マッドサイエンティスト志望の合法ドラッグ商人と、『脱法ドラッグの罠』の著者との対話

2016年2月に、2015年分の発言と、注釈を追加 なお、森氏の2014年のツイートは既に削除されています。
危険ドラッグ 脱法ドラッグ
methylenedi_oxy 6783view 19コメント
  • 3
  • お気に入り
1

限定公開の新機能が大好評!

プライベートなツイートまとめの共有がもっと簡単になりました。フォロワーだけに特別なまとめを公開しませんか?メンバー限定はメニューから設定可能です。詳細はこちら

ログインして広告を非表示にする
  • 熾(旧アカウント) @methylenedi_oxy 2014-11-11 00:38:56
    @moritakahisa 『脱法ドラッグの罠』を興味深く読みました。私自身は脱法ハーブはあまり使ったことはないですが、脱法アロマ、パウダー(バスソルト)はそこそこ経験があります。ある程度アッパー系(覚醒剤)の薬理は分かりますので、何かわからないことがあればお気軽にお尋ね下さい。
  • 卍™卍 @moritakahisa 2014-11-12 00:42:29
    @methylenedi_oxy こんばんわ。ブログにコメントしてくださった方ですか?ブログで返信させて頂きました。薬理作用についての知識は持ち合わせておらず、ご期待に添えるような”わからない事”がないというのが本音です。現場取材で、そのような話題になった事も一度もありません。
  • 森鷹久 blog 「脱法ドラッグの罠」発売中です

  • 熾(旧アカウント) @methylenedi_oxy 2014-11-12 16:03:44
    @moritakahisa はい、同じ者です。私の方は、使用経験やアッパー系に関する薬学方面の知識はあるものの、脱法業界の知識はほとんどありませんでしたので、ご著書は大変参考になりました。
  • 卍™卍 @moritakahisa 2014-11-12 22:32:29
    @methylenedi_oxy 読んで頂きありがとうございます。私の場合、脱法ハーブそのものや成分より、脱法ハーブが受け入れられる社会や背景といった所に興味があり、書いたという次第です。合法ハーブwiki等は見ておりましたが、熾様のwikiはすごいですね。正直に怖いです
  • 「ハーブwiki」はすでに閉鎖されていますが、最大級の商品情報交換サイトでした。
    キャッシュはこちら

  • 熾(旧アカウント) @methylenedi_oxy 2014-11-12 22:47:38
    @moritakahisa あ、私のwiki(嗜好性薬物の世界)の方は、これまでご覧になったことはなかったということでしょうか? 今Googleで検索してみたところ、確かに「脱法(合法)ハーブ」や「脱法(危険)ドラッグ」などのキーワードだと、なかなか上位には出てきませんね。(続)
  • 嗜好性薬物の世界

