30

前回のまとめ

ツイートまとめ 実写版「進撃の巨人」が割と最高だった話 いや面白かったよマジで。最高かって言われるとアレだけど(いきなりのタイトル詐欺 という訳で備忘録的な意味も込めてまとめとく。 150448 pv 2200 147 users 320
あでのい@17歳女子高生 @adenoi_today
よし! 夜も更けて来たしちょっくらネタバレ気味な感想(擁護?)でも呟いておくか!
あでのい@17歳女子高生 @adenoi_today
多分これは共感してくれる人少ねえだろなと思いつつなんだけど、俺は進撃の巨人の足された恋愛要素はかなり良かった派だったりします。
あでのい@17歳女子高生 @adenoi_today
まずねえ、監督発言とかもあるんだけど「エレンの戦う動機が寝取られたミカサを取り返すため」ってのは少なくとも前編では全くそんな事無かった。
あでのい@17歳女子高生 @adenoi_today
エレンはミカサも助けれなかったし偶然で自分だけ助かった身だしでてんで良い所無しの人生のまま何とかかんとか兵士としてやってってんだけど、ハッキリ言ってそこまでさしたるモチベーションもってやってないっぽいんだよね。
あでのい@17歳女子高生 @adenoi_today
で、そんな状態で実戦投入されたんだけど、実戦も初めてでチームワークも無し、指揮系統もグダグダな部隊は半壊状態。エレン自身もこれまたてーんで良い所無しでズタボロ
あでのい@17歳女子高生 @adenoi_today
そんな中で死に別れたと思ってた幼馴染の女の子と思わぬ所で再会! と思ったら昔は良い感じの仲だったはずなのに、幼馴染は兵士として格上も格上のキザッたらしいオッサンとなーんか妖しい関係。
あでのい@17歳女子高生 @adenoi_today
エレン君完全自覚する訳ですよ「俺はただのモブ!」って。そこで膝ガクっとついて呻き声。いやいやアンタ戦場で死線くぐり抜けようって時にメンタル最後のトドメが昔良い仲だった幼馴染寝取られましたってどんだけボンクラだよw! もうそこでスクリーンの前の私大興奮ですよw
あでのい@17歳女子高生 @adenoi_today
いやこういう世界の命運だ、生きるか死ぬかだって状況で卑近な事でウジウジやってる連中の話オレ大好きだからさあw
あでのい@17歳女子高生 @adenoi_today
で、身も心もボロボロのエレン君、こっからどうやって戦うモチベーション保つのかとか思ってたら丁度傷心状態のタイミングでシングルマザーのサブヒロインが「あの子の父親になって」って迫ってきてエレン君勢いに流されて既成事実作らされそうになる訳。
あでのい@17歳女子高生 @adenoi_today
もういつ巨人が襲って来るかも分からん敵地のど真ん中でお前ら何しとんねんって感じですよね。ボンクラ感が最高に極まった絶妙のタイミングで待ってましたと言わんばかりに巨人登場!ですよ。そして惨殺されるエレン君食おうとしてたサブヒロイン!
あでのい@17歳女子高生 @adenoi_today
もうね、謎のガッツポーズ。いやマジで映画館の客席でオレ胸の前で両拳握りしめたよ。これだ!こうでなくっちゃ!と心の中で拍手喝采w
あでのい@17歳女子高生 @adenoi_today
でまあ一方のエレン君は目の前でまたも女性無惨に殺されてさらにズンドコですよ。ズンドコなんだけどズンドコなりに健気に超頑張るの。エレン君の勇姿にオレの心の中はル・カイン様絶賛降臨中
リンク ニコニコ大百科 けなげな!とは (ケナゲナとは) [単語記事] - ニコニコ大百科 「首の骨がくだける音を聞きながら死んでゆけぇ!」 「ぬわーっ」 「デビッド!」 「けなげな!」 (デデデン!) けなげな概要 「けなげな!」とは、首の骨がくだける音...
