10周年のSPコンテンツ!

アイウェア型サイクリングコンピュータ"Recon Jet"使用上の注意点

サイクリング用アイウェアにHMD(Head Mount Display)を搭載した"Recon Jet"が5月から出荷されました。 http://www.reconinstruments.com/products/jet/ 新ジャンルの製品ということもあり、その使用法に関してはかなり厳重な警告文書がついています。 続きを読む
HMD サイクリングコンピュータ reconjet
2
3103.net @3103net
「安全に関する重要な告知 Recon Jet使用前に読むこと」 #ReconJet #Tips
3103.net @3103net
Jetはあなたのスポーツやフィットネス体験を向上するためにデザインされています。 しかし、不適切に使用(たとえば道路に注意を払わずにサイクリングをする)した場合、Jetは物的損害、重度の怪我、さらには死亡に至る事故を引き起こす場合があります。 #ReconJet #Tips
3103.net @3103net
常に道路に注意を払ってください。 Jetの画面に注意を取られて、周囲の状況に配慮を怠るようなことをしないでください。 #ReconJet #Tips
3103.net @3103net
もしJetの安全な利用方法について質問がある場合は、Reconカスタマーサポートにe-mailもしくは電話(+1-877-642-2486)で連絡をしてください。 サポート時間は月-金の9:00AM-5:00PM PST(米国太平洋時間)です。 #ReconJet #Tips
3103.net @3103net
1.画面を注視しないこと。目は常に道路に。 Jetの画面はあなたの右目のちょっと下の部分にありますが、そこに目を囚われることなく常に道路を見渡すようにしてください。 #ReconJet #Tips
3103.net @3103net
画面を注視することは自動車や路上の破片や障害物を見失い、事故を避けるための能力を低下あるいは無くしてしまいます。 #ReconJet #Tips
3103.net @3103net
Jetの画面とその上に表示される情報は自動車運転時のダッシュボードやバックミラーを見るときのようにちらっと見る程度にとどめてください。 唯一そのような使い方だけが、あなたを交通その他の危険から身を守る方法です。 #ReconJet #Tips
3103.net @3103net
Jetの画面はサイクリングコンピュータやその他フィットネス情報デバイスからの種々の情報を表示します。 #ReconJet #Tips
3103.net @3103net
例えばJetは文字情報で通知や警告をアクティビティ中に表示します。 サードパーティのJetアプリではe-mail通知表示もするかもしれません。 #ReconJet #Tips
3103.net @3103net
それらの情報に目を向けることは、あなたとその周りの安全を危険にさらすことになることを意識してください。 通知は音で判断し、目線はJetの画面ではなく周囲の環境を注視し続けてください。 #ReconJet #Tips
3103.net @3103net
Jetの地図やナビゲーション機能に目を向けて路面への注視を怠るようなことはしないでください。 これらの機能はあくまで一瞬だけ見る用途を想定しており、アクティビティ中に凝視したり、じっくりと眺めることを想定していません。 #ReconJet #Tips
3103.net @3103net
常に周りの環境を意識してください。 もしマップやその他の機能にフォーカスしたい場合は、自身の安全と周りの安全のために安全な場所に停止してからにしてください。 #ReconJet #Tips
3103.net @3103net
2.注意欠落(トンネリング効果) トンネリング効果とはあなたの脳がある情報入力に集中してしまい、他のものに注意が向かなくなる現象です。 #ReconJet #Tips
3103.net @3103net
Jetの画面に集中することで他の情報入力、例えば近づきつつある自動車を目に入れていたとしても、それを無視してしまう可能性があります、 #ReconJet #Tips
3103.net @3103net
注意欠落によって障害物を見落としたり反応が遅れる原因にもなりえます。 これを防ぐために、道路の状況に常に神経を集中し、車や障害物から安全な状況を確認したときだけ一瞬見るのにとどめてください。 #ReconJet #Tips
3103.net @3103net
3.反応時間遅延について ほんの一瞬でも画面を見るということは、障害物に気がついて反応するまでの時間を増加させる可能性があります。 画面をちらっとでも覗くときは、交通量がなく、歩行者や道路の障害がない場合に限ってください。 #ReconJet #Tips
3103.net @3103net
4.死角(ブラインドスポット)について Jetの画面はちらっと眺めることがしやすいよう、右目のちょっと下に位置しています。 しかしながら、このディスプレイは視界の一部を欠落(ブラインドスポット)させていることに注意してください。 #ReconJet #Tips
3103.net @3103net
画面の位置を常に意識して、このブラインドスポットにあるかもしれない障害物も走査するようにしてください。 #ReconJet #Tips
3103.net @3103net
顔面の右にあるというポジションのため、Jetの画面はあなたの右手側を見る時に影響を与えます。 #ReconJet #Tips
3103.net @3103net
道路が左側通行の国のユーザ、もしくは交通が右手側に位置している時のユーザは、危険がないか背後をチェックするときに特にこのブラインドスポットを意識してください。 #ReconJet #Tips
3103.net @3103net
(つまり日本での使用は特に注意が必要、ということです:訳者コメント) #ReconJet #Tips
3103.net @3103net
5.周辺視野の減少 Jetのバッテリーと本体は貴方の周辺視野領域を狭めており、背後もしくは横からの危険検知能力に影響を与えます。 このリスクも意識した上で、危険を適切に検知してください。 #ReconJet #Tips
3103.net @3103net
6,Jetは安全眼鏡ではありません。 Jetは耐衝撃性レンズを用いていますが、全ての衝撃から保護できるわけではありません。 もし、そのような衝撃から保護すること必須もしくは推奨されるような作業に携わる場合はJetを使用しないでください。 #ReconJet #Tips
3103.net @3103net
代わりに(そのような業務に対する)保証がある専用の保護眼鏡を試用してください。 #ReconJet #Tips
3103.net @3103net
7.顔面の怪我について Jetに衝撃を与えることは顔面の怪我に繋がる可能性があります。これは顔に装着するどのようなアイウェアでも起こりえることです。 このリスクは肝に銘じておいてください。 #ReconJet #Tips
残りを読む(28)

コメント

コメントがまだありません。感想を最初に伝えてみませんか?

ログインして広告を非表示にする
ログインして広告を非表示にする