#自分の人生においてトップ10に入る同人誌をあげてけ 個人的まとめ

流行から一日ほど遅れてトップ10を数えてみたので、せっかくだからそれぞれ語ってみました。(順不同です)
ちーけー @spr_tk

#自分の人生においてトップ10に入る同人誌をあげてけ LOVE WORLD LOVE(ましゅまろりむ) SUTEKI WARS(海運) 紫VS藍(徒歩二分) かぞえ三欲阿礼最中(ジギザギ) 新刊一冊お願いします。(サイチル) コイドル(ACID CLUB) (続く)

2015-06-08 21:31:49
ちーけー @spr_tk

#自分の人生においてトップ10に入る同人誌をあげてけ 東方青帖・のらクバネ(青) Team Inazuma全般(Team Inazuma) 劇場版姫リグル(四面楚歌ほか) 少女秘封録シリーズ(Rhythm Five)

2015-06-08 21:33:10
ちーけー @spr_tk

ブームは去ったけど、考えたらわりとあっさり10うまったので。せっかくなので、ひとつづつ語ってみたり?

2015-06-08 21:33:46
ちーけー @spr_tk

『LOVE WORLD LOVE』(ましゅまろりむ) 全13巻+αの大長編。独特の筆が表現する空気も、会話の距離感も、すべて個人的にどストライク。 俗に言う『学園東方』の舞台で開幕しながら描かれる群像劇。しかしその世界には秘密が‥‥、と、140文字ではとても語りきれない傑作。

2015-06-08 21:41:11
ちーけー @spr_tk

『SUTEKI WARS』(海運) 全4巻の長編。まったくもってくだらない、ちょっとした行き違いが、幻想郷すべてを巻き込む一大戦争に‥‥というのが大筋。なにがすごいって、風神録まですべて(当時)のWin版作品の、すべてのキャラになにかしらの見せ場があるという事実。

2015-06-08 21:44:01
ちーけー @spr_tk

『紫VS藍』(徒歩二分) 全7巻の長編。まあ、いまさら解説するまでもないほど超有名作品だとは思うけれど。全力全壊系のバトルものにして純愛ものという、まさに徒歩二分の力業が炸裂した作品。こっそり幽々子さまが美しすぎるとおもいます。

2015-06-08 21:47:09
ちーけー @spr_tk

『かぞえ三欲阿礼最中』(ジギザギ) ここからは一作モノ。ジギサギさんの作品はどれも好きだけど、烏天狗コンビがホームグラウンドで思う存分好き勝手やってるこれをセレクト。阿求を加えた、三者三様のボケと可愛さに溢れた作品。

2015-06-08 21:49:31
ちーけー @spr_tk

『新刊一冊お願いします。』(サイチル) 『ポイントカードお持ちですか?』と悩んだけどこっち。紫さまが同人誌描きになって奮闘するお話、にして秘封との絡みもあるハートフルな一作。同人の神様は、本当にいいキャラである。

2015-06-08 21:52:40
ちーけー @spr_tk

『コイドル』(ACID CLUB) nagare氏の作品としては異色ともいえる、全年齢でも安心なコメディ。つぎつぎと着替えていくこいしちゃんに、作中の霊夢と同じくらい心を動かされる人も多いと思います。

2015-06-08 21:55:03
ちーけー @spr_tk

『東方青帖・のらクバネ』(青) ヨハネさんの青帖シリーズ、どれも好きだけど、はたてが可愛いこれをあえて。「恋をしている」表情の表現力ではぶっちぎりのヨハネさんが描く、様々な表情を見ることができます。

2015-06-08 21:57:56
ちーけー @spr_tk

Team Inazuma全般(Team Inazuma) いい意味でどれも同じなので、このサークルの作品は一本に絞りようがないw ギャグじたいはシュールで、でも絵柄はコミカルで、だけどときどき艶めかしいという、このサークル以外では見られない世界観は、まさに沼。

2015-06-08 22:00:11
ちーけー @spr_tk

『劇場版姫リグル』(四面楚歌ほか) 架空の劇場アニメ作品の、ノベライズとサントラCDとパンフレットのセットという壮大なネタの同人作品。ときどき、こういう、わけのわからないところに力の入った合同誌が出るので、同人世界は飽きません。

2015-06-08 22:02:04
ちーけー @spr_tk

『少女秘封録シリーズ』(Rhythm Five) というわけで最後は、既刊15巻(以下続刊)を数える、Rhythm Fiveさんの少女秘封録シリーズ。 揃ってビブリオマニアな秘封倶楽部が主役の日常ミステリとか、最初に手に取ったときの衝撃ったらもう。成長していくふたりの関係g文字数

2015-06-08 22:06:41

コメント

コメントがまだありません。感想を最初に伝えてみませんか?