あでのい@17歳女子高生 @adenoi_today
頑張るんだけど所詮新兵なエレン君は結局蹴散らされちゃう。でもズタボロの中で最後の力を振り絞ってやったのは、原作通りのアルミン救出。いやーあのシーンはもう素直に感動しちゃったね。
あでのい@17歳女子高生 @adenoi_today
原作のエレンは「死にたがり野郎」だけど元々勇敢で仲間思いなヒーローなんだよね。それにエレンとアルミンの友情も時間かけて描かれてたし。だから原作のあのシーンってヒーローが命を賭して友達を助ける普通に格好良いシーンなんだ。
あでのい@17歳女子高生 @adenoi_today
けど映画版ではあそこ味合いがガラッと変わってて、ズタボロで全てを失くしたヘタレのボンクラなエレン君が最後の最後に力振り絞ってやったのが「長い付き合いの友達助ける」なんだよね。そのいじましさに俺の心のル・カイン様がまたも「けなげな!(デデデン」ですよ
あでのい@17歳女子高生 @adenoi_today
で、アルミンの代わりに食われたエレン君が食道通って巨人の胃の中にボチャン! そこでさっきのシングルマザーサブヒロインと再会!と思ったけどもうとっくに死んでる…。全てを失くし何もなし得ないエレン君はもう死を待つだけで、今度こそ正真正銘どん底のどん底。
あでのい@17歳女子高生 @adenoi_today
そこで遂に放たれる「駆逐してやる!」の台詞! これも原作とは完全に意味合いが変わってた。原作では「駆逐」はストレートに巨人への憎悪であり、それがエレンの戦う理由だった。けどここでのエレンの憎悪の対象は明らかに巨人そのものではない
あでのい@17歳女子高生 @adenoi_today
では何か? それは今いるどん底な状況でもあり、自分をこんなどん底な状況に叩き落としてくれた残酷な世界そのものでもあり、そしてそんな状況に落っこちざるを得なかった自分自身でもある。今自分をとりまく全てと自分自身ひっくるめて「駆逐してやる!」と。
あでのい@17歳女子高生 @adenoi_today
そっからは皆さんご存知の巨人vs巨人の大アクション。爽快感ったら無かったね!
あでのい@17歳女子高生 @adenoi_today
まあこんな感想だから、俺正直シナリオが駄目駄目かって言われると全然そんな事なかったんだよね。この感想ってあんまし多くの人と共有できそうもないなと思うし、こんなふうに絶賛してる俺でも確かに正直たるく感じるシーンも多かった。
あでのい@17歳女子高生 @adenoi_today
でもその上で俺は俺で実写進撃、シナリオ込みで好きになっちゃったんだから仕方無い。後編が不安も込み込みで超絶楽しみです。
あでのい@17歳女子高生 @adenoi_today
いや俺がこういうふうなノリでストーリー好きになっちゃった時って割と後編で「あー俺が好きになったのは作り手の意図的なモンじゃなかったのかあああ」ってガッカリしちゃう事も多いからさあ。
残りを読む(3)

コメント

あでのい@17歳女子高生 @adenoi_today 2015年8月3日
正直わずか24時間程度で脳内美化入ってる気はしないでない。
nakatsu_s @nakatsu_s 2015年8月3日
大枠で私の感想に近い。今までの樋口監督になかった映画的な愉悦や教養、意図した伏線が敷かれてるんで、脚本の意図がきちんと通っていて、これは多分、町山氏の力量だと思う(ダンテの引用とかリンゴとかはちょっと幼すぎるけどまぁ大衆的ではある)。
ジョらえもん(JORA) @JORA_JORAEMON 2015年8月3日
こういう風なネタバレ紹介は、逆に観にいってみよう!という気になってくる。とてもいい紹介の仕方だと思う。
ジョらえもん(JORA) @JORA_JORAEMON 2015年8月3日
なぜストーリーや人間関係を再構築する必要があったのか、この人はきちんとそこまで読み取ってるよね。こういう紹介や作品解説をしてくれる人は、疑いの目でみている未見の原作ファンからも「ああ、こういう表現もあるのか」と割り切らせることができますからね。
ビッター @domtrop0083 2015年8月3日
「生きるか死ぬかだって状況で卑近な事でウジウジやってる連中の話」が嫌いな俺は、見ないほうがよさそうだ。
むつぎはじめ @Six_D 2015年8月3日
諸々含めてクソッタレな原状全てに向けたクチクシテヤル…なるほど!!なるほど!!
