2016年4月26日

エイトマン感想

エイトマン全56話の視聴感想を予定しています。過去に断片的に見た記憶はあります。原作漫画については可能でしたら購入して絡めて述べていくかも知れません。
9
名無し・ボーガー・一郎(ネイティブ・カブトボーグ) @nanashiborger

そんな訳でだいぶ長くなってしまったが今からキスダムに変わりましてエイトマンの視聴感想でも書く事にする。ちょうど投票で決まったために見て見ようと思うが、モノクロ版鉄人に続いての挑戦となる #エイトマン pic.twitter.com/cyM2VjnEtX

2016-04-26 21:52:07
拡大
名無し・ボーガー・一郎(ネイティブ・カブトボーグ) @nanashiborger

一応エイトマンについてはアンドロイド型ロボットということでキャシャーン同様とりあえずロボットものの定義に入るということで。OVAのエイトマンアフターについては一応海外でDVDが出ているそうだが、手に入れるまで時間かかりそう #エイトマン

2016-04-26 21:52:47
名無し・ボーガー・一郎(ネイティブ・カブトボーグ) @nanashiborger

一応この作品については断片的に過去見ていた事がある(最終回は覚えている)。こっちは原作からあまり逸脱していないそうなので、原作漫画版もこの機会に手に入れてみようかと思いつつ #エイトマン

2016-04-26 21:53:33
名無し・ボーガー・一郎(ネイティブ・カブトボーグ) @nanashiborger

そんな訳で1~3話までについて書く。TVアニメ創世記の作品故にやはり作画関係では垢ぬけない所やシリアスとギャグの曖昧な所も見受けられるのだが、少なからず原作が原作ということもあり鉄人28号より大人びた作風にしようとしている所は見られる #エイトマン

2016-04-26 21:54:20
名無し・ボーガー・一郎(ネイティブ・カブトボーグ) @nanashiborger

第1話については東八郎が事故死してからエイトマンになった経緯をモノローグで語る展開の切り口も面白いものだが、彼がエイトマンとして蘇生しても、新聞で既に自分が死亡扱いされてしまったせいで元の職場に復帰できない #エイトマン pic.twitter.com/bvGBlwH8Ab

2016-04-26 21:55:25
拡大
名無し・ボーガー・一郎(ネイティブ・カブトボーグ) @nanashiborger

という、落とし穴は妙にあり得そうな話で笑えてしまった。ちなみに上司の田中課長だけには自分がエイトマンであるということを話しており、探偵事務所を新たに開いた東の元に間違い電話のカモフラージュで彼が電話する事が #エイトマン pic.twitter.com/TFNwWjbwqF

2016-04-26 21:57:03
拡大
名無し・ボーガー・一郎(ネイティブ・カブトボーグ) @nanashiborger

エイトマン出動の依頼というプロセスとして描かれている辺りはスパイアクションものを彷彿させる描写だ。ついでに警視庁へエイトマンが現れるネタも思いもよらぬところからお邪魔したり、変装して課長の元に訪れたりと結構趣向が凝らされており、ちょっとしたお楽しみになっている #エイトマン

2016-04-26 21:57:51
名無し・ボーガー・一郎(ネイティブ・カブトボーグ) @nanashiborger

そんでもって、エイトマンについて第1話で結構強いロボットだということが分かるようにスペックの説明が丁寧だ。10万kwのエネルギーを放つ原子炉、コウモリが発する超音波レーダーを聴ける聴覚能力などなど…… #エイトマン pic.twitter.com/qJ3DDeudij

2016-04-26 22:00:37
拡大
名無し・ボーガー・一郎(ネイティブ・カブトボーグ) @nanashiborger

特に弾より速く走るとのエイトマンの性能の秘密は、人間が脳から指先を動かす際信号を送る速度が1秒30mに対して、エイトマンは1秒30万kmで信号を送ることが出来るという…… #エイトマン pic.twitter.com/EnpE48vQly

