18
ナカコ姐さん @zhongzi
「実録 連合赤軍〜あさま山荘への道程〜」に、弟が吉野雅邦役で出演した。もう3〜4年前かな。吉野はあさま山荘に立て篭もった最後の5人のうちの一人。未だに千葉刑務所で服役中だ。難しい役に決まったとき、弟は刑務所の吉野宛に手紙を出したそうだ。そこから、二人の文通が始まった。
ナカコ姐さん @zhongzi
っていう暴露を姉がしていいのだろうかw
ナカコ姐さん @zhongzi
弟と連赤の吉野雅邦の話。時間かかるけど、少しずつ書くかな…気長にお待ちを♪( ´θ`)ノ
ナカコ姐さん @zhongzi
弟は真面目というか不器用な役者で、役作りにすごく時間がかかるタイプ。色んな事情が絡まってしまったにせよ、結果的に戦後最多の殺人を犯した吉野になる為に、ダメ元で服役中の彼に手紙を出したそうだ。 すると、35年もの間塀の中で色々な想いがあるのだろう、返って来た手紙はかなり長文だった。
ナカコ姐さん @zhongzi
弟はその長文の手紙よりも本人に会いたくなった。会って吉野雅邦という人の空気に触れたかった。そして、面会を申出たそうだ。 しかし、その返事はNOだった。理由は…
ナカコ姐さん @zhongzi
「私には母がいます。母は高齢にも関わらず、面会日には必ず私に会いに来てくれるのです。母に残された時間はもう少ないでしょう。私は私に出来る唯一の親孝行として、私の面会時間の全てを母の為に使いたいのです。あなたはあなたなりの吉野雅邦を演じなさい。」という返事だったそうです。
ナカコ姐さん @zhongzi
そんなわけで、弟は吉野雅邦本人には会えなかったけど、その母への気持ちを読んで少しだけ彼を理解したような気がしたと言ってた。 吉野雅邦のことはわたしには全然分からないのだけど、あの当時連赤のメンバーは獄中からも手記やら小説やら発表し続けた人が多い中、吉野だけはなにも語らなかった。
ナカコ姐さん @zhongzi
なぜ彼がなにも語らなかったか。それは、自分が何かをこの世の中に表現するということは罪深いと知っていたから。未来ある多くの若者の命を奪った自分が何かを言うことをもし仮に赦されるとしたら、それは完全に服役を終えてからだと。贖罪としての沈黙。それが吉野という人だった。
ナカコ姐さん @zhongzi
しかし、もしかしたら自分は命あるうちに釈放されることは無いのかもしれない。吉野は考えるようになった。 そして「実録・連合赤軍 -あさま山荘への道程-」という映画で自分の役を演じることになった俳優宛ての手紙を通して当時彼が何を見て、いま何を思うのかを語った。
ナカコ姐さん @zhongzi
その手紙が映画の制作本の中に収録されています。吉野雅邦が初めて自分の文章を発表したということで、話題になりました。でも!わたしの弟(俳優菟田高城)のことは、なにも書かれてないんだけどwwww ひどい!! そんな経緯で弟が魂込めて役作りして挑んだ作品です。
ナカコ姐さん @zhongzi
そんな不器用な役者やってます弟のTwitterアカウントを発見したよwww アカウントを取ってみたものの放置されてて、どうやら呟くつもりないらしいが、みんなフォローしちゃえ! @takakiuda

コメント

甘茶 @amateur2010 2017年3月9日
連合赤軍山岳ベース事件の殺害者側としては森恒夫や永田洋子、坂口弘、坂東國夫など主要幹部に目が行きがちだけど、積極的ではないにせよ妊娠中の妻を総括で殺害した吉野雅邦の存在も相当印象深い。
甘茶 @amateur2010 2017年3月9日
「実録・連合赤軍 -あさま山荘への道程-」はDVDで購入してるけどまだ観れていない。演者のこういう心意気を知った上で鑑賞すれば、作品をより深く批評的に観ることが出来るかもしれない。
akikan-Majonojelly @Majonojelly 8月15日
映画を見ました。 本物の吉野さんがどういった雰囲気の人かわからないのですが ウダさんの無精髭、黒縁メガネ、笑うと素朴な笑顔になるところなど、 「昭和後期の万年あんちゃん」って感じ120%で、時代を体で表現できてると感心しきりでした。 同時に、どこにでもいた青年があのような事件を起こしたという事実の厳しさも感じました。 各種制約でところどころに平成の物件や雰囲気が出てしまっている中 ウダさんはまさに!パーフェクトだったと思います。
ログインして広告を非表示にする
ログインして広告を非表示にする