限定公開でまとめを作れば、相互フォローやフォロワー限定でまとめを共有できます!
79
榊一郎 @ichiro_sakaki
そういえば、とふと昔話。デビューしたての頃は、ラノベ作家と、絵師さんとの連絡は御法度だと担当編集に言われていた。そういうのは「業界的に許されないのだ」と。私の場合、安曇さんに「いつもお世話になっております。今後もよろしくお願いします」的な短い挨拶メールを一本送ったんだけど、
榊一郎 @ichiro_sakaki
それを知った担当編集者がえらい怒って電話を掛けてきた。でまあ、以後、私は基本的に絵師さんには自分から挨拶も何もしないようになったんだけども。「業界的に許されないのだ」ってのが件の担当編集の「俺ルール」だと知ったのは、それから数年後(笑)。
榊一郎 @ichiro_sakaki
勿論、担当編集の俺ルールにも全く理が無い訳ではなく、まあ、担当の頭飛び越えてラノベ書きと絵師さんがやりとりすると、トラブルが起こる可能性も跳ね上がる。いってみりゃクリエイター同士が我のぶつかり合いする訳だし。ただ、もうツイッターだの何だのが当たり前の昨今、
榊一郎 @ichiro_sakaki
ラノベ書きと絵師さんを隔離しておくなんてのは、全く現実的ではない訳で。そうなると編集者もやり方を変えるというか、普通に宴席設けて「やあやあよろしくよろしく」とやらせたりする事も。良い悪いとかそういう話ではなく、なんか、時代変わったなあ、というのが私の印象。
榊一郎 @ichiro_sakaki
ちなみに、安曇さんに送ったメール、後で安曇さん御本人から聞いた処によると、変な文字化けして失礼極まりない文面になってたらしく(まあこれもインターネット普及前によくある話だが)。担当編集の懸念ももっともというか、実際やばかったのなw
カワカミン/Let's貢献! @kawakamin
@ichiro_sakaki 当時の富士見編集部では、そういうルールが有るってファンの間でまことしやかに語られてましたけど、まさか事実だったとは…
天上天下唯我独尊 @ayumix45
. @ichiro_sakaki 吼えペンなんかでもありましたね・・・・あまりよくわかってない作家を俺ルールで縛ってた編集とか・・・(そういやシロバコの屑編集はある意味それをやってましたね シロバコの場合それがアニメと原作連携をアカンくさせてましたが)
榊一郎 @ichiro_sakaki
@ayumix45 @kawakamin まあ、不文律は何処の業界でも、どこの編集部でもあったりしますがね。合理的か不合理かはともかく。ちなみにトラブルが起きる場合は、悪意在る俺ルールが原因、というより、単純に、無知や怠惰とかが原因のミスが多い(故意なんざまずない)印象です。
れーじ/午後12時の男 @le_ji
@ichiro_sakaki 変に関係持って仲違いしたりして作品に影響でたら……とかそういうこと考えてたんでしょうか。
keita @Ks_magic
@ichiro_sakaki 漫画だと原作者さんと絵描きさん、最後まで合わなかったって話聞いたことあるな(北*の*でのこと)正直、つなぎの仕事してる人にとって頭超えられるのが一番プライド傷付くんですよね(私はどっちの立場でも、その経験あり、そしてどっちでも最終的に地獄見た)
榊一郎 @ichiro_sakaki
@Ks_magic まあ、それもありますわな。よく分かります。なので、余程の事が無い限り今でも私は自分から積極的に絵師さんには連絡とりませんです。
榊一郎 @ichiro_sakaki
「業界慣習としてそういう事は許されない」と右も左も分からない新人作家に頭ごなしに突きつけてよしとするべきではない(相手をいわば一切信用せずに、最初から説明し、教育する事、対等な仕事における関係性の構築を放棄している)という意味で、エゴそのものです。
ぐだ犬 @light_noveler
@ichiro_sakaki はじめまして。突然のリプライ失礼致します。絵師と著者の隔離を「俺ルール」とレッテル付けすると、他にやっている編集の方のご迷惑になるのではありませんか? 榊様はかなり影響力の高いかたなので、発言を免罪符に新人作家さんたちが動いてしまうかもしれません。
榊一郎 @ichiro_sakaki
@light_noveler 新人作家さん達が「動く」というのは……? ちなみにわざわざ「隔離」しようとする編集さんはもうほぼ居ないと思います。先にも書いた通り、事実上不可能なので。で、トラブルの防止はむしろ、より根本的な「常識」部分で行われているかと。
