編集可能

2015/12/12 BILLIE IDLE presents Brand-new Idle Society 非常階段/美川氏の感想まとめ

拡散用のまとめです。 編集はご自由に。
0
美川 俊治 @incapatm

@incapatm 昨日は、解散時のBiSのメンバーが全員集結するイベント、Billie Idle presents Brand-new Idol Society に行って参りました。

2015-12-13 08:24:29
美川 俊治 @incapatm

@incapatm 横アリ翌日のシェルター以来、6名が一堂に集うイベントはなかったと思うので、多少なりともかかわりのあった身としてはこれを見届けずしてどうするということで、参戦した次第です。

2015-12-13 08:24:59
美川 俊治 @incapatm

@incapatm 原宿なんてめったに来ないし、体に馴染まないこと夥しい街で、ラフォーレの建物に入ることにも生理的拒否感がありましたが、頑張りました。

2015-12-13 08:25:46
美川 俊治 @incapatm

@incapatm チケットはすぐにソールドアウトになったそうで、スタンディングで800人のキャパがあるそうですが、開演時にはきっちり埋め尽くされていました。が、ライヴハウスですし詰めになることを思えば、かなり余裕のある人の入れ方で、立錐の余地ありです。

2015-12-13 08:26:18
美川 俊治 @incapatm

@incapatm それにしてもキリ整理番号が400番だったので、立ち位置はかなりステージに向かって左手のかなり後方で、ステージ上の彼女たちが見えたり見えなかったりと微妙なものでした。ま、私の身長が不自由なのが悪いんですが。16時半定時開演、で、場内暗転すると、前の方から驚きの声

2015-12-13 08:27:10
美川 俊治 @incapatm

@incapatm 何事かと思うと、そこに現れたのは、ミッチェルことミチバヤシリオさん。そりゃ驚くわね。彼女の姿を見るのは横アリ以来ですからね。OL姿がすっかり板についていましたが、今日の司会を務めるとのこと。早速、トップバッターのテンテンコさんを招き入れます。

2015-12-13 08:27:40
美川 俊治 @incapatm

@incapatm 彼女、そもそも何をするのかなと思っていたのですが、いきなりアカペラで「バージンブルース」を歌い始めたので、吃驚しました。先日、惜しまれながら亡くなった野坂昭如さんへ捧げるものなのでしょうが、DJで野坂さんの曲使ってたよな、とか、

2015-12-13 08:28:40
美川 俊治 @incapatm

@incapatm 戸川純さんもカバーしてたよなとかの思いが脳裏を過りつつ、その後、ノイズののった同曲のバックトラックが立ち上がってきたので、一体いつ仕込んだんだとは思ってしまいました。

2015-12-13 08:28:47
美川 俊治 @incapatm

@incapatm バージンブルースの次は、さらに「黒の舟唄」と野坂さんトリビュートが続きます。そして、三曲目は、自主制作盤「テンテンコの生命大躍進」から「木の下」。シンプルな反復メロディの牧歌的な良曲です。ここでMCが入ります。自分の現在の活動を三つに大別して説明していました。

2015-12-13 08:29:29
美川 俊治 @incapatm

@incapatm MCの後の曲は、聴いたことがなかったのですが、オリジナル曲なのかな、なんか「壊して回る」みたいな歌詞だったような。その後は、ハルメンズさんの楽曲を三曲、「モーターハミング」「リズム運動」「母子受精」と続けて終了。

2015-12-13 08:30:09
美川 俊治 @incapatm

@incapatm これは、アルバム「テンテンコ sings ハルメンズ」からのものですね。終了後、一旦引っ込んで、「司会の」ミチバヤシさんに呼び出されて、セットチェンジの間を使ってしばしトーク。このパターンは最後まで続きます。

2015-12-13 08:30:56
美川 俊治 @incapatm

@incapatm 自主企画「ブタゴリラ vol.4」を言い忘れたのでその宣伝をしていました。続いて登場したのは、Maison book girlさんです。通称「ブクガ」ですが、Maison の立場はどうなるといつも思ってしまいます。