  • 熾(旧アカウント) @methylenedi_oxy 2014-11-12 22:55:33
    @moritakahisa  (「合法ドラッグ」だとすぐ出てきますが) 私も、社会でなぜこういうものが流行るのかについては、興味を持っています。「コラム」のページで、「社会的依存」という、身体依存精神依存と並ぶ、第三の依存を提唱したりしています。(なんか社会学者気取りの(続)
  • 熾(旧アカウント) @methylenedi_oxy 2014-11-12 22:56:32
    @moritakahisa  書き方をしていますがw) あと、ちょっと「正直に怖いです」というのが気になったんですが、どういったあたりのことなのか知りたいのですが……
  • 卍™卍 @moritakahisa 2014-11-13 22:44:05
    @methylenedi_oxy すみません。誤謬があったかもしれませんが、やはり化学的な”ドラッグ”は僕の中で「怖い」というイメージがありますので、そこを真剣に検証していらっしゃる方々を「怖い」と思ってしまいます。熾さまにとってのドラッグとは、いかなる存在でしょうか?
  • 卍™卍 @moritakahisa 2014-11-13 22:49:41
    @methylenedi_oxy 度々すみません。一括りにドラッグといっていい訳がなく、先ほどの質問は少々荒っぽくなりました。しかし、本当にお伺いしたいのは、単なる興味本位や怠惰、性的快楽への追及といった理由を超えて、ドラッグに魅了される方がいるとしたら、それがなぜか知りたいです
  • 熾(旧アカウント) @methylenedi_oxy 2014-11-14 00:25:27
    @moritakahisa そうですね……私もドラッグの怖さは、様々な形で認識させられております。自分自身がODで死ぬような思いをしたり、切な喫煙方法で声が出なくなったり、掲示板の常連の人が、いきなり妄想を起こして絡んできたり、近所の知人の知り合いのお子さんが、(続きます)
  • 熾(旧アカウント) @methylenedi_oxy 2014-11-14 00:29:55
    @moritakahisa ハーブにハマって複数回刑事事件を起こしたり、本当に色々な形で思い知りました。私は依存症になりやすい体質ではないため、幸い依存症にはなってはおりませんが…(と言っても、規制のためにまともな国内製品がなくなったため、断薬中なだけにすぎませんが)(続きます)
  • 熾(旧アカウント) @methylenedi_oxy 2014-11-14 00:44:29
    @moritakahisa ちなみに、英語圏では、私と同じように嗜好性向精神薬を実際に摂取もしながら化学的、薬理学的な研究をしているマニアはかなりいるようです。日本でもそこそこいるとは思うのですが、おそらく日本語のサイトを立ち上げて現在でも活動している方は、私以外には(続きます)
  • 熾(旧アカウント) @methylenedi_oxy 2014-11-14 00:54:30
    @moritakahisa あまり見当たらず、多少寂しく思っています。なお、小森弁護士のブログのコメント欄の常連であったyeppuniさんという方が、私といくつかの点でよく似ており、シンパシーを感じているのですが、残念ながら、この方の現在の状況は、かなり悲観的に考えて(続きます)
  • 熾(旧アカウント) @methylenedi_oxy 2014-11-14 01:13:23
    @moritakahisa おります。(ダイレクトメッセージでなら、詳しくお教えできます) 前置きが長くなりましたが、「ドラッグとは、いかなる存在でしょうか?」についてお答えします。最初は、マートドラッグ(頭脳を明晰にする薬)として有用ではないかと考えて、アップ屋(続きます)
  • >悲観的
    例えば、覚醒剤精神病を発症した上で、お亡くなりに……?

  • 熾(旧アカウント) @methylenedi_oxy 2014-11-14 01:16:03
    @moritakahisa という、すでに閉店された店(実質的な経営者の吉野さんが、先日短期間逮捕されました)からアロマやパウダーを購入したのが、そもそもの始まりです。しかし、それらはカチノン類という、コカインと同様にすぐ効果が切れる覚醒剤であったため、摂取する(続きます)
  • 熾(旧アカウント) @methylenedi_oxy 2014-11-14 01:18:25
    @moritakahisa そばから薬効が切れ、(理由はそれだけではありませんが)連投に次ぐ連投をする羽目になり、全く当初の目的だったスマートドラッグとして使えず(これは私の使い方も悪かったのですが)、色々と生活パターンをおかしくする羽目になりました。そして紆余曲折を(続きます)
  • 熾(旧アカウント) @methylenedi_oxy 2014-11-14 01:29:37
    @moritakahisa 経て、年の8月の規制で、内脱法業者の製品のレベルが一気に低下し、私はこれをきっかけに、「他人が作った脱法製品を買う」生活に見切りをつけ、私自身が業界に参入してみようと考えることになったのです。以前から、漠然とした(続きます)
  • 熾(旧アカウント) @methylenedi_oxy 2014-11-14 01:33:29
    @moritakahisa 「故アレクサンダー・シュルギン氏のような、新しいドラッグを開発する化学者(マッドサイエンティスト?)になりたい」という願望は持っていたのですが、それが一気に現実のものとして噴き出してきた、という感じです。私を突き動かす魅力は何か、と問われ(続きます)
  • 熾(旧アカウント) @methylenedi_oxy 2014-11-14 01:37:30
    @moritakahisa れば、初期のころは「頭脳明晰化のために」手を出し、少し前までは「惰性で」続け(切りのいい所でやめられず)、現在は「お金を儲けるため」業界に参入しようとしている、ということになります。何とも利己的な理由ですが、「まあ、これまで何十万円も脱法(続きます)
  • 熾(旧アカウント) @methylenedi_oxy 2014-11-14 01:41:02
    @moritakahisa ドラッグに使ったし……」みたいな、自己正当化をしながら(?)日々動いているという次第です。書き始めたら、結構長文になってしまいましたが、こんなところです。あと、私がああいったサイトを作っている理由としては、以前ウィキペディアの編集に参加して(続きます)
  • 熾(旧アカウント) @methylenedi_oxy 2014-11-14 01:42:38
    @moritakahisa いたので、自分のサイトを作って、時々文章を推敲しながら、書き足していくという作業が好きだったということも挙げられます。

