片道勇者オンラインまとめ/理術士クレア

片道勇者オンラインプレイ記録まとめるます。 キャラ設定【クレア/理術士/人間/14歳/女】 公式:https://ssl.fujimi-trpg-online.jp/twittergame2/index.html 絵だけ見たい方はこちら 続きを読む
ログ 片道勇者オンライン
3
前へ 1 ・・ 20 21 ・・ 34 次へ
やっぱりあめおりんは十輝のモンペがしっくりくる @ameori_z
@ameori_z 第一村人発見。 「すみません、そこの方ー」 「はい、なんでしょうか?」 振り返ったのは人の良さそうなおじさんだ。 「旅のものなのですが、この村の宿か、それに類する場所ってどこかありますか?」 「おや、こんな辺鄙な場所までよくいらっしゃいましたね」
やっぱりあめおりんは十輝のモンペがしっくりくる @ameori_z
@ameori_z 愛想よく応対してくれたのだが、やはり小さい村なので宿はないという。 「村長さんの所に行ってみたほうがいいだろうなぁ。案内するよ」 「よろしいので? ありがとうございます!」 雑談しながら村の奥へ進んでいく。
やっぱりあめおりんは十輝のモンペがしっくりくる @ameori_z
@ameori_z 村長の家というから幾分か立派なものなのかと思いきや、他の家々とそこまで変わらないボロさ……もとい慎まやかな作りだった。 「村長~! 旅人さんが来ましたよ~」 「ほうほう、これは珍しい!」 やはり旅人はほとんど来ないからと歓迎された。
やっぱりあめおりんは十輝のモンペがしっくりくる @ameori_z
@ameori_z ……ただ、どうもこの村に入ってから視線を感じる気がする。 特に腰のあたりに、だ。限界集落での強引な嫁取り話はいくつか聞いたことがある。やっぱし止めといたほうがいいかなぁ…… 「ぅおっほん。ところで、ですな。アルカさん」 「? はい、何でしょうか」
やっぱりあめおりんは十輝のモンペがしっくりくる @ameori_z
@ameori_z 「その弓! 非常によいものであるとお見受けしますが……どちらで手に入れたものでしょうか?」 「へ? 弓……ですか?」 「さすが村長! 村長もそう思いました?  いやー実は私もでねぇ。年頃の娘さんの腰をジロジロ見るのはどうか思ったんだが、見事な作りでついね」
やっぱりあめおりんは十輝のモンペがしっくりくる @ameori_z
@ameori_z この村は狩猟で生計を立てているらしく、弓の名手が多いのだとか。 いやぁ……恥ずかしい勘違いだな。自分ごときがそんな目的で襲われるわけねーもんな。このカッコイイ弓のこと見てたのかハハハ。逆に得心のいくアルカだった。 「いやーははは。この弓はですね……」
やっぱりあめおりんは十輝のモンペがしっくりくる @ameori_z
@ameori_z 不思議な湖の中にある豪華な宝箱の中に収まっていたことをアルカは話す。同じような場所をもう一箇所見つけたのでまた潜ったら、そこからはよく似た雰囲気の杖を見つけたことも。 「まぁ、杖の方は私使えないので持て余しているのですが。この弓はすごくいいですよ!」
やっぱりあめおりんは十輝のモンペがしっくりくる @ameori_z
