限定公開でまとめを作れば、相互フォローやフォロワー限定でまとめを共有できます!

新国立競技場の「負ける建築」って何よ。

負ける建築ってオリンピックでうまくないかもですが、負けるが勝ちという感じです^^
北陸 信越
3636view 0コメント
このまとめをお気に入りにして応援しよう!
0
神代 剣 @kamisiro_turugi
どこかの記事に「隈研吾さんの『負ける建築』の総決算になるだろう」と書かれていたけど、『負ける建築』とは何だろう? 松岡正剛さんによる書評 1000ya.isis.ne.jp/1107.html
@lowdamper
隈さんの「景観に負ける都市建築」はほんとに好きなのでこれだけのスケールで拝見できるのは僥倖
nobi-s @smiley___smile
新国立、「A案」で政府に報告へ きょう関係閣僚会議  headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20151222-… A案を提案した建築家の隈研吾氏の提唱する「負ける建築」とは →kotobank.jp/word/%E8%B2%A0… pic.twitter.com/l5tK4GxbeT
 拡大
H:okada @hidemasaokada
隈研吾さんてどんな人? 新国立競技場のデザイナーは「負ける建築」知られていた ift.tt/1MtljON pic.twitter.com/8Ymc3fK9iB
 拡大
tm.o @chimo_o
今日昼のTBSで、隈さんの「是非みなさんの意見をお聞きして、みんなのスタジアムにしたい」を受けて、森山さんが「今の時代は”負ける建築”の時代です」と言い、共演者から「オリンピックで"負け"るのはちょっと…」とツッコまれてたの思い出した。スタジアムで負ける建築。
@studio_elephant
どの建築でも、その土地が発する「声」を、注意深く聞くようにして、建築が風土に上手に「負ける」ことを意識・・・ 隈研吾さん楽しみです。
ライフスタイル充実 @lifling_style
隈研吾さんてどんな人? 新国立競技場のデザイナーは「負ける建築」で知られていた (ハフィントンポスト) twib.in/l/zLozGo5MBXx | twibble.io pic.twitter.com/8374Y1AatQ
 拡大
たの @tanoppe7
隈研吾さんてどんな人? 新国立競技場のデザイナーは「負ける建築」で知られていた huffingtonpost.jp/2015/12/22/kum… @HuffPostJapanさんから
Tahara @tahaaaaara
太宰府天満宮表参道のスターバックスが一番身近では。 根津美術館サントリー美術館など都内の美術館も隈氏の作品。 / 隈研吾さんてどんな人? 新国立競技場のデザイナーは「負ける建築」で知られていた npx.me/Hp5o/5bgJ #NewsPicks
NeMoPhyLa @nemophyla
隈研吾さんを「負ける建築」と表現する森市長の経歴みて納得。ガチの建築家じゃないか!(笑) 新潟)アオーレと新国立競技場は「姉妹建物」 長岡市長:朝日新聞デジタル asahi.com/articles/ASHDQ…
高山 環 @Takuya11
新国立スタジアムを設計することになった『負ける建築』隈研吾さんの代表作をみてみましょう(二回目) kkaa.co.jp/works/architec…
猪谷千香ゲートウェイ @sisiodoc
最近では、富山市立図書館が入っている「富山キラリ」が有名ですね。斜め上方向に吹き抜けていく構造は圧巻でした→ 隈研吾さんてどんな人? 新国立競技場のデザイナーは「負ける建築」で知られていた huffingtonpost.jp/2015/12/22/kum… @HuffPostJapanさんから
Soichiro Iga 伊賀聡一郎 @igaiga
負ける建築の中で勝つためにトレーニングしてきたアスリートが走る。そのコントラストが見せられれば、建築は環境に溶け込み、視界から消え去り、アスリートのパフォーマンスが浮き立つのだろう。
ハフポスト日本版 @HuffPostJapan
【新国立競技場】隈研吾さんてどんな人?「負ける建築」で知られていた huff.to/1NJ4y4f pic.twitter.com/93gBX73xwm
 拡大
山田・ミランダ・奈緒子 @aoi7j
負ける建築とは。 環境や地域に溶け込む建築
サスケ @vvtc36
負ける建築…素晴らしい言葉。 周辺の景観に溶け込む建築。 設計士の心意気を感じます。 勝ちまくる建築…上海周辺のビル群か?w
おかもとさかえ @kusemon_deck
新国立競技場A案をデザインした隈研吾さんって、アオーレ長岡を手がけた人だったのか!! アオーレは何度か行ったけど、あそこは居心地の良い空間だった。「負ける建築」という哲学にも共感。
とまち @tom_a_cheetah
負ける技術と言うと聞こえは悪いが周囲との融合、協調を意識してるって事だね。思想から好きだなぁ / 隈研吾さんてどんな人?+新国立競技場のデザイナーは「負ける建築」で知られていた+huffingtonpost.jp/2015/12/22/kum… HuffPostJapanより
YusukeOtsuka @yusuke_56
実績を積み上げ続け、全ての実績に一貫性があると、その一貫性はブランドに昇華する。例えば、建築家・隈研吾の建築物は「負ける建築」。彼の建築物は周囲の自然と調和し主張をしないことを心掛けているという。そのような建築物を作り続けていると周囲が隈研吾の作品は「負ける建築」と語りだす。
伝統と様式のその先へ @modeling0004
隈研吾の建築は負ける建築。つまり周りの環境などにあえて負ける建築なのだ。 でも負けるスタジアムはなんかね笑。 だから言い方を変えて『勝たせるスタジアム』はどうだろうか?
masaki @masakir_kyo
大宰府のスタバは決して負けてないと思うのだが。目立つ!(「負ける建築」つ kotobank.jp/word/%E8%B2%A0… )
弁護士 千綿 俊一郎 @s_chiwata
「エバった建築は大嫌い」 新国立競技場デザイン、隈研吾の仕事術とは headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20151223-… 「近年は『負ける建築』をキーワードに独自の建築論を展開、周囲を圧倒する20世紀型の建築ではなく、環境に溶け込む建築に取り組む…」
Yusuke Hashimoto @tsubuyaki_hash
国立競技場の規模・要件で「負ける建築」をやるには少々無理がある。僕が隈案に感じる違和感はそこかな。
Kengo Sato 佐藤研吾 @kengo_sato
負ける建築ってのが何に負けていたのかある意味ようやく分かってきた。風景、伝統、自然などがそんな政治性、商業性にまで繋がっているっていうことがぜんぜん実感できていなかったんです。
残りを読む(10)
ログインして広告を非表示にする
ログインして広告を非表示にする