個人的ドリフターズまとめ

友達に概要を説明するために書いたやつのまとめ
10
伊藤 紙幣 @bill_chi1000

@bill_chi1000 主人公は戦国武将、島津豊久。西暦1600年関ヶ原の戦い、鳥頭坂の退き口で殿を務め瀕死の重傷を負った豊久は気付けば見知らぬ廊下に立っていた。そこにいた事務員のような風貌の男、『紫』の手によって西洋ファンタジー世界のような場所に飛ばされる

2016-06-12 17:29:01
伊藤 紙幣 @bill_chi1000

@bill_chi1000 そこはあらゆる時代から現実世界の死因不明の人間が召喚される異世界だった。織田信長、那須与一の手によって介抱され一命を取り留めた豊久は人間によって圧政を強いられていたエルフの村を解放し、彼らの持つ唯一の業である『国盗り』を開始する

2016-06-12 17:34:16
伊藤 紙幣 @bill_chi1000

@bill_chi1000 この世界では外界から流れ着いた人間は二つに分けられる。豊久のような何も知らない漂流者(ドリフターズ)、そしてある程度世界の事情を熟知していて人間でありながら人間に絶望し、謎の怪人『黒王』を筆頭に人間廃絶を目論む勢力の廃棄物(エンズ)である

2016-06-12 17:38:07
伊藤 紙幣 @bill_chi1000

@bill_chi1000 かくして漂流者を管理する安倍晴明を筆頭とした魔術結社『十月機関』と、オークや巨人族を擁する廃棄物たちとの人類存亡を賭けた戦争が始まる。って感じ

2016-06-12 17:43:58
伊藤 紙幣 @bill_chi1000

凄いのは陣営に居る人物の幅の広さ 【漂流者】 ・豊久、信長、与一、晴明 ・ハンニバル、スピキオ ・サンジェルミ伯爵 ・キッド、キャシディ ・菅野直、山口多聞 【廃棄物】 ・黒王(イエス・キリスト説濃厚) ・土方歳三 ・ラスプーチン、アナスタシア ・ジャンヌダルク、ジルドレ他

2016-06-12 17:49:44
伊藤 紙幣 @bill_chi1000

@bill_chi1000 こいつらがそれぞれの時代で培った知識や能力を使って世界を回すので歴史物として見ても面白い。また、毒としてうんこを用いたり戦略の要にうんこがよく出てきたり火薬の元としてうんこが重宝されるのでファンの間でこの作品を語る時の愛称は『汚い聖杯戦争』である

2016-06-12 17:53:43
伊藤 紙幣 @bill_chi1000

あと、まあ、あとがきがひどいことで有名 pic.twitter.com/Lw4QGVKLRu

2016-06-12 18:05:24
拡大
伊藤 紙幣 @bill_chi1000

以上、ドリフターズのあらましでした。キャラクターもボケ老人のハンニバルやオカマのサンジェルマンや戦功名にしか興味のない薩人マシーン豊久とコミカルで面白いです。

2016-06-12 17:56:11

コメント

humihiko30 @humihiko30 2016年6月12日
ドリフターズまともに読んでると「火縄銃の量産に成功した織田信長すげ~!!」ってなるけど敵方はもうWW2後期のソ連軍並みの軍隊を編成してしまっている。400年前の軍事知識しか持たない織田信長がどう闘うかが見所になると思われる。
0