2016-04-26 22:02:09
拡大
名無し・ボーガー・一郎(ネイティブ・カブトボーグ) @nanashiborger

いや、それインフレも凄い事だ!と突っ込みつつ、電子頭脳を持つロボットがどうして人間よりすぐれた能力を発揮するかはそれっぽい理屈は成り立っている。1秒30万kmで信号を送れるとかだとどのくらい大変な事になるのだろう #エイトマン

2016-04-26 22:03:13
名無し・ボーガー・一郎(ネイティブ・カブトボーグ) @nanashiborger

そんでもって、もう1つ面白い設定として、長時間行動していると電子頭脳がオーバーヒートする為に冷却材としての役割を兼ねるタバコ型強化剤を摂取しないといけないという。あと1日最大4本までしか摂取できないらしい #エイトマン pic.twitter.com/37YLj6yRNs

2016-04-26 22:05:01
拡大
名無し・ボーガー・一郎(ネイティブ・カブトボーグ) @nanashiborger

ここら辺の描写について、ロボットのエネルギー問題に通じる弱点を触れた作品として先駆けになるのではないだろうか……?と思いつつ。鉄人の弱点が遠隔操縦のコントローラーが奪われる事の脆さ(探偵アクション的なもの)に対して #エイトマン

2016-04-26 22:05:56
名無し・ボーガー・一郎(ネイティブ・カブトボーグ) @nanashiborger

エイトマンの場合、東八郎としての日常でもたばこを吸わないと危なくなるネタがちらほら見られる。第3話では護衛目的で歌謡曲ショーへ足を運んだ際に、会場は禁煙という理由で強化剤が吸えずピンチに陥るネタもある #エイトマン pic.twitter.com/9KFioJV347

2016-04-26 22:07:56
拡大
名無し・ボーガー・一郎(ネイティブ・カブトボーグ) @nanashiborger

また厳密には電子頭脳のオーバーヒートを冷却する目的の方が大きいのだが、ロボットを動かす際に冷却材に重点を置いたネタというものも今の時代で見てもあんまり見当たらないのでは……?そこの辺り今でも新鮮かもしれないアイデアだが残念ながらこのたばこネタは途中で姿を消すらしい。 #エイトマン

2016-04-26 22:09:13
名無し・ボーガー・一郎(ネイティブ・カブトボーグ) @nanashiborger

そんでもって、時代が時代ということもあってか鉄人ほどではないが戦時を想起させる話もちらほらある。第1話でエイトマンを開発した谷博士が正体をくらます理由は自分の科学が悪用されたくないとアインシュタインと水爆の例に例えたり #エイトマン

2016-04-26 22:10:05
名無し・ボーガー・一郎(ネイティブ・カブトボーグ) @nanashiborger

第2話では敵犯罪組織がナチスが開発した1分間で650発を連発する事が可能で火炎放射機にも変形する高性能のライフルが出たり(銃火器の作画もこの時代を考えると頑張っている方) #エイトマン pic.twitter.com/3CbckNveU3

2016-04-26 22:13:13
拡大
名無し・ボーガー・一郎(ネイティブ・カブトボーグ) @nanashiborger

余談ながらエイトマンの弱点は高熱らしい。頭を高熱で襲われると一転してピンチになる #エイトマン pic.twitter.com/nJPim10xRx

2016-04-26 22:14:09
拡大
名無し・ボーガー・一郎(ネイティブ・カブトボーグ) @nanashiborger

そんでもって第2話のマフィア射撃コンクールで優勝賞品として描かれるドイツの拳銃ウルサーP38……これは確かにうるさそうというかどういう構造の拳銃なんですかね #エイトマン pic.twitter.com/eYfW160m2i

2016-04-26 22:15:03
拡大
名無し・ボーガー・一郎(ネイティブ・カブトボーグ) @nanashiborger

話の方は第1、2話は犯罪者との戦いに徹した話だが、第3話では人気スター・ミナの誘拐を目論むサタンの兄弟と、彼女のスポンサーだったダッコチャン商事(時代を感じるネーミング)の社長がグルだったという #エイトマン pic.twitter.com/rG3zD73JhC

