「レヴィナス思想」の検索結果

まとめの中から「レヴィナス思想」の検索結果を表示しています。

  • 「レヴィナス思想」に関して  タグから検索  さらに詳しく

検索に関連するタグ

  • 私家版ハイデガースタディー01 罪に問わない我々

    ところがその罪をレヴィナスもデリダも言い当てられなかったのだ。しかしおそらく無意識にパクれてしまっているというのは、イノセントだろう。パクれないほうが罪なので。デリダやレヴィナスにはそれができない。それが罪を問うことで意識化されているのだが、レヴィナスの弟子(彼女の博論に序文をよせてる)のマルレーヌザラデル、レヴィナスとデリダを... 続きを読む
    5178pv 24 1 user 2 2015年1月13日
  • Maurice Blanchot ブランショ 2013

    [ブランショ][レヴィナス]これ、ちゅうせい、が / “<他者>を揺るがす中世的なもの 《il ya》 -レヴィナスに向けられたブランショの問い- - 東京大学文学部・大学院人文社会系研究科”レヴィナスがイリヤの闇で他者の顔を眼差すとき、ブランショは書物の不在を語り、フーコーは主権の座で挙措を失う。純粋理性は詩をも涵養するのか。今日頂いた本①ベルクソン... 続きを読む
    8061pv 12 1 user 1 2013年1月10日
  • PDF、URL等の私的ブックマーク Ⅰ

    つまり、レヴィナスは三位一体論の用語法をすっかり転倒して使っていることになります。ちなみにブロンドはイスラエル出身、ローゼンツヴァイクやレヴィナス研究も手がけている。それで私が以前から疑問だったのは、レヴィナスはhypostaseという語をどこから借用していて、どれほど神学的な負荷をかけて使っているのだろうか、ということです。ちなみに、バタ... 続きを読む
    3317pv 3 2 users 2012年6月11日
  • 『史上最強の哲学入門』(飲茶)を読みつつ呟いてみた

    そしてレヴィナスの他者論はその最たる理説と言える。そして現代における最も説得性のある真理は、レヴィナスの唱えた他者論である。他者とは「私に対して無関係であり、かつ決して理解できない不愉快な何か」であり、「私の主張を否定するもの」「私の生存や権利に無関心なもの」「私の理解をすり抜けるもの」など様々な意味を持つ抽象的な言葉である。サ... 続きを読む
    4852pv 8 2011年6月2日
  • モーリス・ブランショ BLANCHOT 2012

    レヴィナスとバタイユは『謎の男トマ』(初版)のまったく同じ箇所を引用している。レヴィナスは『実存から実存者へ』の〈ある〉の夜の説明として、バタイユは『内的体験』の非‐知の夜の説明として。レヴィナスのil y aとブランショの関係は上田和彦『レヴィナスとブランショ』水声社に詳しい。レヴィナスとブランショ。前tw での動画で、レヴィナスとブラン... 続きを読む
    11708pv 18 3 users 2 2012年5月12日
  • 相愛大学(2012.8.29〜31)内田樹先生による集中講義「みんなの現代霊性論」

    凱風館は、内田先生がエマニュエル・レヴィナスと多田宏先生から受け取った「祝福」のもとに作られたものだということをあらためて実感しました。300年後も凱風館が生き生きと活動していてもらうためには、合気道とともに内田先生がレヴィナス老師から受け取った「祝福」を受け継いでいくことが大切泉下のレヴィナス先生が聴いたら遠い目をされることで... 続きを読む
    11583pv 92 5 users 6 2012年9月1日
  • 「まなざし」ブームに警鐘を鳴らす専門家たち

    レヴィナスやサルトルのまなざしは、用語がたまたま同じってだけだと思う。言うまでもないことだと思って、いちいち言ったこともないのですが、「まなざし」というのは、サルトルやらレヴィナスやら、人文系ではよく知られた考え方であって、べつにフェミニストが言い出したことではまったくないと思うのですが。「まなざし村」ってなにそれとしか。「まな... 続きを読む
    55121pv 485 123 users 11 2016年1月26日
  • 合田正人『入門ユダヤ思想』読書メモ集

    合田正人さんの著作は一つの固有名(レヴィナス、ジャンケレヴィッチ、アラン…)を巡る数珠つなぎだとそうでもないのだが、フワッとした主題の数珠だと相互のつながりが時に見えにくい。by合田正人『入門ユダヤ思想』by合田正人『入門ユダヤ思想』合田正人『入門ユダヤ思想』読了。相変わらずの博識で面白かった。けど、「入門ユダヤ思想」というタイトルの... 続きを読む
    2017pv 3 19 2017年8月17日
  • 『他者性の人工言語論』反応まとめ

