Togetter/min.tを安心してお使い頂くためのガイドラインを公開しました。
編集可能

渡邉正裕氏による、リアル書店って終わってるよね、っていう話

俺の本が本屋に置いてなかったのでムカついた、っていう話。
29
渡邉正裕 @masa_mynews

リアル書店って終わってるよね、っていう話→ http://www.mynewsjapan.com/blog/masa/184/show 「三方一両損」のリアル店舗

2011-01-03 15:25:15
渡邉正裕 @masa_mynews

本屋は、発売日にたまたま行ければ新刊を買えるけど、それ以外は売れ残りの掃き溜めみたいな場所。人手が足りなくて新刊並べるだけで精一杯なんんじゃないの。人件費のほうが高い、と。自殺行為。RT @captain_more 店員の書籍に対する造詣を必要としないPOSを導入しているのに、

2011-01-03 16:18:37
渡邉正裕 @masa_mynews

ユニクロが本屋を経営したら絶対こんな状況は放置されない。ソルジャー化を徹底すれば必ず売上上がるのに…RT @amn_sth チェーン差というより、店ごとの能力の差が大きいと思う。 RT→ http://www.mynewsjapan.com/blog/masa/184/show

2011-01-03 17:07:10
渡邉正裕 @masa_mynews

自販機以下だって書いてんだけど、どこに勘違いする余地あんのかねRT @nagat_o 本屋を自販機かなんかと勘違いしてるんじゃないかね RT リアル書店って終わってるよね、っていう話→ http://www.mynewsjapan.com/blog/masa/184/show

2011-01-04 03:03:44
渡邉正裕 @masa_mynews

機械化できるサイエンスの部分は当り前のようにやった上で、人間にしかできないアートの部分をいかに出せるかが勝負。このままではアマゾンに全て駆逐される。RT リアル書店って終わってるよねって話 http://www.mynewsjapan.com/blog/masa/184/show

2011-01-04 03:45:30
渡邉正裕 @masa_mynews

僕なら新刊と売れ残り本しかない今の本屋なんかにわざわざ足を運びませんけどね。残り物つかまされるだけRT @KennyMcKnight 僕なら売れる本しか置いてない本屋なんかにわざわざ足を運びませんけどね RT http://bit.ly/fctpqF

2011-01-04 04:57:48
渡邉正裕 @masa_mynews

基本的な読解力がないんだねRT @nagat_o 本屋と自販機はまったくちがう種類のもんだって言ってるんだよね。比較できないの。 RT @masa_mynews 自販機以下だって書いてんだけど、どこに勘違いする余地あんのかね

2011-01-04 04:58:27
渡邉正裕 @masa_mynews

サイエンス:アートでの書棚スペースポートフォリオ管理だね。最低限、売れ筋をロジカルに間髪入れず並べる一方、人の眼で独自性を出す。くまざわ書店はものすごくアートがしっかりしてて特定の顧客層つかんでる。僕がツタヤ程度の本屋経営したら間違いなく売上アップできるな。 @motbal

2011-01-04 10:56:15
渡邉正裕 @masa_mynews

誰か新規参入してくれればいいんだけど、不況業種だから難しいし、渋谷の紀伊国屋クラスになると経営がまずくてもデカすぎてなかなか潰れない。売り切れた新書を発売2ヶ月目で補充しない神経がわからんRT @k_machiavellist 駆逐されて良いのではないでしょうか。

2011-01-04 11:01:09
渡邉正裕 @masa_mynews

もう終わってるよ、経営力がない本屋は。新聞と同じで再販・委託で守られてきたツケ。猪瀬直樹が言ってるように文脈を理解できない奴が多いなRT @criticulradi だから正確にはリアル書店は終わってるのではなく、「このままだと市場原理により淘汰されて終わるだろうね」 が正しい。

2011-01-04 11:09:21
渡邉正裕 @masa_mynews

今の本屋って経営がバカなんだけど、優れた目利きの書店員は沢山いる。だから、アマゾンがリアル書店部門を立ち上げて、紀伊国屋を買収して、人件費だけ高くて時代についていけない管理職と経営層を切って、アマゾンのサイエンスと書店員のアートがベストミックスした本屋ができたら大ヒットするよ。

2011-01-04 11:29:09
渡邉正裕 @masa_mynews

アマゾンはサイトの軌道分析をするように店舗内の軌道分析も徹底的に数値化してやるでしょう。紀伊国屋とかカンでやってそうだけどRT @value_n_FP アップルストアならぬアマゾンストアですね。うわー、それなら行きたいw 熟練工の動きを機械で再現するようなアートとサイエンスの融合

2011-01-04 11:56:01
渡邉正裕 @masa_mynews

サイエンス(コンサルがロジカルに詰める部分)は大前提になり、差がつくのはアートの部分に。動機、ソウルハート。ダニピン前2作参照。ハイコンセプトの時代 http://t.co/p3Pzcqr @the_takahashi これからの仕事は、ますますアートの部分が大事になってきそう

