10周年のSPコンテンツ!

アメリカにおけるポリオ予防接種について

お医者さんのpostです。 アメリカにおけるポリオ不活化ワクチンへの切り替えの話です。 日本でも自然発生のポリオはみられませんので、アメリカと同じ手順で不活化ワクチンに切り替えるべきと考えられます(生ワクチンを不活化ワクチンに切り替えていくのは、好みの問題ではなくてウイルス根絶の手順です) 日本よりもポリオが多く発生する国でも、不活化ワクチンへの切り替えが検討されているそうです(どこで読んだか忘れたのでまた探してみますね)
医療 ポリオ ワクチン 育児
1
関場慶博 @yoshisekiba
米国予防接種勧告委員会(ACIP)がOPVからIPVへ切り替えた理由(1) 最近までは経口ポリオ生ワクチン(OPV)の利点(例えば腸管免疫、二次的拡散など)はワクチン関連性麻痺性ポリオ(VAPP、240万ドース当たり1例)の危険性に勝るとされていた。
関場慶博 @yoshisekiba
ACIPがOPVからIPVへ切り替えた理由(2) 1997年、OPVの利点を保ちつつ、VAPPを減少させるという目的で予防接種勧告委員会(ACIP)は不活化ポリオワクチン(IPV)後にOPVを投与するというスケジュールを勧奨した。
関場慶博 @yoshisekiba
ACIPがOPVからIPVへ切り替えた理由(3) 1997年以来、世界的なポリオ根絶計画が急速に進行し、米国にポリオウイルスが輸入される危険性が少なくなった。また、加えて新しい投与スケジュールがよく受け入れられ、注射が必要にもかかわらずポリオ予防接種率に低下が見られなかった。
関場慶博 @yoshisekiba
ACIPがOPVからIPVへ切り替えた理由(4) このようなデータを踏まえて、1999年6月17日VAPPの危険性を減少させるために、ACIPは米国におけるポリオの定期予防接種をすべてIPVにするスケジュールを勧奨した.
関場慶博 @yoshisekiba
ACIPがOPVからIPVへ切り替えた理由(5) 2000年1月1日より、すべての小児は2カ月、4カ月、6~18カ月、そして4~6歳で計4回IPVを受けることとなる。OPVは次の特殊な状況でのみ使用されることとなる。
関場慶博 @yoshisekiba
ACIPがOPVからIPVへ切り替えた理由(6) 1.麻痺性ポリオの集団発生の対策として一斉投与キャンペーンを行う場合 2.ポリオ流行地に4週間以内に旅行するワクチン未接種小児 3.親が勧奨された回数のワクチン接種(注射)を受け入れない場合。
関場慶博 @yoshisekiba
ACIPがOPVからIPVへ切り替えた理由(7) これらの小児は3回目、4回目の接種あるいは両方でOPVを受けることができる。しかしながらこの場合VAPPについて親や保育者と話し合った後OPVを投与すべきである.
関場慶博 @yoshisekiba
ACIPがOPVからIPVへ切り替えた理由(7) 下記文献からの連続ツィートでした. (CDC、MMWR、48、No.27、590、1999)
どんべい @donbe593
不活化4回ならゼロですが、不活化→生では麻痺性ポリオ発症の危険が残ります。この理由で米国は11年前に生併用をやめました。 RT @monyotan: @koyamamariko 不活化4回で検討してるんですが、不活化→生のほうがいいんでしょうか?

コメント

コメントがまだありません。感想を最初に伝えてみませんか?

ログインして広告を非表示にする
ログインして広告を非表示にする