ぐだ犬 @light_noveler
@ichiro_sakaki ご丁寧な返信誠に有難うございます。「動く」というのは、「榊先生があぁ仰っているのだから絵師に連絡取るなって言われてるけどそっちがおかしい!」と反発、もしくは連絡を取り始めることです。得てして、短慮に走らない人はそもそも絵師と連絡をとっても(続く)
ぐだ犬 @light_noveler
@ichiro_sakaki (続き)問題を起こしませんが、問題を起こすようなかたはそういう言葉を自分の都合のいいようにねじ曲げがちです。
榊一郎 @ichiro_sakaki
@light_noveler 撤回しようが何しようが免罪符として使うかと思いまするが……
ぐだ犬 @light_noveler
@ichiro_sakaki 極論を言えばその通りです。が、あまり良い言い方ではありませんが「業界の常識」としておくことで、破ると業界から干されるかも…という新たな抑止力が生まれるかもしれません。恐怖政治のようであまり快くはないですが…
ぐだ犬 @light_noveler
@ichiro_sakaki 結局のところ『問題起こすやつは問題起こす』というのは榊先生のいう通りだと思います。ただ、自分が言いたかったのは、それを「俺ルール」という、編集のエゴであると取られかねないレッテル付けは、助長してしまう恐れがないか、ということですね。
ぐだ犬 @light_noveler
@ichiro_sakaki 実際に、頭越しにやられるとプライドが傷つくから、という理由に結びつけている方もいらっしゃいますし
榊一郎 @ichiro_sakaki
@light_noveler ああなるほど。まあエゴととられかねない――というより実際エゴなんですが(客観的に理はあったにせよ)。というか、この一連の会話であなたが目指して居られるのは、「俺ルールというのは間違いだった、すみません」とツイートしろ、という事ですか?
ぐだ犬 @light_noveler
@ichiro_sakaki (前回のツイートは不適切だったため消去致しました)いえ、「著者が絵師と連絡を取り、問題を起こす可能性を増やす可能性のある発言ではありませんか?」 という問題提起のつもりでした。
榊一郎 @ichiro_sakaki
@light_noveler この点に関しては、実の処、実際に件の編集者本人にも苦言として言った事はありますし、私が知っている限り、きちんと理由を説明する編集者さんの方が多いので、問題無いかと考えておりました。
ぐだ犬 @light_noveler
@ichiro_sakaki 情報格差があり、相互理解のない「慣習」は確かに「エゴ」ですね。そういう意図を理解できず申し訳ありません。また、長々といちユーザーにお付き合いくださり誠に有難うございました。新作の「蒼鋼の冒涜者」、楽しみにしております。
残りを読む(21)

コメント

未知神明(みちがみ・あきら) @ontheroadx 2015年4月27日
「聞いてねえよ」と編集に言われないよう、会うとかメールとかに編集者を時々入れてあげるのがコツです。
Heyw65kZ4RiU @29zgJQepexzZ 2015年4月27日
「上司(orプロジェクトリーダー)に一切報告がないまま現場レベルでの取り決めごとが既成事実と化す」って案件のヤバみは体験したことがないと理解できないのかな?
smw @Shi_MeiWo 2015年4月27日
原作者と挿絵師がその編集者の部下なら勝手に話を進めるのは当然まずいけど、たんに請負契約を交わしただけの人たちなら、契約書に書かれてない事を言われるのは余計なお世話なのでは。
未知神明(みちがみ・あきら) @ontheroadx 2015年4月27日
編集が間に入ると言いにくいことが言えるというメリットがあります(間にSHIROBAKOのタローみたいなのが入ってよけいひどいことになる場合もないとはいえないけど)。
鐘の音@冬コミ新刊🍈さま委託中 @kanenooto7248 2015年4月27日
編集と小説家や挿絵のイラストレーターが揉めただけなら、編集が交代したらそれでおしまいだけど、小説家さんとイラストレーターさんが修復しがたいケンカをしたら、おいそれと買える訳にはいかない泥沼になるのではないか?
trycatch777 @trycatch777 2015年4月27日
話をして良い、良くないではなく「何を話すのか?」が一番重要なのでは?このまとめでも、そこってあまり語られていませんよね。指摘されてる、揉める原因ってのは一体?