    レヴィナスの私と全体性と他者、めちゃくちゃ百合じゃんエマニュエルレヴィナス自身の倫理論も相当に抹香臭い道徳主義に堕落する可能性を持っているし、90年代の時点で機械的な、善導的なレヴィナス理解はそれなりに広まっていた(これはJ・デリダによる証言がある…『言葉にのって』所収のレヴィナス論…インタビュー…)、相当根が深い抹香臭さではあるʕ... 続きを読む
    3607pv 6 2020年8月14日
  • ドゥルーズとシェリング、ヴァール、シモンドンについて

    中島先生はレヴィナスとアーレントが強い。ユダヤ的な倫理・政治を先立てる哲学観で。古代中国を読んでいる。テクスト解析の手法は執拗な脱構築。現象学特集では、『幾何学の起源』をベースに、レヴィナス論「暴力と形而上学」を絡めた議論をしていて、感動的な論文です。レヴィナス/デリダのユダヤ的な発想から古代中国かー。なるほど、面白いハイブリッド... 続きを読む
    6772pv 5 4 users 2 2010年6月23日
  • 「内田樹先生 最終講義連続ツイート」

    RT : 彼の最大の功績は初期のレヴィナス翻訳。RT : 彼の最大の功績は初期のレヴィナス翻訳。彼の最大の功績は初期のレヴィナス翻訳。タルムード講話などは素晴らしい。 女子大へ行くべきでは…彼の最大の功績は初期のレヴィナス翻訳。タルムード講話などは素晴らしい。 女子大へ行くべきでは…彼の最大の功績は初期のレヴィナス翻訳。タルムード講話などは素晴... 続きを読む
    2850pv 7 1 user 2011年1月23日
  • デリダ、ドゥルーズ、その他の現代思想

    RT レヴィナスRT : ドゥルーズ、レヴィナス、デリダなどでベケット作品を昨日の愛撫の不可能性を論じた有名な議論として、レヴィナス『全体性と無限』第4部「エロスの現象学」があります。『現代哲学の名著』〈中公新書〉のレヴィナスの項(木元麻里)にはその解説があり、また、浅見克彦『愛する人を所有するということ』青弓社にはそこから発展した議論がさ... 続きを読む
    11327pv 21 6 users 3 2012年5月18日
  • 最近の内田樹のようす

    「存在するとは別のしかた」というレヴィナスの難解な概念がすとんと肚に収まったのは、父親が死んで、小さな骨壺と遺影を置いた棚に向かって、無人の家に帰るたびに「ただいま」と挨拶して手を合わせることが習慣化したときのことである(エマニュエル・レヴィナスによる鎮魂について 内田樹の研究室私がエマニュエル・レヴィナス先生から学んだのは、「同一... 続きを読む
    7110pv 3 1 user 2015年10月16日
  • エクリチュールについて+独只眼の質問答える

    基本的にレヴィナスと並べられる思想家ってことでいいと思うデリダもレヴィナスもかなり好きな思想家なんだけど、ブランショを読んだことがないのですね僕は。あとMは英米政治哲学とそれに連なる系譜の専門でフランス思想はからきしですw フランスという国自体嫌いになったと嘆いてました RT : マイマイさんは日々図書館に通いつめてこそ、あれだけ言うことが... 続きを読む
    1763pv 10 2011年1月12日
  • 『哲学男子』から擬人化の意味をめぐる議論を経てギリシャ神話へ

    最後の三名を入れるのならレヴィナスもか......現代:ベルクソン/フッサール/ハイデガー/ヴィトゲンシュタイン/レヴィナス/サルトル/ドゥルーズ/デリダ/フーコー中世:トマス・アクィナスアクィナスは巨乳。牛乳。アウグスティヌスは元ヤン。(2) トマス・アクィナス(/オッカムのウィリアム)──1-2名…思想の音楽化と音楽の宗教化はやったことある... 続きを読む
    5004pv 9 2 users 2010年6月29日
  • 年齢・エロス・プライバシー・表現に関する一考察

    という話題はバタイユとかレヴィナスとかフェミニズムとかで色々論じられていますが、私はこう考えています。...という話題はバタイユとかレヴィナスとかフェミニズムとかで色々論じられていますが、私はこう考えています。 #kisei #tojoureiただ、私はこれらを思想・良心の自由と言論・表現の自由の中間におくべきだと思っています。 #kisei #tojourei表現規制反対論者... 続きを読む
    2081pv 2 3 users 2011年1月23日
  • 難波修羅さんに燃え[=萌え?]た(腐)

