当てつけの根拠

私がA氏に対して当てつけをしているとA氏が判断した発言を抜き出しました。
トラブル 被害妄想 同人
catechin72 6311view 3コメント
8
ログインして広告を非表示にする
  • 私がA氏に対して当て付けしてると判断した発言
    • 当然だがA氏に対して当て付けてる気持ちは一切ない
    • そもそもA氏に関してはRTでごくたまに名前を見かけるぐらいだったので作品内容も傾向も何も知らなかった
  • 72 @catechin72 2015-06-28 23:16:04
    あんまり大きな声では言えないけど最近の同人はコミュ力ある人が売れたり評価されると思ってるのね…フォロワーさんが多いひとやまめに交流する人は口コミで良評価が広まっていく感じ。 でもこれは「自分が評価されないのは交流してないから」っていう言い訳にもなるからやっぱ違うんだろうな、うん
  • 72 @catechin72 2015-06-28 23:22:02
    @catechin72 正直な話をすれば久々に同人活動始めたら字書きの方々に嫉妬しててTLに小説を褒めるツイが流れてくるたびに悔しいなぁと思ってました。 自分もそうなりたいと思いながらも字書きの方々の創作ペースにはとても追い付けなくてワンライも短文ばかりで…
  • 72 @catechin72 2015-06-28 23:24:19
    @catechin72 新作をばんばん上げてて評価もされてる方はフォロワーさんともしょっちゅう話をしてて自分は倍以上の時間をかけても半分のクオリティーの作品すら書けないのが悔しくてこんな言い訳を考えてしまったわけです。 まぁこんな言い訳考えてる内は評価されないのは分かってます
  • 72 @catechin72 2015-09-07 17:16:39
    読むのも書くのもショート・ショートや短編が好きだから小説は長ければ長いほどいいみたいな風潮がつらい。 でも長編が書けない読めないってのは読解力と表現力がない表れでもあると思ってるから長編読んだり小説の書き方を調べたりしてる。 でもやっぱ短編はサクッと読めて好きなんだよなぁ…
  • 72 @catechin72 2015-11-24 01:17:12
    一般でも同人でも短編すごく好きなんだけど短編好きっていうと長編読むだけの頭がない奴だと思われてそうであんまり言えないけど長編は読んでるうちに内容忘れてくからやっぱり頭悪いんだと思う
  • 72 @catechin72 2015-11-24 01:21:21
    頭悪いから何度も途中で読み返して「あぁそういう描写ありましたね!」って確認する。多分読んでるんじゃなくて字を追ってるだけなんだと思う。 だから内容を覚えていられない
  • 72 @catechin72 2015-11-24 01:27:29
    同人字書きの世界では万字書けるのは最低スキル、それが出来ない奴は字書き名乗るなカス!万字も書けない読めない奴はケータイ小説でも書いたり読んだりしてろ!みたいな雰囲気あるのつらい(※偏見と被害妄想に満ちた個人の感想です)
  • 72 @catechin72 2015-11-24 01:31:12
    うん、何十万字書ける人ってそれだけで十分凄いと思うけどね、字数が多ければ多いほど字書きとして格上だわーみたいな雰囲気が苦手でね… だらだら同じような内容を繰り返したり作者の薀蓄垂れ流すだけで十数万字なら萌えを詰め込みまくった数千字の方が素晴らしいと思うの

コメント

  • 名無しの卵 @doktama21 2015-12-17 10:05:14
    夢や審神者関連が住み分け出来ていないと言ったとは明確にされてない。見下しているというのはまとめ主の主観でしかない。揉め事についてのコメントと題しているのに字書きについての持論をまとめられてもな。
  • 下@絶賛 極の荒ぶり @stayuplate8 2015-12-17 19:22:02
    自分が書いた二次創作を読んでもらえるだけでありがたいし、ブクマや評価やコメントをもらえたら嬉しい。けれど、もっとたくさんの人に読んでもらったり、もっとたくさんブクマや評価やコメントをもらえたら、今よりもっと嬉しい、という気持ちは誰でも持っていると思います。その上で 72 さんのこれらのツイートは、じゃあ今よりもっと嬉しくなるためにはどうすればいいかを考えている、というだけなのでは。私には誰かへ当てつけているようには見えません
  • きなこのやま@日本号難民 @kinakonoyama88 2015-12-19 08:55:05
    何度読んでも72さんの発言のほうが、まとも(主観)

カテゴリーからまとめを探す

「イラスト」に関連するカテゴリー