@ameori_z 「ふむ……それはやはり伝説の武具。選ばれし者の前にしか現れぬという、強力無比で……その一撃は魔王をも貫くとか」 「えぇ? それはおとぎ話の話でしょうに……」 急に重々しく言葉を発する村長に、冗談めかして言うアルカ。 「いいえ。事実、存在するのですよ……」
やっぱりあめおりんは十輝のモンペがしっくりくる @ameori_z
@ameori_z 「だからこそ、あなたを生かしておく訳にはいかない!!」 「へ? え、ちょっと!!」 村長がそう言うと、いつの間にかアルカの背後に回っていた第一村人のおじさんに両腕を掴まれる! 「我々の前に現れたのが運の尽きだったな! 牢屋に入れておけ!日が暮れたら処刑だ!」
やっぱりあめおりんは十輝のモンペがしっくりくる @ameori_z
@ameori_z いきなりの展開についていけないアルカ。前々からどうもこの子は唐突な展開に弱い。 「入ってろ!!」 「わひゃん!!?」 「先にいる奴と仲良くな! まぁ何にせよ、日が暮れたら仲良くあの世行きだけどよ!!」 荷物をすべて奪われ、村長宅の地下牢にぶち込まれる。
やっぱりあめおりんは十輝のモンペがしっくりくる @ameori_z
@ameori_z 「な、何だよこのB級映画みたいな唐突な展開はよぅ……いてて」 ぶち込まれた際に打ったお尻が痛くて擦る。 「え、あれ? ……そっその声、もしかしてアルカさんですか!?」 「えぇ?」 声のした方を向くと、そこにいたのはだいぶ前に会った行商人のリィドだった。
やっぱりあめおりんは十輝のモンペがしっくりくる @ameori_z
@ameori_z 「うわ、めっちゃ久しぶりですね!! 元気でしたか?」 「いや、あんまりこの状態では元気でないです……アルカさんこそ、お怪我は?」 「今ちょっとお尻ぶつけただけです! 元気です!!」 「お、お尻を……」 なぜか顔を赤らめるリィド。
やっぱりあめおりんは十輝のモンペがしっくりくる @ameori_z
@ameori_z 「しかし何でそんなことに? リィド君は行商人でしょう?」 「僕もよくわからないんだけど、何かの儀式の日なんだって言ってたよ。それでイケニエが必要だったからちょうどいい、だって……それも、魔に侵された半獣人ならなおのこと、とか……」 「む。ヤツら酷いことを……」
やっぱりあめおりんは十輝のモンペがしっくりくる @ameori_z
@ameori_z 「どうにかしてここを脱出しないといけませんね」 「何かアテがあるの?」 リィドが嬉しそうに言う。 「フフフ。荷物は全部取られましたが、スソの所にちっちゃい短刀忍ばせてあるのです。縛られてるから自分では取れませんが……ほら、リィドくん。取って」 「えっ……」
やっぱりあめおりんは十輝のモンペがしっくりくる @ameori_z
@ameori_z なぜだかまたしても顔を赤らめるリィドくん。 「そ、そんなことできないよ!! は、恥ずかしいじゃないか」 「何がですか。ほら取って! じゃないとふたりともイケニエですよ! 死んじゃいますよ!!」 「う、うぅ……」 「楽しそうな話してんな」 「「!!?」」
やっぱりあめおりんは十輝のモンペがしっくりくる @ameori_z
@ameori_z いつの間にかそこにいたのは見張りのおじさん(旧第一村人のおじさん)であった。 「な、何故気付いた!!?」 「アレだけ騒いで気付かないわけないだろうが」 呆れた声でいう見張り。 「で、短刀だっけ。ボッシュートな」 「あぁ~~」 チクショウ持ってかれた!!
