった。 仙人の白く細い手首とゆめが語る悪行のギャップ。 個人的に青鬼のビジュアルがすごく好き。 あと、この前のiakuさんでも思ったけど、緒方さんの味がたまらんです!
残りを読む(175)

コメント

カテゴリーからまとめを探す

「舞台芸術」に関連するカテゴリー

ログインして広告を非表示にする
ログインして広告を非表示にする