2011-01-04 12:00:44
渡邉正裕 @masa_mynews

例えば新書コーナーなんて書店の都合しか考えてなくて、ちくま新書が5冊同時に出たら5冊横に並べちゃう。内容的に何の関係もないのに。アマゾンなら購入履歴分析で興味を惹く本を横に並べる。例えば http://t.co/TYxqBSL の隣に http://t.co/7d0OwKo 。

2011-01-04 12:22:02
渡邉正裕 @masa_mynews

○○新書、○○文庫って昔は数が少なかったけど今100以上。なのに新書レーベル別の陳列を一向に変えない。著者単位とか時系列とか顧客の視点がなく、昔からのやり方に固執してる。RT @nishitakakore 同意です。本屋の陳列は何故出版社ごとなのか、昔から疑問に思っていました。

2011-01-04 13:15:44
渡邉正裕 @masa_mynews

12/29の時点でアマゾンで一時的に「品切れ3~5週間後」になったのに、翌日には即日配送に戻ってましたから、ブツはあるわけです。出版社も書店も売るために頭使わないRT @nanaokun なぜ著書が無いか調べてみると面白いかもしれませんよ(^_^) 版元品切れの可能性が高いです。

2011-01-04 14:23:52
渡邉正裕 @masa_mynews

必ずちくま新書のコーナーはチェックしますが『学問のススメ』『論語と算盤』の超売れ筋2冊+今月の新刊5冊+売れ残り品だけ。年1冊出るか出ないかの作品以外は無視。福澤諭吉には勝てない。RT @value_n_FP 書店に並んでいない事によってベストセラーになりそこねた本が山のように

2011-01-04 15:23:13
渡邉正裕 @masa_mynews

実態は倉庫業者だと思います。次々やってくる新刊並べて返本作業したら1日が終わる。RT @value_n_FP ずいぶん酷い売り方。書店も出版も売行き上位1割の在庫管理や営業に注力する、とか考えれば良いのに。全体の数が多いのにとらわれて返本とか売れない本の営業とか無駄な作業ばっかり

2011-01-04 17:50:06
渡邉正裕 @masa_mynews

アマゾンは版元品切れになったが1日で復活し現在新書で2位 http://amzn.to/cS6vDx リアル店舗はずっと補充なしRT @nanaokun 5週間後という事は、一時版元品切になりましたね。発売時の当店の注文は減数されていたので、かなりの数の注文があったのだと思います

2011-01-05 02:29:56
渡邉正裕 @masa_mynews

書店業界には「アパレル業界におけるユニクロ」が不幸にも出てこなかった。1勝9敗の精神でオーナー経営者がトライアル&エラーを繰り返し、改善改革していくことを怠った。日本語という言語障壁、再販・委託に守られて外資が入ってこなかったから。これ、ほとんどが新聞業界、出版業界と同じ構図。

2011-01-05 04:37:48
渡邉正裕 @masa_mynews

版切じゃない。在庫あるし。その2日後(12/29)にアマゾンで版切になって翌日入荷してたし。このスピード感の差による売り損じには、絶望的なものがある。もし入荷してなかったら今新書で2位になってないし。RT @ki57 追加注文したけど、版切だったのか、単に発注してないかでは異なる

2011-01-05 02:42:50
渡邉正裕 @masa_mynews

他の小売では当然のことができてないから無料で改善点を教えてあげてるのに、それを批判と感じる時点で絶望的。コンサル5年のプロでモノ書きが本業だしRT @sigh_to_you 一番の川下とはいえ、よく取引先に向かってこれだけ悪し様に言えるなぁ 本業は本を書くことではないからですか?

2011-01-05 02:52:14
渡邉正裕 @masa_mynews

そう。しかも市川のアマゾンの倉庫と比べれば一目瞭然だけど、旧態依然とした倉庫業。カンとか個人的趣味とか出版社とのコネでやってる。今度はあの先生のフェアでもやるか、特に顧客視点の根拠はないけど、みたいなRT @kon0822 へえ、私たちは倉庫業者だったんだ・・・。知らなかったなあ

2011-01-05 02:59:15
渡邉正裕 @masa_mynews

発売○ヵ月で残り○冊になったら○冊追加注文。○ヵ月後に○冊売れ残ってたら○冊返本。といったプログラムを作れる人が中央に1人いれば劇的に売れるし小売では常識RT @sugiyumik 新書は定期配本なので「この本を売ってくれそうな書店にいつもより多めに配本」ということがないんです。

2011-01-05 07:28:26
渡邉正裕 @masa_mynews

就活時期なのに売り逃します。前作が3万部出てるのに1万1千部しか刷らないし。でもアマゾンにはちゃんとある訳ですからRT @nanaokun すごい、売れていますね。書店専用注文サイトでも高い順位なのですが、注文不可となってしまっています。たぶん品切重版未定返品待ち状態だと思います

2011-01-05 08:58:11
残りを読む(26)

