6
ゆーじ @yuujii
記事書きました。まだまだカードはあるぞい。 Intel RealSense Developer Kitで遊んでみた。〜 HoloLensを作ろうとした話 2vr.jp/2015/02/04/int… @yuujiiさんから
中村 薫 @kaorun55
RealSense カメラ、ship on Wednesday Feb 18, 2015.ってメール来た、注文したのは11月かな?
中村 薫 @kaorun55
RealSenseとLeap Motionを比べたばあい、手指の検出はLeap Motionのほうがギリギリまで追ってくれる。RealSenseは顔とか音声とか、ざっくりとした手の位置とかにメリットかな。
中村 薫 @kaorun55
あとRealSenseのメリットとしては、RGB24フォーマットで1920x1080 30FPSがでること。Depthが640x240 110FPSがでること。IRがY8フォーマットで640x480 300FPSでること。
中村 薫 @kaorun55
Leapの場合は可変フレームレートで、手を認識するまでは30FPS前後で、手を認識すると110FPSくらいになったはず
中村 薫 @kaorun55
RealSenseとLeapを比べた時の、Leapのメリットは、小さい、USB2でうごく、SDKがシンプル。かな。
中村 薫 @kaorun55
RealSense SDKはPerC時代からなんというか独特。Unityパッケージは割とよさそうだけど、コード書き出すとちょっと大変かも
中村 薫 @kaorun55
RealSenseの手の検出は4つ方法があって、速度と検出部位によって使い分ける感じ。 software.intel.com/sites/landingp…
中村 薫 @kaorun55
割とRGBカメラだけでできるのが多いので、RealSenseとWebカメラで顔まわりというは遊べる
中村 薫 @kaorun55
あと面白いのがObjectTracking。AR用かな。エンジンはMetaioのを使ってて、2D,3D,3Dインスタントの3つ。2DはWebカメラでもOK software.intel.com/sites/landingp…
中村 薫 @kaorun55
RealSense SDKは無償。Webカメラで使える機能も多いよ software.intel.com/en-us/realsens…
中村 薫 @kaorun55
Windows用はF200という前向きカメラ。ほかにリア(空間認識)用のR200と、低性能向けのSnapshotというカメラの3種類。DELLのAndroidタブレットはSnapshot。
中村 薫 @kaorun55
F200とR200はリアルタイム。Snapshotは後処理
中村 薫 @kaorun55
.@NeoTechLab 慣れると同じパターンなので、理解が早いですが、独特ですねw PerCよりはRealSenseのほうがまだマシかも
中村 薫 @kaorun55
SDKのわかりやすさはLeap > Kinect v2 > RealSense
中村 薫 @kaorun55
SDKのボリューム(機能の豊富さ)はRealSense > Kinect v2 > Leap
中村 薫 @kaorun55
ただRealSenseでも画像系と音声系はまたクセがちょっと違う。。。
中村 薫 @kaorun55
ここ2か月くらい、ずっとRealSense触ってるけど、でかすぎて大変w
中村 薫 @kaorun55
RealSenseの最大の問題は入手性の悪さw 一部はWebカメラでもできるんですけどね。
中村 薫 @kaorun55
.@moonmile ですね。OpenCVはC++と合わせて使ってます。速度も結構速いですよね。
中村 薫 @kaorun55
RealSenseの言語間またいだときは、結構面白くて、C++とC#でほぼ同じコードで書ける
中村 薫 @kaorun55
あとUnityはデスクトップとWebプレイヤー用があった
残りを読む(4)
ログインして広告を非表示にする
ログインして広告を非表示にする