鐘の音@冬コミ新刊🍈さま委託中 @kanenooto7248 2015年4月27日
コミカライズなのに漫画家と小説家が一回もあったことがないという話を(ry
がじらんむ @naminodarie 2015年4月27日
漫画では原作と作画を会わせるなと銀魂で言ってた
26歳高等遊民 @ujmtjmtjmtgwta 2015年4月27日
編集の知らないところで話を勧められたら、編集だって責任取れないからそりゃいやがるわね。その結果問題が起きたら真っ先に責任取らされる立場なわけだし
nekosencho @Neko_Sencho 2015年4月27日
いまどきツイッターその他各種のコミュニケーション手段もあるので、担当することになってお互いあいさつもなしってのは逆に非礼な気もするしね。担当込みで、仕事の進め方とか事前に相談しとけばいいんじゃない?
smw @Shi_MeiWo 2015年4月27日
最初に原作・作画・編集は1つのチームで、チームリーダーが編集だってことをめいめい確認するのがいいかと。漫画は一事業なので、チームの役割分担と考えると納得を得やすいのではないか。
今野隼史 KONNO Takashi @frontierpub 2015年4月27日
毎巻、著者・編集者・イラストレーターの三者が顔をつきあわせてどの場面をイラストにするかあーだこーだだべりながら描いた「七人の武器屋(これもファンタジア文庫)」の挿絵はすっごい良いものにできた……と思う。打ち合わせで街の地図を描いたり、著者さんから挿絵の感想も聞いたりした。超楽しかったな
ori+ @oritasu 2015年4月27日
「気象精霊記」の打ち切りの顛末とか知ってると、直接話をさせちゃいけない作家さんというのが現実にいるのだと認識せざるをえない。
ハドロン @hadoron1203 2015年4月27日
版権が絡むと面倒なことになったりするし、一概には言えないかな。キャンディ・キャンディ事件の例もあるし。けど、編集がすべてをコントロールする時代でもないと思うんだよな。
Heyw65kZ4RiU @29zgJQepexzZ 2015年4月27日
[c1877344] 編集ってスケジュール管理や挿絵の枚数やどんな場面を挿絵に入れるかの検討とか、そういう仕事って一切やんないんですかね? それなら上司やプロジェクトリーダーの例えがオカシイってのは認めますけど
おく のぶ @samorou 2015年4月27日
こういうのは逆の立場である編集の意見も聞いてこそ、面白くなるんだよな。ヘンな業界ルールや俺ルールも「なぜそのようなルールができたのか」を追求してみると、最初はそれなりに合理性があったりするもの。
Heyw65kZ4RiU @29zgJQepexzZ 2015年4月27日
[c1877344] あー、それとも、上司とプロジェクトリーダーと編集は持ってる権限がそれぞれに違うんだから、そこの精査をせずに乱暴に「現場の総括をする立場」という一点だけで3者をまとめるんじゃないとか、そういうことですかね? それならわからんでもないですけど。
未知神明(みちがみ・あきら) @ontheroadx 2015年4月27日
何を話すかって編集の悪口に決まってるじゃないですか RT:trycatch777「話をして良い、良くないではなく「何を話すのか?」が一番重要なのでは?」
瑞樹 @mizuki_windlow 2015年4月27日
未来放浪ガルディーンだと、巻末に作家と絵師とキャラクターデザイナーが対談してたのにねw
クソダサ英字プリントTシャツマン @nobocchinolife 2015年4月27日
タイトルと赤文字だけを読むとそういうルールが業界内にはっきり存在するかのようだ
Tsuyoshi CHO @tsuyoshi_cho 2015年4月27日
ケースバイケースすぎるので、先に強力に音頭とるのが安全ではあるが、そうすると今度は"合わない組合せ"にした編集側のプロジェクトミス、ということで詰め腹になりかねんこともあるのかも。連携したほうが良い作品になりえても、別に完全分離分業しても成立しうる(かもしれない)のかな...
