2016年2月19日

#cmdevio2016 #C 2016/02/20 Developers.IO 2016 (Cトラック)

<関連ブログ> Developers.IO 2016 | シリーズ | Developers.IO http://dev.classmethod.jp/series/developers-io-2016/ <イベント登録サイト> 続きを読む
1
まとめのお知らせ @togetter_pr

@shinyaa31さんの「#cmdevio2016 #C 2016/02/20 Developers.IO 2016 (Cトラック)」が50viewを超えたみたいだよ。きっともっと沢山の人が楽しみにしているよ。 togetter.com/li/940006

2016-02-19 07:21:03
まとめのお知らせ @togetter_pr

@shinyaa31さんの「#cmdevio2016 #C 2016/02/20 Developers.IO 2016 (Cトラック)」が100viewを達成。いろんな人がチェックしてるみたい。 togetter.com/li/940006

2016-02-19 13:18:03
クラスメソッド @classmethod

本日開催の『Developers.IO 2016』、トラック別のハッシュタグは以下併用でまとめます!(その1) ・大部屋 #cmdevio2016 #La ・A #cmdevio2016 #A ・B #cmdevio2016 #B ・C #cmdevio2016 #C

2016-02-20 12:27:23
Fujiwara_y @ekodasolo

データ分析の道のりはあてどない。期待する成果が出るかはやってみな分からん。1度成果が出ても傾向が変わればモデルはもう当てはまらなくなる。そう言ってもらって逆に勇気もらえますね。#cmdevio2016 #C

2016-02-20 13:49:59
HIRO @Hirokazu_329

ElasticSearchセッションすでに満席だったので「AWSで生まれ変わるエンタープライズシステムの理想と現実」話しに変更 #cmdevio2016 #C to #D

2016-02-20 13:59:01
Licht @charden1017

Elasticsearchの話 今日のメインかなー #cmdevio2016 #C pic.twitter.com/RFlVP8muNN

2016-02-20 14:01:20
拡大
Koki Abe @AbeIka

はじまりました!「Elasticsearch で、自由自在に検索・分析できるようになるためのヒント」#cmdevio2016 #C

2016-02-20 14:01:56
tatsuroh@山籠り @t2hnd

.@9215 さんのElasticsearchセッション着席。立ち見たくさん #cmdevio2016 #c

2016-02-20 14:02:39
わかまつ @t_wkm2

立ち見が出てるセッションなのに、座って寝てるのはどうかと思う。#cmdevio2016 #C

2016-02-20 14:06:34
フィガスィ @phigasui

インデクスどうつくるか analysisモジュール #cmdevio2016 #c

2016-02-20 14:08:00
tatsuroh@山籠り @t2hnd

ESのAnalyzerはフィールドごとに定義できる。クエリ時とインデックス時は異なる設定をする。例えば同義語(シノニム)の展開、インデックス時に展開したものをクエリに対しても実行すると意図しない検索結果になることも。 #cmdevio2016 #c

2016-02-20 14:17:38
Manabu Uchida @uchimanajet7

プラグインの開発は最終手段。まずは用意されているもので解決する #cmdevio2016 #C

2016-02-20 14:20:36
tatsuroh@山籠り @t2hnd

Analyzer の適用ルール、1.x系と2系で変わっているとのこと。検索時はQueryで指定することもできる #cmdevio2016 #c

2016-02-20 14:23:19
tatsuroh@山籠り @t2hnd

AnalyzerはMappingレベル、デフォルトカスタムAnalyzer はIndexレベルで設定すると管理しやすい #cmdevio2016 #c

2016-02-20 14:26:55
しんや @shinyaa31

まとめを更新しました。「#cmdevio2016 #C 2016/02/20 Developers.IO 2016 (Cトラック)」 togetter.com/li/940006

2016-02-20 14:27:29
わかまつ @t_wkm2

もしかしてfield単位にAnalyser設定してるの無駄だったかな。もうちょっとザックリな単位でいけそう。#cmdevio2016 #C

2016-02-20 14:29:18
Koki Abe @AbeIka

形態素解析を使うと、適合率が向上する。入力したキーワードにマッチする内容が出やすい #cmdevio2016 #C

2016-02-20 14:30:25
Koki Abe @AbeIka

N-Gram。専門用語は長い。N文字単位にトークン化する。データ量が多くなる傾向があるが、マッチしやすい。 #cmdevio2016 #C

2016-02-20 14:31:27
Manabu Uchida @uchimanajet7

形態素解析=適合率を上げる、N−Gram=再現率を上げる #cmdevio2016 #C

2016-02-20 14:31:46
残りを読む(16)

コメント

しんや @shinyaa31 2016年2月20日
まとめを更新しました。
0
しんや @shinyaa31 2016年2月20日
まとめを更新しました。
0
しんや @shinyaa31 2016年2月20日
まとめを更新しました。
0