DIE @DaiNagao 2015年8月3日
このワクワク感はまだ日本向けの情報が少ない中で現地で映画を鑑賞した記者のバーホーベン版スターシップ・トルゥーパーズのオススメ記事を読んだ時のような感覚だわw。お盆に観る予定だけど、テンション上がってしまったw。
smw @Shi_MeiWo 2015年8月3日
うーん???俺は正直、この文章からはあまりそそられなかったなぁ。楽しもうと努力しないと楽しめない感じがするというか。もう少し明朗な脚本なら、あるいは。
天たくる @ten_tacle 2015年8月3日
「「生きるか死ぬかだって状況で卑近な事でウジウジやってる連中の話」が好きか嫌いかで評価が分かれる」てのは事前情報としては結構クリティカルで良いのではないですかね。
くろすけ @livisuki 2015年8月3日
あー同じ映画を見たんだなって妙に安心しましたw
くろすけ @livisuki 2015年8月3日
それと同時に己がボンクラ好き(ただし下っ端、若者に限る)でボンクラが自業自得な目にあう話が割と好きだったのを思い出しましたw
nakatsu_s @nakatsu_s 2015年8月3日
原作とは違うかもしれないけれど、各キャラクター毎に行動意図とその結末がキチンと描かれているので、今までの樋口監督作品の中でもっとも安心して見られる。ただ原作由来(?)のギャグは笑えず、樋口監督のドラマパート部分の演出のタルさはあった。優秀なシナリオだったかは後篇見ないとわからないけど、このぐらいの評価が妥当。逆に絶賛し過ぎてる人はダメという意味でリトマス試験紙になった。
水原秀策 @sicilian_ 2015年8月3日
監督本人が主人公の戦う動機を「女を取り戻すため」と言っちゃってるからなあ。なんとか擁護したいという気持ちはわかるけど。
あでのい@17歳女子高生 @adenoi_today 2015年8月3日
なんで監督の発言ごときに俺様の解釈が左右されにゃならんのだ。
endersgame @endersgame3 2015年8月3日
まずシンちゃんがそんな素直に物語の解釈喋るわけねーしなあ。自分の脚本でもないし。
しろうるり @oidon4 2015年8月3日
「また、このパターンの改変か」というのが素直な感想。
重金属 @HeavyMetalCloud 2015年8月3日
エヴァンゲリオンのTV版のシンジくんに共感できた人は楽しめると思った。 俺は9割9分9厘無理だって理解したけど。 へたれ大っ嫌いだから。
金玉ごしごし衛門 @Furuchin_TV 2015年8月4日
こんなテンション高くバイアス掛けなきゃ見れない映画なら観なくてもいいかな
ES@toge専用 @hituji2222 2015年8月6日
観る気逆に無くなった。実写である必要皆無ですね
妖怪腐れ外道 @kusare_gedou 2015年8月8日
最初の兵団に入る動機が母親の仇からミカサの仇に変わったのあんま意味無いなあと思ってたがよくよく考えると母親とか父親だすとエレンの巨人化の根拠とかも原作だと親父に関連する話だったわけでそこらをすっぱり整理するために両親がとっくに死んだ事にしたんかなあ。同じ「親父が絡んでる」でも親父が生存してたときの場合ととっくの昔に死んでたのだったら後者の方があっさり処理できそう
妖怪腐れ外道 @kusare_gedou 2015年8月8日
エレンの兵団所属の動機が母の仇からミカサの仇に代わってたのはあんま意味なかったような気がしたけど、よくよく考えたら下手に両親出すとエレンの巨人化の理由とかに尺を取らなくちゃならなくなるんでエレンの家族をオミットしたんかな。家族が存命ならその辺の他人がいろいろ出来ないし、原作どおり家族が居て親父が絡んだんなら親父どこに行ったんだよみたいな要素が外しづらいけど
妖怪腐れ外道 @kusare_gedou 2015年8月8日
ガキのころ死んだ親父が子供の頃にエレンを改造しました、ならあっさりと処理できそうだし
ログインして広告を非表示にする
ログインして広告を非表示にする