コメント

  • kartis56 @kartis56 2014-11-17 15:57:18
    合法ドラッグ商人って薬局のことじゃないの?
  • 熾(旧アカウント) @methylenedi_oxy 2014-11-17 16:38:43
    確かに薬局も薬種商も当てはまりますね。私が目指すのは、「試薬会社」です。こちらも同じように当てはまると思います。
  • magius@MLPS @magius776 2014-11-18 02:57:27
    言い訳が必要なほど悪い商売であると理解しつつやめる気はないのか。自分は依存症ではないという言葉が実に疑わしく見えるな
  • 熾(旧アカウント) @methylenedi_oxy 2014-11-18 03:17:22
    magius776 摂取する人たちとの間にワンクッション、ツークッションおいていますから、そんなに悪い商売であるとは実感する機会もないと思います。依存症については、ある理由で自分は「依存症になりにくい体質」だと判断しています。
  • magius@MLPS @magius776 2014-11-18 23:54:39
    既にまとめ中で悪い商売だと理解し、実感しているから言い訳が必要なんだろうがね。ついでにマッドだろうがサイエンティストに憧れるなら、自分が依存症になりにくいという事実をどう解明したかは伏せるべきじゃないな
  • 熾(旧アカウント) @methylenedi_oxy 2014-11-19 06:51:09
    magius776 私が依存症になりにくい理由・根拠でしょうか? まず依存症とは、遺伝子によってなりやすいかどうかが決まるものです。簡単に言えば、脳の作りがそういう素因(体質)になっているかで、依存性物質の乱用から脱却しやすいかが決まります。そして、私はドラッグの静脈注射を結構試してみましたが、今横に注射器や針が転がっているものの、それを見ても、「また注射したい」という渇望には駆られません。覚醒剤依存者の中には、テレビで注射器や、白い粉(砂糖でも)を見ただけでやりたくなって我慢できず、(続く)
  • 熾(旧アカウント) @methylenedi_oxy 2014-11-19 06:52:42
    magius776 売人の元に走るという人もいるそうですが、幸いにして私は、そういった依存体質ではないようです。また、薬物を連投すると、終了時から1週間ほどは、薬物摂取の夢を見ますが、これもやがて消えます。しかし、覚醒剤依存だった元暴力団員の牧師は、今でも注射をしたときの夢を見るといいます。こういった自己の体験を踏まえての物です。
  • magius@MLPS @magius776 2014-11-22 06:20:39
    @methylenedi_oxy しかるべき研究機関においてその遺伝子を検査したならともかく、体験談の枠内では事実とオカルトとの区別はつかんだろ。まあ依存体質ではないようですと表現を和らげたあたり、自分で理解しているようだが…
  • 熾(旧アカウント) @methylenedi_oxy 2014-11-22 13:47:23
    magius776 まあ、「もっとも快感が強烈で、一度やったら忘れられない」という静脈注射を、かなりの数(きちんと静脈内に注射できなかった失敗例も含めて)実行しているのに、目の前に注射器があっても渇望がわかないという状況からして、私が依存症から縁遠いタイプだというのは、確かなようです(まあ、メタンフェタミンのような高力価なネタじゃなかったというのもありますが)。ただ、ドーパミン作動性薬物は程度の差こそはあれ、依存性を持ちますし、私も依存的になった時期はありました。(続く)
  • 熾(旧アカウント) @methylenedi_oxy 2014-11-22 13:50:30
    magius776 そして、これからも自己使用したいために、自主開発したドラッグを、バルク量(商用量)で調達をしつつあると言っても差し支えありません。確かに業界参入は、こういう動機による面もありますね。
  • Tamemaru@俺得本舗 @Tamemaru 2014-11-22 19:37:03