ちょー@次は江田島 @chohitori 2015年4月27日
このまとめ見て真っ先に「アーマードール・アライブ」の騒ぎを思い出した。 絵師に(ないしは作家に)連絡を取らせてはいけない人間というのも確かに居るので、とりあえずは一律直接の連絡を取らせない、という対応はありかもしれないとあの騒ぎを見たあとでは思ってしまう。
ふぃずばん @fizzbang_alvitr 2015年4月27日
古橋秀之氏は「ブライトライツ・ホーリーランド」でイラストレーター自分で引っ張ってきてました(昔の会社の同僚だったそうですが)。ちなみに前嶋重機さん。
ぼんじゅ〜る・Fカップ @France_syoin 2015年4月27日
漫画書きや絵描きなんて対人能力の低い奴らばっかりだしプライドも高くなりがちだから、ねじれるととことん捻れるからなwキャンディ・キャンディなんてひどいもんだしw
間中瑠玖 @ManakaELK 2015年4月27日
とある、小説家になろう出身(かつ、規約違反で垢BANされた)ラノベ作家が、イラストレーターのtwitterアカウントに突撃して色々要求とかした結果、イラストレーターがアカウントを消した事件がありましてね
間中瑠玖 @ManakaELK 2015年4月27日
その一方で、イラストレーターと作家さんが非常に仲良くやってて、個人的に作家の誕生日にイラスト送る関係とかもあるわけで。今の時代だと「交流するな!」と編集が言い出すのはナンセンスなのは間違いないですが、先に述べた通りの「小説を書く能力以外が破綻している人」とか「イラストを描く能力以外が破綻している人」が直接コミュニケーション取って、大惨事になるのを懸念する編集の立場も分かる気はするんですよ
間中瑠玖 @ManakaELK 2015年4月27日
(実際、イラストレーターの遅筆?スランプ?が余りにも酷くてトラブった挙げ句、イラストレーターの入れ替えが起きた事件とか昔あったし)
腐ってもエビ @kusattemoevill 2015年4月27日
絵師と作家の衝突って江戸時代からあるからね……(北斎と馬琴を脳裏に浮かべつつ) SNSがなかった時代は、無用なトラブルを避けるためにそういうテを使うのはアリだったかと。ただ作家や絵師の間に緩い横のつながりができてる今、それをやると逆に作品作りを阻害しかねない可能性が……
鷲鷲37 @3783509415 2015年4月28日
前にどっかのまとめでそんなトラブル見た気がする 小説家さん側が人気イラストレーターに無茶振りしようとして編集にブロックされてたのを愚痴ってたまとめ
twin©ろくろ子 @inori_zwei 2015年4月28日
上で挙がってるけど、絵師にストーキングする作家とか絵師に自著を宣伝しろと迫る作家とか色々いるし。必ずしも直通で連絡取り合える方がいいとは言えないのが何とも。編集はただの窓口じゃなくて、様々な調整能力ないと困るよね。
Peculiar News JP @digdagzigzagu 2015年4月28日
samorou 「最初はそれなりに合理性があったりするもの。」▼ まあそうかもね。「最初は」。最初だけは。昔々その昔。 既に時代遅れになっても「業界の伝統だから」をオレオレルールをゴリ押しする奴らを老害って言うんじゃね。
芝尾幸一郎 @shibacow 2015年4月28日
slackなりskypeなりで、イラストレーター、作家、編集が相互に見える形で、交流すれば良いのに。 あと仕事の打ち合わせとかはwikiで情報共有して、齟齬を減らせば良いのに。 原稿の管理にgithubを使う例もある。http://itpro.nikkeibp.co.jp/atcl/watcher/14/334361/112000121/ まあ、要はITの力を借りて情報共有を積極的に進めたほうが相互不信に陥らずに上手く行くよということ。
_ @wholescape 2015年4月28日
おそらくこの編集者よりは業界古株であろう笹本祐一先生と鈴木雅久先生にこの件についてご意見を伺いたいように思う。
オタクモドキと化したぜるたん @the_no_plan 2015年4月28日
話としては違うけど、SHIROBAKOの飛行少女隊の原作者に会わせてもらえないアニメ制作サイドを少し思い出した。
ささきさん @ganbarenai2 2015年4月28日
[c1877344] この場合の上司は編集の上司を指しているということに気付けない事実のヤバみは指摘されないと理解できないのかな?
