ぼくのかんがえたさいきょうの年間ベストディスク2015

「グッドメロディ」を重視して選んだランキングになりました。他の方が挙げるような作品は聴けてないので、万人にあてはまる度合いは薄いですが、参考になれば幸いです。
楽器 ランキング アルバム 音楽
1
絶望の果てに希望を見つけ太郎 @tyo_heiki
音楽クラスタもすなる年間ベストディスクといふものをギエロン星獣もしてみむとてするなり。
絶望の果てに希望を見つけ太郎 @tyo_heiki
じゃあ2015年に聴いた音楽のアルバムでよかったやつ紹介していきます。
絶望の果てに希望を見つけ太郎 @tyo_heiki
2013年と2014年はやってないし、その流れでいくと今年もやらないんだけど今年はかなり聴いてて「おわっっ!」と思えるアルバムに遭遇することが多くて、各所で「豊作」言われてるけど本当にそうなんだろなーと感じる年でした。
絶望の果てに希望を見つけ太郎 @tyo_heiki
ドカドカうるさいだけじゃないロックンロールバンドの1st。パンク寄りの音楽をソフィスティケイトしてパンク苦手な人にものとっつきやすさを作るのではなく、あくまで激しめの音楽の中にきっちりとメロディアスな音を入れてくる所に新鮮さを感じました。
絶望の果てに希望を見つけ太郎 @tyo_heiki
Lampのメンバーの人が激推しされていたことで存在を知ったのですが、ラフな聴き心地の中にもハッとするフレーズがたくさん出てきて、ただ「このメロディ、どこから思いついたやつなんだろう…」と迷路に入ってくような不思議な感覚にもされるアルバム。未だに不思議が続いている作品です
絶望の果てに希望を見つけ太郎 @tyo_heiki
割と作品を出すごとに買ってるアーティストの新作。前作では他の音と浮いてたのがいい意味でアクセントになってたデジタルっぽい音が今作ではその他の自然な音とうまいこと混ざりあっていました。ボートラにはceroとのコラボ作もあるので、オブスキュアーライド絶対1位マンの人にもおすすめです。
絶望の果てに希望を見つけ太郎 @tyo_heiki
10位 ブルー・ペパーズ「ブルー・ペパーズEP」 pic.twitter.com/3jf9bH50mQ
 拡大
絶望の果てに希望を見つけ太郎 @tyo_heiki
最近にわかに活気づいてきたシティポップ界隈のニューカマーの作品…と思いきや、他のそういった作品よりも切なさ・諦観がウエイトを占めている楽曲群が素敵でした。英語曲もやってたけど、日本語曲のほうにその本領を感じました。
絶望の果てに希望を見つけ太郎 @tyo_heiki
汗は甘い口づけ(Short ver.) from『ブルー・ペパーズ EP』 youtube.com/watch?v=GKJBk-…
 拡大
絶望の果てに希望を見つけ太郎 @tyo_heiki
「世界で一番頑張っている君へ」の頃は、なんやらいけ好かない人だな~という先入観が強かったですが、それから時を経て作られた本作は押し付けず、穏やかさの雄弁さを感じるメロディに満ちた良作でした。「空芯菜」というワードはなにも『ゆゆ式』だけのものではないのだ。
絶望の果てに希望を見つけ太郎 @tyo_heiki
8位 official髭男dism「ラブとピースは君の中」 pic.twitter.com/PCmuv3zKDP
 拡大
絶望の果てに希望を見つけ太郎 @tyo_heiki
ポップスとしての完成度の高さと、ちょうど今aiko氏経由で知名度が高まっている状態なので思い切ってこの順位にしました。「たくさんの人に聴かれてほしい音楽」ですね。
絶望の果てに希望を見つけ太郎 @tyo_heiki
中庸オブ中庸。「ちょうど良さ」も突き詰めるとちょっと怖くなってくるというのをひしひし感じた作品です。速くも遅くもしないリズムキープ力に狂気すら感じる。…とここまで言ったけど、実質は非常に質の高いAORアルバムですよ。
絶望の果てに希望を見つけ太郎 @tyo_heiki
正直小松秀行氏のアルバムを7位(ちょうど中間)にしたのは、は、ちょうど良い按配の音が鳴ってるナァ…という理由が大きい。
絶望の果てに希望を見つけ太郎 @tyo_heiki
もちろん、内容の良さが一番大きな理由だけども
残りを読む(24)

コメント

ログインして広告を非表示にする
ログインして広告を非表示にする