やっぱりあめおりんは十輝のモンペがしっくりくる @ameori_z
@ameori_z その後牢屋でどうこうリィドと話し合いをしたのだが、結局いい脱出案は出ず。そのまま処刑の時刻を迎えた…… 柱に括りつけられるアルカとリィド。 「ぐぬぬ……もう手はないのでしょうか……」 「うぅ……さようならアルカさん、僕はあなたと会えてよかったです……」
やっぱりあめおりんは十輝のモンペがしっくりくる @ameori_z
@ameori_z あきらめムードなリィドを尻目に、アルカは思う。この窮地を乗り越える手段を……!! 1、天才のアルカは突如この窮地を乗り越える手段を思いつく 2、仲間が来て助けてくれる 3、現実は非情である 「こ、ここは……1番!!」 しかし何も思いつかなかった。
やっぱりあめおりんは十輝のモンペがしっくりくる @ameori_z
@ameori_z 「くそーーー!!! 3番かよォォォォオオオ!!!!!」 「あ、アルカさん、落ち着いて……!!」 こんな状態で落ち着いて何になるというんだ!! そもそもお前があの時私の隠しナイフ抜いてくれればどうにかなってただろうが!!!! アルカは心の中で猛然と叫んだ。
やっぱりあめおりんは十輝のモンペがしっくりくる @ameori_z
@ameori_z そんなことをしている間に、ふたりの周りを取り囲むようにフードの集団が現れた。その手には松明が掲げられている。 「魔王様復活のために、ここにイケニエを捧げる!! 片や闇に祝福されしもの、片や伝説に選ばれしものである!! 我ら御身の力に!」 「「御身の力に!!」」
やっぱりあめおりんは十輝のモンペがしっくりくる @ameori_z
@ameori_z なんか祝詞っぽいのを声を合わせて叫ぶと、一斉に手に持った松明をふたりの足元に投げつけてくる! 「うにゃあああ!!? ちょっとちょっとぉ! コレ大分ヤバいやつ!! リィドくん!! これで死んだら恨むーー!!」 「なななんでさ!? タイミング合えば僕だって……!」
おおば @_over_sun
.@_over_sun 勇者候補の皆さんにも配られているはずのユー・ジョー・テレカを通し、またも魔王の力を感知し転移する。した・・・はずなのだけど。魔王の姿はどこにも見えない。爆音も聞こえない。おかしいな? #片道勇者ONLINE
おおば @_over_sun
.@_over_sun しかし、転移先の村を見て分かった・・・ここは終末教の隠れ里だ!彼らの信仰のシンボルなど、よくよく見れば特徴的なものが見て取れる。そして、カードが反応したからには戦っている勇者候補がいるはずだ! #片道勇者ONLINE
おおば @_over_sun
.@_over_sun 信徒たちの姿が見えないことが疑問だったけど、理由はすぐに分かった。アルカさーーーんよく会うね!!?祭壇らしき場所で磔にされているのは狩人のアルカさん、そして以前彼女と一緒に見かけた商人のリィドさんだ。わお・・・おジャマだったかな? #片道勇者ONLINE
おおば @_over_sun
.@_over_sun いや言ってる場合じゃない!あの数を理術士の僕ひとりでどうにかするのは無茶だ。キースおじさんとカリューは、勇者候補じゃないからか転移ゲートを超えられなかった・・・せめてアルカさんと共闘しなければ。彼女の装備を探そう―― #片道勇者ONLINE
やっぱりあめおりんは十輝のモンペがしっくりくる @ameori_z
@ameori_z 「間に合え!! 理力の壁――!!」 突如響いた声により、炎は不可視の壁に阻まれる! 「これは……?」 「理術、ですか……?」 「おふたりともだいじょーぶですかっ! 助けに来ました!!」 二人の背後から現れたのは旅の理術士・クレアだった!
おおば @_over_sun
.@ameori_z アルカさんを支援した。魔王に加担し混沌を加速させる終末教・・・一網打尽にしてやる! twitter.com/ameori_z/statu… #片道勇者ONLINE pic.twitter.com/Pzr6uNGqoF