脳内がエロで埋まっている白痴のネトウヨ @dokuman3 2015年4月28日
小説家と挿絵担当で話をするなというのは無理があるんだから、話をするときは編集も交えてやってくれとなるのがいいんだろうかな?まあ、編集は上司じゃないけど小説家も指し絵描きも出版社と契約してるんだろうから契約者無視して勝手なことされたら困ることも多いわな。
ドンドコ @n0yujin 2015年4月28日
スレイヤーズVSオーフェンの作者画家対談…対決?とかあったけど、ああいうのは企画だからいいのか。
CD @cleardice 2015年4月28日
「お前は会わせると問題を起しそうだからダメ」って言うより謎の業界ルールだってことにしておいた方が色々穏やかに進むというお話では
鉄"コミケサークルモウシコミヲワスレルナ"早矢斗[デレステID:994240190] @cu6gane 2015年4月28日
作家と挿絵がお互い同じ属性のモノを好きなんだけど、カップリング的なモノや細部でのこだわりが真逆だったりしてそれが原因でケンカになった、とか実際ありそう。
未知神明(みちがみ・あきら) @ontheroadx 2015年4月28日
喧嘩すると始末に困るレベルの関係ですね RT:ManakaELK「その一方で、イラストレーターと作家さんが非常に仲良くやってて、個人的に作家の誕生日にイラスト送る関係」
緑川だむ @Dam_midorikawa 2015年4月28日
よほどウラを取られたら困るような事やってるんだろうなあ
3mのパブリックエネミーちくわ @tikuwa_zero 2015年4月29日
冒頭から榊先生がご自分の体験談を語られた上で、結論としてケースバイケースだとまとめてるのに、一般論化するのかとばかりに噛み付いている人がまとめ本文にもコメント欄にもいて草不可避www
3mのパブリックエネミーちくわ @tikuwa_zero 2015年4月29日
一方で編集者が作家と絵師を会わせたがらない理由の一つとして、編集者が二枚舌で「作家と絵師それぞれに、同じ事柄について別々の話をしていて、その事実を知られるのがマズイから」って可能性もありそうだなと思ったりはする。(邪推)
がじらんむ @naminodarie 2015年4月30日
コメント欄は明らかにまとめ方の話なのに榊一郎への話だと解釈しているベイマックス(草不可避で草を生やすな)
a.fox @yomi10111_a 2015年4月30日
皇国の守護者・漫画版の打ち切り騒動思い出した。 http://ameblo.jp/daradaru/entry-10056723463.html
KTR @KTR444 2015年5月31日
なんか編集者は傲慢だとするコメが多いけど、実際クリエイター同士が直接関わりあうと意見の衝突などトラブルが起こる可能性が高い。そうなった場合、編集者としても業務上クリティカルなわけで。問題はちゃんと説明しないで暗黙のルールを押し付ける事であってこの編集の姿勢そのものじゃないのでは。
エビゾメ @ABzome 2015年6月13日
会わせたから失敗した例もあわせなかったから失敗した例も作品が死ぬほどリスクがあって完全にこれ表か裏かのバクチで大変な話だのう。こういう場合まるで既婚者の愚痴に向けた「ちゃんと相手の本性に気づけなかったのが悪い」なんて言う人も居るけどそんなの完璧にこなせる訳ない。作家別でルールが違うと知られるだけでも気まずいだろうし。
ログインして広告を非表示にする
ログインして広告を非表示にする