2015-12-13 08:31:32
美川 俊治 @incapatm

@incapatm プロデューサーのサクライケンタさん独特の複雑な楽曲を見事にこなしていきます。彼女たちとは7月にスーパーデラックスで一度一緒にやっているので、或る程度予想はしていたのですが、あの時に比べて楽曲・歌・ダンスそれぞれの完成度が格段に高くなったなと思いました。

2015-12-13 08:32:13
美川 俊治 @incapatm

@incapatm コショージメグミさんに「完成度の高さ」というフレーズは似合わないと、かつてのBiS時代のことを知る者としてはつくづく思うのですが、そのような思いも、あれは天然ではなくキャラ設定だったのかも、と断ち切らせるほどのパフォーマンスを見せてくれました。

2015-12-13 08:32:50
美川 俊治 @incapatm

@incapatm ファーストアルバムが絶賛されているのもむべなるかなという感じでしたね。「my cut」では客席大盛り上がりで、お客さんに強く支持されているのを感じました。

2015-12-13 08:33:50
美川 俊治 @incapatm

@incapatm そして「Maison book girl というだけあって、朗読します」とのMC後に朗読を始めましたが、朗読終わりでそのまま終了。ちょっと驚きましたが、それはそれで良かったのかも。

2015-12-13 08:34:32
美川 俊治 @incapatm

@incapatm 三番手に登場したのは、初シングルリリイベ中のPOPさんです。冒頭、シグサワアオさんが復帰直後のカミヤサキさんに「今日一番目立たんかったらしばき倒すぞ」みたいなことを言って詰め寄る小芝居で始まった一曲目が「Plastic 2 mercy」。

2015-12-13 08:34:49
美川 俊治 @incapatm

@incapatm 宗像さんツイへの返信でも書きましたが、急激にエモくなってしまい泣きました。この曲と「UNIT」には弱いんです。POPとしてのライヴは初見でしたが、その素晴らしい運動量には圧倒されました。

2015-12-13 08:35:35
美川 俊治 @incapatm

@incapatm ステージ上を縦横無尽に駆け巡り歌う彼女たちのパフォーマンスが、諸々制約の多いあの空間の温度を危険なほどに高めたのは間違いのないところです。

2015-12-13 08:36:07
美川 俊治 @incapatm

@incapatm もう一つ思ったのは、サキちゃんが活動休止中に後の四人がどれほど頑張ったのか、初見であるにもかかわらず、それがひしひしと伝わってくるように感じさせてくれたのは素晴らしかったですね。

2015-12-13 08:36:25
美川 俊治 @incapatm

@incapatm 続いて、トリ前に登場したのは、アコースティック・セットの LUI FRONTiC 赤羽 JAPAN さん。プールイさん見るのも本当に久しぶり。多分、去年の9月に明け方のマウントレーニアホール渋谷で客席から見たのが最後ですね。

2015-12-13 08:36:59
美川 俊治 @incapatm

@incapatm でも、その時は(松隈さんお休みでしたが)LUI◇FRONTiC◆松隈JAPANだったので、今のユニット名になってからは初めてです。

2015-12-13 08:37:43
美川 俊治 @incapatm

@incapatm プールイさんのトーク力は相変わらずで「POPで上がった場内の温度を下げてBillieに繋ぐのが今日の私たちのミッションです」みたいなことを言うので、フロア中に疑問符が飛び交いましたが、それは彼女一流の言い回し。

2015-12-13 08:37:55
美川 俊治 @incapatm

@incapatm 始まってみれば、アコースティック・サウンドをバックに切々と歌い上げる彼女の歌声に皆、圧倒されていて動けない、それが客席の運動量を下げ、温度を下げるということなので、つまりは「私の歌を聴かせてみせる」という宣言だったのだなと、思い返してみてつくづく得心した次第。

2015-12-13 08:38:27
美川 俊治 @incapatm

@incapatm プロ相手に失礼な物言いですが、本当に歌、上手くなったなぁと思いました。サビでのハーモニーも素晴らしかった。今度はバンドセットで聴いてみたいです。終了後のMCでミチバヤシさんと二人でコショージさんを弄っていたのには笑えました。ファーストアルバム、期待してますよ。

2015-12-13 08:39:23
残りを読む(19)

コメント

コメントがまだありません。感想を最初に伝えてみませんか?