2016-04-26 22:16:19
拡大
名無し・ボーガー・一郎(ネイティブ・カブトボーグ) @nanashiborger

それも、社長が1億円を投げ出してミナを救おうという理由については、「彼女の命を救う為に大金を投げ出す」姿が美談として人々の評判になって「会社のイメージアップ」に繋がり商売が上手くいくという長期的なプランで目的が展開されている所は当時だと結構大人びたストーリーかも。 #エイトマン

2016-04-26 22:17:35
名無し・ボーガー・一郎(ネイティブ・カブトボーグ) @nanashiborger

というところになるのだろうか、とりあえずエイケンアニメフリークを密かに目指す者として、この作品はやはり見ておきたかった。鉄人より尺は短いので左程負担にはならないとおもいつつ見届けよう。あとロマンアルバムと原作は買おう #エイトマン

2016-04-26 22:18:53
名無し・ボーガー・一郎(ネイティブ・カブトボーグ) @nanashiborger

さて、今日の視聴感想でも書く。エイトマンと舞-HIMEについて久々に

2016-05-17 23:13:03
名無し・ボーガー・一郎(ネイティブ・カブトボーグ) @nanashiborger

エイトマンについては4~9話までを書く事にする。この辺りから趣向を凝らしたSF小道具が登場するようになってきており、特に第7、8は日本のSFロボットアニメで見られるようなジャマー、ビームライフルの概念を先駆け低kる所があり、驚きを禁じ得ないものがある #エイトマン

2016-05-17 23:14:30
名無し・ボーガー・一郎(ネイティブ・カブトボーグ) @nanashiborger

そこは流石平井和正先生らSF作家の方々が参加されていた、本格的SFアニメのご先祖様という所もあるのだろうか。 #エイトマン

2016-05-17 23:14:54
名無し・ボーガー・一郎(ネイティブ・カブトボーグ) @nanashiborger

第4話のサブタイトルは「死刑台B3」という一見良く分からないようなものだが、それは部屋その物がエレベーターとしてなっている部屋そのもので、地下3階の人々を押しつぶして殺すという概念からきているものらしい #エイトマン pic.twitter.com/OE6XlXyfXn

2016-05-17 23:16:22
拡大
残りを読む(246)

コメント

Gruner_Wind @Gruner_Wind 2016年4月26日
火炎放射とか受けて(頭狙いではなくても)「熱はやばい」的な流れはよくあった気がするので、 電子頭脳そのもの、あるいはそれを搭載したロボットの弱点として設定していたのでしょう。
0
山本弘 『BIS ビブリオバトル部』 @hirorin0015 2016年5月18日
水沢博士と光線銃レーザーは、後で「地球ゼロアワー」にも出てきますね。東京に落ちてくる核ミサイルをレーザーで迎撃するという話。個人的に傑作だと思ってます。豊田有恒脚本。
0
山本弘 『BIS ビブリオバトル部』 @hirorin0015 2016年5月18日
桂真佐喜(辻真先)脚本の「大怪物イーラ」あたりも印象に残ってますね。
0
山本弘 『BIS ビブリオバトル部』 @hirorin0015 2016年5月18日
あと、個人的に推したいのが「ロボットタイガー」。正義のヒーローが小型原子炉の燃料が足りなくなって、悪の組織の本拠地にウランを盗みに行くって、考えてみるとすごい発想。
0
ウォーズ @warsmahrlq 2017年4月28日
原作コミックのエイトマン好きなんですけどモノクロアニメ版は見たことなかったので続けてほしいです。
0
nekosencho @Neko_Sencho 2017年4月28日
漫画原作のSF作家、平井和正はアニメ版にどの程度かかわっていたんだろう
0
玉藻さん@地球 @Roseate_Rosy 2017年4月28日
コミックの方しか知らないのですが、「新人類」に進化した子供科学者たちが作ったロボットは8マン以上の能力があったもののAI部分のデータが空っぽで戦いにならなかった事から捕まえた犯罪者の記憶を吸い取って移植して学習に変えるとかスゴイ話が結構あったなぁ……ゲストのデーモン博士も「敵」ではなく本当にゲスト出演って感じでよかった(笑)
0