拡大
やっぱりあめおりんは十輝のモンペがしっくりくる @ameori_z
@ameori_z 彼女はこれまでも幾度とアルカを助けてくれた、もはやお馴染みの理術士である。小さいのに理術士とかすげぇ、とアルカは思っている。 「今助けるね!」 縄を解きながらクレア。 「今回もよく来てくれましたねぇ……」 「うん。あのね、今回も友情テレカが」 「友情テレカが」
やっぱりあめおりんは十輝のモンペがしっくりくる @ameori_z
@ameori_z もう、深くはツッコむまい。 「はい! アルカさんこれ」 「私の荷物! 弓も!」 弓なしの狩人とか足手まとい以外の何物でもない。 「探してたらギリギリになっちゃった、ごめんなさい」 「いえ、十分です! 荷物もあるならこのまま逃げ……」 「それは……難しいかも」
やっぱりあめおりんは十輝のモンペがしっくりくる @ameori_z
@ameori_z 村人たちの方を見ると、ギラギラとした様子で不可視の理力壁を攻撃している。コワイ!! 「我々を逃がす気皆無じゃないですか!! やるしかないかぁ……」 「頑張りましょう! どうにかなりますよ!!」 ぼやくアルカに励ますクレア。二人してなるべく村人たちから離れる。
やっぱりあめおりんは十輝のモンペがしっくりくる @ameori_z
@ameori_z 「あれ? そういえばリィドは」 「さっき助けたんですけど……それから見ませんね」 「まぁ言っちゃあナンですけど、あんまり戦えなさそうですし。隠れててくれるならそれで構いませんよ」 さすがに肉壁として使うつもりは無いみたいだった。よかった。
やっぱりあめおりんは十輝のモンペがしっくりくる @ameori_z
@ameori_z 「誰か一人、前で戦える人がいたらいいんですけど……ないものねだりですね」 「……おじさんがいれば……うぅん、そんなこと言っても仕方ないよね。僕はなるべく広範囲に打って、ひるませられるようにします」 「では、私は止めを」 頷き合って、攻撃の準備に入る。
やっぱりあめおりんは十輝のモンペがしっくりくる @ameori_z
@ameori_z 「アルカさん、そろそろ来るよ!!」 「準備よし! どっからでも来いっての!」 不可視の壁が割れ、村人たちが襲い来る。 「近寄らせないよ! 《火炎》!!」 「――そこッ!!」 打ち合わせ通り、クレアが理力で大まかに敵を散らし、アルカが各個撃破していく。
やっぱりあめおりんは十輝のモンペがしっくりくる @ameori_z
@ameori_z しかし如何せん、敵の数が多すぎる! いかにクレアが優れた術士でも、いくらアルカが優れた弓手でも、近寄られれば一気にやられてしまう。今は優勢だが、このバランスは薄氷の上に成り立っているのだ。 「もらった――ッ!!」 「! きゃあ!!?」 「クレアさんッ!!?」
やっぱりあめおりんは十輝のモンペがしっくりくる @ameori_z
@ameori_z いつの間にか忍び寄っていた村人の一人がクレアに襲いかかる! ……初撃はなんとか杖で受け止めたようだが、その衝撃で杖が折れてしまったらしい。丸腰のクレアがじりじりと距離を詰められていく……。 「く……! ふざけんなよアンタら! その子に手出したら許さないから!」
やっぱりあめおりんは十輝のモンペがしっくりくる @ameori_z
@ameori_z 牽制をしながらアルカが叫ぶ。しかし高火力で敵をなぎ払う理術士の支援がなくなると、それだけで多数の方が一気に有利になる。本来弓手も理術士も、多人数との戦いでは前衛がいてこそその真価を発揮する職業であるのだから――。 「散々手こずらせやがって。これで終わりだ!!」
やっぱりあめおりんは十輝のモンペがしっくりくる @ameori_z
@ameori_z クレアに近づいていた村人が、加虐的な笑いを浮かべながら剣を振り上げる! 「やめろぉぉぉぉおおおお!!!!」 叫ぶアルカ。そちらに弓を向けるも――間に合わない!! 狩人として相当の実力を持つアルカだからこそ分かる。分かってしまう!