    『~、脱法ドラッグの場合、客の多くがリピーターとなり、「買ってよかった」と考える、~』 害が少なく、依存性も少ないものなら確かにそうだろうなぁ、と思った。 DiptやAMTの規制と共に合ドラから離れていった人は相当数いたけど、そういう人達から「あの頃の俺はショップに騙されてた許せない」という声はあまり聞いた覚えがない。
  • 熾(旧アカウント) @methylenedi_oxy 2014-11-23 01:33:39
    Tamemaru ある意味、宗教やギャンブルと同じですね。宗教の場合、献金をして自己犠牲しているのに、「入信してよかった」と感謝する信者が多数です。ギャンブルも、「競馬が大好き」という人ほど、競馬で損をしている場合が多いですね。
  • magius@MLPS @magius776 2014-11-23 05:25:00
    @methylenedi_oxy 明らかにドラッグを自己使用したいという欲求はあるが、依存症ではないというわけか。やはり、酔っていないと言い張る酔っ払いと同じ様に見えるな…
  • magius@MLPS @magius776 2014-11-23 05:44:54
    実験や研究と称して薬物を使う輩は他のまとめでも見たが、明らかに意識や判断に影響を受ける薬物下において得た"体験"を事実とする根拠はいったいどこにあるんだろうな。せめてかなりの数などと誤魔化さず数字くらい書けんものかね?
  • 熾(旧アカウント) @methylenedi_oxy 2014-11-23 05:56:39
    magius776 現在、脱法物については断薬中ですが、摂取したいという渇望は感じません。ただ現在国内脱法業界にまともな製品がないので、私の望む製品があれば買っているでしょう。手元に脱法ドラッグの袋が多く残っていますが、それを見ても渇望は生じません(まあ、すでに規制された製品なので、もう買えないという心理も大きいが)。依存症の場合、自分の意志の力ではやめられないということになるので。
  • 熾(旧アカウント) @methylenedi_oxy 2014-11-23 06:06:10
    magius776 それは幻覚剤の体験のことでしょうか? 本人にとっては、現実とは異なっても、「思い出の事実」と認識してもいいと思います。夢を見て、それをお告げと解釈する人もいます。当事者にとって、人生に資する幻覚体験であった場合、それは夢以上に問題があるものではないともいえるでしょう。ただ幻覚の種類によっては他害につながるので、リスクはありますが。
  • Tamemaru@俺得本舗 @Tamemaru 2014-11-23 09:54:17
    methylenedi_oxy ああ、そうか。言われて気づきました。この場合dipt世代から文句が出ないのは価格の問題が大きいと思います。あの頃は1hitが100円前後というビール一杯以下の値段だったので、そもそもいくらハマろうとも金銭的な「損」をすることが難しかった。 今の危険ドラッグのような価格で売られていたらそれなりに「無駄な金を使った」という嘆きが聞かれただろうなと思います。
  • 熾(旧アカウント) @methylenedi_oxy 2014-11-23 14:38:26
    Tamemaru 「ビール一杯以下の値段」で、「そういえば、ヒロポンが薬局で売っていた時代も、焼酎より安いと言われていたっけ」と思い出しました。しかし、逆に現在の脱法ドラッグは、(アッパーに限り)割高になってから使用者が増えましたね。(ハーブは1パックで100回くらい使えたりするので別) 安い時期だった2005年以前ごろの業者は、あまり儲かっていなかったのかなと思ってしまいますが、なぜ単価が安く、ユーザーも少なかったのに成り立っていたのかちょっと不思議です。
  • magius@MLPS @magius776 2014-11-24 22:53:31
    @methylenedi_oxy 自分の意思力でやめられないほど重症でなく、薬を求める程度だとしても依存症とは呼べるだろうが、それはともかく現実とは異なる事実というのは愉快だがナンセンスだな

カテゴリーからまとめを探す

「社会問題」に関連するカテゴリー

ログインして広告を非表示にする
ログインして広告を非表示にする