コメント

@worris 2011年1月4日
佐々木俊尚氏に比べるとカタカナ語で煙に巻く感性で劣る。
0
Shogo Okamoto @shogookamoto 2011年1月5日
"僕がツタヤ程度の本屋経営したら間違いなく売上アップできるな。"
0
愛・蔵太(素人) @kuratan 2011年1月5日
「売り切れた新書を発売2ヶ月目で補充しない神経がわからん」渡邉正裕さんの新書『35歳までに読むキャリア(しごとえらび)の教科書』は2010年10月発売。これもある種私怨?
0
愛・蔵太(素人) @kuratan 2011年1月5日
新書なんて雑誌みたいなもんだからな…。ひと月目でのセールスを見て、それなりに売れてないと返品・再注文しない、というサイクルが出来ているのでは。
0
愛・蔵太(素人) @kuratan 2011年1月5日
「本屋の陳列は何故出版社ごとなのか」というのは、多分書店員になると分かると思う。在庫管理(返品も含む)が、そのほうが圧倒的に楽で、そうでない陳列をするほど給料もらってない。
0
愛・蔵太(素人) @kuratan 2011年1月5日
印税5%でいいので、5%分書店員の販売努力に還元します、という著者がいたら、もう少しせっせとその本売る書店員も出てくるかもねぇ。
0
dieinvip @dieinvip 2011年1月5日
「ぼくのかんがえたさいきょうのほんや」って誰でも一度は妄想するよねえ。しかしこの人の言うアートってどの程度のものを想定してるんだろか。往来堂クラスの書棚作りをチェーン店に要求するのは無茶な気が。
0
愛・蔵太(素人) @kuratan 2011年1月5日
リアル書店は楽しいですけどね。まぁ楽しいリアル書店が減っているということも、終わっているということもない。苦労しているだけ。
0
k2104 371 @k2104371 2011年1月5日
自分は出来る!って上から目線で言って人が動くと思っているのかね?新聞社は上と揉めて辞めてるし、コンサルとして優秀だったのかね?この人は
0
曽根 清治 @sonesayaharu3 2011年1月5日
それなりに読書家で37歳の私は、アフィ→アマゾンの流れに、便利な時代になったなあ派です。ただの自宅に居ながらの通販でなく、知りたい情報へのアクセスのイニシアチブを、ネット上の”バーチャル書店環境”に認めてますから、それにくらべれば”既存の本屋は倉庫”はわかります。
0
曽根 清治 @sonesayaharu3 2011年1月5日
雑誌の返本率が50%、それ以外の書籍で店舗差があっても30%の返本率でしょう。仕入れた商品が売れる成功率が60%の販売率なら、小売業の一般論として”脳なしマネジメント”ではあると思います。ただそれは、本という情報商品の販売でなく、再販制度と取次主導の出版文化の販売だったわけで、電子書籍ともども今後の展開に期待します。
0
シン・ボリ・タイトク @taitoku 2011年1月5日
まあこういうのはやってから言うとかっこいいよね。頑張ってください。
0
式村比呂 Hiro Shikimura @saburou_sinra 2011年1月5日
著者が書店に苦情言うのは筋違いかな。常識的には、版元の不手際だわ。都内の版元だったら、社の営業が熱心だったら大手書店の状況チェックして、「期待の著者の本だったら」再入荷営業する。
0
wwitz @wwitz 2011年1月5日
本屋さんには意外な本を探しにいきます。通販は目的の本。通販で意外な本を変える体質に変わったら自分にとっての本屋さんは終わるかも。
0
DJ $ek19uch1(関口) @protoculture00 2011年1月9日
RT @masa_mynews: 書店業界には「アパレル業界におけるユニクロ」が不幸にも出てこなかった。1勝9敗の精神でオーナー経営者がトライアル&エラーを繰り返し、改善改革していくことを怠った。日本語という言語障壁、再販・委託に守られて外資が入ってこなかったから。これ、ほとんどが新聞業界、出版業界と同じ構図。
0
DJ $ek19uch1(関口) @protoculture00 2011年1月9日
RT @masa_mynews: 経営者にチャレンジ精神がない。ユニクロなんてフリースの横で野菜売るとか訳の分からないことまでやって今の成功がある。本屋で一緒に野菜売れる経営者がいるのか?という問題RT @k_akagi こういう本屋、あったら毎日通いたいなぁRTイケアみたいに家族で楽しめるテーマパーク系本屋とか
0
@worris 2011年1月10日
追加。 本当に、目に付いたものに対して条件反射的に愚痴っているだけなんだな。
1
狸穴 茶寅次郎 手洗い励行 @sanchatogo 2011年1月13日
たしかに「倉庫業者」としてすら回らないレベルでの経営状態がある。だから「サイエンス(コンサルがロジカルに詰める部分)は大前提になり、差がつくのはアートの部分に」というのを導入して成果が上がれば我々一書店員の生活は向上するし、アート部分に注力できて良い店頭になるかも。(続
0
狸穴 茶寅次郎 手洗い励行 @sanchatogo 2011年1月13日
続)それを踏まえた上でこの方は自著を売ってくれという以外に業界に寄与してくれるのかな?言ってることの本質は、旧態依然としたシステムだから改善をということだとして、このガチガチの業界を具体的にどう良い方向へ変えるのか。志ある経営者がコンサルしてもらえばいいのか。が、金はないよ。
0