おおば @_over_sun
.@_over_sun ――アルカさんの装備を見つけ、何とか縛られた柱から解放する。そして反攻を始めた・・・までは良かったんだ。見通しが甘かった――前衛も無しに――選択をするべきだった?――今正に、剣が。振り下ろされようとしていた。 #片道勇者ONLINE
やっぱりあめおりんは十輝のモンペがしっくりくる @ameori_z
@ameori_z 今から向こうに矢を放ったとしても、それが届くより先に、あの剣はクレアを――。 それでも、届かないとわかっていても、アルカはその一矢を放った。 そしてーーカキン、と音がした。 金属のふれあうような、甲高い音だ。
やっぱりあめおりんは十輝のモンペがしっくりくる @ameori_z
@ameori_z 「ぇ……」 小さく漏れたのはクレアの声だった。 アルカは自分の目を疑った。 クレアをかばうように、大剣を手にした一人の騎士がいた。 黒い甲冑に身を包み、揃いのフルフェイスの兜を被った騎士。 白い犬耳とふさふさのしっぽがはみ出ているのがなんだかキュートだ。
おおば @_over_sun
.@ameori_z 硬質音と共にそれを弾いたのは、いつの間に現れたのか・・・全身を黒い鎧に包んだ騎士だった。助かった。死なずに済んだのだ。けど。この鎧さっき装備探してるとき見たな・・・白い耳としっぽも・・・ #片道勇者ONLINE pic.twitter.com/VM5mact447
拡大
やっぱりあめおりんは十輝のモンペがしっくりくる @ameori_z
@ameori_z ……いや、そうではなく。 黒衣の騎士は、クレアを助けた……のだろうか。村人たちも突然のことに戸惑っているらしい。 であれば、味方か? 「……はッ!」 そのうちに騎士は、対峙していた村人を一刀のもとに斬り伏せた。 悩みながらもとりあえずクレアの方へ駆け寄る。
やっぱりあめおりんは十輝のモンペがしっくりくる @ameori_z
@ameori_z 「クレアさんッ!」 「あ、アルカさん……! 怖かったよぉ……」 ひしと抱き合う二人。しかしすぐに離れ、騎士に顔を向ける。 「あなたは一体なんです? こんな所へ……」 「……邪教の村がある、と聞いた。壊滅させるためにここへ」
やっぱりあめおりんは十輝のモンペがしっくりくる @ameori_z
@ameori_z 「前線は任せろ。動けるようなら援護を」 言葉少なに告げると、邪教集団に向かっていく。 「……とりあえずは味方、でいいみたいですね。クレアさん、大丈夫ですか? 戦えます?」 「あ、はい! でも杖が折れて……さっきまでみたいな派手なのは難しいかも」 「杖ですか?」
やっぱりあめおりんは十輝のモンペがしっくりくる @ameori_z
@ameori_z それを聞いてアルカはごそごそとカバンを探る。 「ん、と……あった!! これ、よかったら使って下さい! 差し上げますので!!」 「え、いいの!!? どうもありがと……う……えぇ……??」 喜んでいた声が段々と尻すぼみになっていく。どうやらクレアは目利きらしい。
やっぱりあめおりんは十輝のモンペがしっくりくる @ameori_z
@ameori_z 「? どうかしました?」 「いや、あの。アルカさん、この杖なんなのかわかって……ます?」 「杖は杖。私には無用の長物です。なのでなんかいいものだったとしてもラッキーくらいに思ってくださいよ~」 「でもこれ、伝説の武具だよ!!? 本当に良いの!!?」
やっぱりあめおりんは十輝のモンペがしっくりくる @ameori_z
@ameori_z 「またまたぁ~。お伽話の話でしょう? たしかにカッコイイですし、同じような感じで入手したこの弓もかなり使い勝手いいですけど……」 「ゆ、み……? そ、その弓も、ちょっと見せてもらっていいですか……?」 「? はい、どうぞ」 クレアはまた目利きに成功した。
やっぱりあめおりんは十輝のモンペがしっくりくる @ameori_z
@ameori_z クレアは気を失いかけた。 「ちょ!!? どうしたんですかクレアさん!! この弓なんか悪いものでも憑いてました!!?」 「聖弓ル・アルシャ……」 「へ?」 「その弓は、聖弓ル・アルシャって言って……こっちの杖は母なる海の杖、です」 「そういう名前なんですか?」
やっぱりあめおりんは十輝のモンペがしっくりくる @ameori_z
@ameori_z アルカはかっこいいなぁ、くらいの感想しか抱かなかった。 「伝説の武具です……正真正銘の!! なんでアルカさん伝説の武具!! 持って……ふたつも!!!! 邪教のイケニエにされかけてたのも納得だよぉ!?」 「え、それ……そんな厄ネタなんですか?」
やっぱりあめおりんは十輝のモンペがしっくりくる @ameori_z
@ameori_z 「厄ネタというか……伝説の武具自体、それこそ伝説の存在だから。本当に見つかりづらいの。断片を集めて完成させたっていうのは聞いたことあるけど、なんていうか……これ……補修した後とか全然ないし……完品入手、だよね?」 「はい。宝箱開けたらこの状態で入ってました」
前へ 1 ・・ 20 21 ・・ 34 次へ

コメント

コメントがまだありません。感想を最初に伝えてみませんか?