    レヴィナスですなっ!なんだかレヴィナスみたいな話になってきた…。RT それはつまり、概念的に神ですね。nanbashuraさんに間違いがあるところは「思想」と「倫理観」と「話題選び」です。 Exactly明察☆ …ごめんなさいね(;^^)ノ (;_; ) RT : nanbashuraさんに間違いがあるところは「思想」と「倫理観」と「話題選び」です。 続きを読む
    1249pv 2010年8月3日
  • 私家版ハイデガースタディー06 非現前的時間によるメタボレーの先駆

    (承前)マルレーヌザラデルが戦後フランスのデリダやレヴィナスよりも強烈に、ハイデガーのヘブライズム、つまり固有性を見出すのだが、それ以上に、井上克人は日本思想との対比で、ハイデガーの脱形而上学に、ヘブライズムを喝破しようとしているね。そのあたりは、マルレーヌザラデル『ハイデガーとヘブライの遺産』のレヴィナス批判からデリダ批判で事... 続きを読む
    3869pv 26 1 user 2 2015年6月17日
  • 『現代思想 現代思想の総展望2013』関連ツイートまとめ

    歴史の敗者の救済というベンヤミン的、メシア論的主題への最もストレートな応答じゃないか、と思っていたら小泉氏もやはりすぐ後でデリダ、レヴィナス批判が意図されていると指摘。あらためて読みなおすと、『現代思想の総展望2013』のメイヤスー「減算と縮約」読解に役立つ内容だなほんとに→現代思想を殺す会 第三回 Dlz『意味の論理学』を読む→『現代... 続きを読む
    4199pv 7 1 user 1 2013年1月6日
  • 加藤典洋『敗戦後論』読書メモ集

    どちらかというと高橋哲哉的性分の人間だが、高橋的レヴィナス&アレント的他者論に対抗して出されてくる「誤りうること」の倫理というべきものには感動した。これはプラグマティズム(試行錯誤の哲学)と無関係ではない。私のやろうとしてることを完全に先取りされていた。しかし、この時、誤りを切り捨てたら、わたし達は大切な思想の種子と課題を捨てる... 続きを読む
    1871pv 4 2015年12月18日
  • 檜垣さんと千葉さん

    その「持続」概念にレヴィナスらの他者論を噛ませ、「他性=非連続性を孕んだ持続」にして、それを今回は「いのち」=「おおきな遺伝」と呼ぶ。誰もがそこに参画しているってのが、僕には息苦しい議論だなと思われる。ただ「檜垣のベースはベルクソニアンで、それにレヴィナス・ドゥルーズ他者論を絡ませた変容系」というのはまあそうかとおもいます(笑)... 続きを読む
    13462pv 14 2 users 1 2012年12月6日
  • ハンナ・アレント『責任と判断』読書メモ集

    その場合、レヴィナス的顔(素顔?)はアレントにとって極めて私的なものでしかなく、彼女の哲学にとって大きな位置を占めていないようにみえるんだけど、そういう理解で大丈夫なんだろうか。類比的にいえば、固有名は確定記述の束に置き換え可能と考えているのかどうか。危険な思想などというものはありません。思考そのものが危険なのです。byアレント「思... 続きを読む
    3741pv 6 39 2016年9月4日
  • 『反出生主義を考える――「生まれてこないほうが良かった」という思想』読書メモ集

    ベネター はぶっ飛んでるように見えるけど、ある意味「無限責任」(レヴィナス)をとるとはどういうことか、の具体的ヴィジョンでもあって、むしろ、あらゆる責任が限定責任にならざるをえないことを悟らせるレッスンでもある。反出生主義とヨナスはそうした関係にあるのではないだろうか」(戸谷洋志「ハンス・ヨナスと反出生主義」)。分かるようでよく分... 続きを読む
    23810pv 52 3 users 203 2019年11月2日
  • 秋の読書週間!私のおすすめ本2018

    12『レヴィナス入門』 (熊野純彦 著) 「他者」についての思索を述べた哲学者レヴィナスの入門書。ハイデガーの哲学を踏まえ批判しつつ論じるので、いきなり読むのはちょっと難しい。ハイデガーに入門してからがいいと思います。「他者って無限なんだな」って思いました(小並感)。17『思想史のなかの科学』 (伊東俊太郎・広重徹・村上陽一郎 著) 著者陣が... 続きを読む
    6604pv 82 1 user 2018年10月29日
前へ 1 2 ・・ 7 次へ