松下学による『現代美術史日本篇1945-2014』解題(3刷記念)<中ザワヒデキ文献研究2015年度第08回2015年9月30日> #文献研究

「本は知られており、買われてもいるが、全体の議論は消化されていないという印象です。載った載らない、中ザワ史的にYesかNoかの話題が多いのは中ザワ史観(日本篇)がすでに権威的な正史としても読まれていることを示していますが、全体構造をテーマにそもそもどういう本なのかということを日本篇の枠を超えて話ができたらなと思っています」 中ザワヒデキ文献研究 2015年度第08回 2015年9月30日(水続きを読む「本は知られており、買われてもいるが、全体の議論は消化されていないという印象です。載った載らない、中ザワ史的にYesかNoかの話題が多いのは中ザワ史観(日本篇)がすでに権威的な正史としても読まれていることを示していますが、全体構造をテーマにそもそもどういう本なのかということを日本篇の枠を超えて話ができたらなと思っています」 中ザワヒデキ文献研究 2015年度第08回 2015年9月30日(水)19:00-22:00 講義用覚書 http://aloalo.co.jp/nakazawa/2015/09o.html 今回は事情により録画と配信はありませんでした。 また、今回は事情により実況ツイートは実況者の自発的意思によるものでなく中ザワの意向によるものでした。 そのため、実況ツイートに関する責は中ザワが負います。 (一般論として、実況ツイートに限らず文字での記録は、記録者の誤字脱字や誤解のみならず、話し手の言い間違いや誤認等、さまざまなレベルのさまざまな種類の誤謬を含むものだと認識しています。記録を読む際にはその点にご留意いただければありがたいです。) misonikomioden によるトゥギャりはこちら: http://togetter.com/li/880709 qwertyu1357 によるトゥギャりはこちら: http://togetter.com/li/880864 ※松下氏より: 2007年から流行っているのは、スーパー主観主義ではなく、主観主義から客観主義へのシフトです。
循環史観 松下学 文献研究 中ザワヒデキ 現代美術史日本篇
nakaZAWAHIDEKI 1632view 0コメント
1
ログインして広告を非表示にする

コメント

カテゴリーからまとめを探す